CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11/5「介護はダンスだ!?」レポートA | Main | 2009.8.8・11.20 毎日新聞掲載記事»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
11/5「介護はダンスだ!?」レポート@ [2009年11月10日(Tue)]
11月5日(木)13:00〜15:00

スペースALS-D にて

ALS患者甲谷さんの住まいに隣り合っているスペースです。
京町屋を改造した吹き抜けの心地よい静かな空間。


「介護者対象のワークショップではあるが、マニュアル的なものではない。
言葉のコミュニケーションじゃないところでの、(体の)コミュニケーションを、日々の生活や介護の現場に変換していけたら」(砂連尾)

・自己紹介  介護をしている人、やろうかと考えている人など


@・ストレッチ 

・足裏マッサージ、足首・手首まわし、足・腕・ひじのばし
→肩を上下させる
→首の後ろで手を組み、胸骨を開く・閉じる
→手を後ろで組み、肩を上下させる
→そのままひじをくっつける(力が入っているとくっつかない)
「融通のきく腕になる発想の練習」
「腕がこうゆう状態になれるんだ、ということを知る」
「生きる=力を入れること、につながりやすく、抜くことはむずかしい」(砂連尾)























後ろ手にして、ひじが付くようにします。
肩甲骨と肩甲骨の間を柔らかく
狭めます

ふだん、上腕に力を入れていて、
けっこう腕が肩甲骨につながってることを
忘れていますね




























痛さと、気持ちよさのギリギリのところを探る

他人のカラダって、どこまでやったら大丈夫か?わからない。
怖いです。
でも、怖いのが基本!





























ブルンブルン、両手をそれぞれ逆に回します

あれ〜、どうなってんの?
けっこう出来たり、出来なかったり



(続く)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント