CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11/5「介護はダンスだ」レポートB | Main | 11/5「介護はダンスだ!?」レポート@»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
11/5「介護はダンスだ!?」レポートA [2009年11月10日(Tue)]
A
・ペアで向かい合い、船を漕ぐように、交互に引っ張り合う。





















一人が手首をつかむ。
つかまれた方が、相手を揺らす

昨年の尼崎での講座では、つかまれた方が船頭さんで舟をこぎ、
つかんだ人の方が、揺れる水(波)というイメージでやりました。
普通は、手をつかんでいる方が主体的に相手を動かす、と思い勝ちですが、
ここでは逆で、つかまれてる方がリードする。






















腕の力だけで相手につながろうとして
身体全体を固めてしまい勝ちです。

相手の体重をどこで受け止めることができるか、どうすればいいか。
「人と対するとき、柔軟であると同時に−受け止めるからだ−が必要」
「腕で相手をとらえると直線的、腰でとらえると奥行きがあり、相手に力をかえすことができる」(砂連尾)
























→正座をしている相手の肩を押さえる。
座っている方は立とうとする。
「受ける=受身ではない。受ける側も主体的に、受ける時に同時に返すように。」(砂連尾)


後ろに、ころんと倒されないように

相手の力を受けとめる・・・

いわゆる丹田に力を入れる、ということなんでしょうが、・・・・・・

こ、こ、これは、難しい!

(続く)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント