CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10/5 わたしのためのカラダの時間レポート前半 | Main | 10/15「みる・きく・かかわる」レポート前半»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
10/15「みる・きく・かかわる」レポート後半 [2009年10月15日(Thu)]
〜後半〜 
13:15より 主なナビ:細見


細見「相手の声を聞く、動きを見る、関わるという」人と関わることを、自分たちなりの方法でやってみます。



「小学校の頃の道のりについてのエピソードを思い出してみる」

●ナビ2名がやってみる

山田:古い家に住んでた頃、離れた所に便所があった。行くのは怖かったが、便器の前に「標語」が張ってあり、それを声に出して読んだ、いつも外で祖母が聞いていて「えらいね」とほめられた。
細見:そろばん塾に行かずにさぼってブランコをして遊んでいた。
→ それぞれが、相手の話の内容とその時の動きの特徴を言う。


●ペアになり、小学校の頃の道のりについて語り合う。
ポイントは、話の内容と、動きやエネルギーを拾うこと。後でそれぞれの相手についての話と動きの特徴を発表する
ペアに分かれ、それぞれで向き合い話合う(約10分)







全員集合し、円座になり順にペアの相手のことを発表する


* Aさん:(byBさん)・・・家が学校のすぐ近くで、近すぎて友達と一緒に帰れない
動き:手の動き
* Bさん(byAさん)・・・学校の帰り道に、給食のパンを食べてくれる犬が居て、パンを投げてキャッチさせてた。動き:しゃべりながら眉毛がぴくぴく動く、しゃべりながらうなづく
* Cさん(byDさん)・・・近くに川があって藻があって、それを靴脱いで藻を踏んでいた。動き:足でかきわける動き
* Dさん(byCさん)・・・田舎に住んでいて、小学校に行くときに、山を越える茂みの中にいつのかわいいたぬきに食パンやチキンラーメンをあげていた。ある日いのししがでて、驚いた。動き:腰は引いたまま、手を斜め前で動かす
* Eさん(byFさん)・・・戦争中、言われた通りにしないといけなかった。菊の御紋の前では、小さい子でも立ち止まってお辞儀をしていた等。動き:指を両方よく動かす
* Fさん(byEさん)・・・マンモス校で過ごした。大阪の苦労話
* Gさん(byHさん)・・・Gさんは活発そうな感じなのに、おだやかで、お嫁さんみたい。学校の近くに水溜りがあるために、学校に行きにくかった。牛がいて、遊んだ。動き:前に傾く
* Hさん(byGさん)・・・小さい時にバレエを習っていた。自分より小さい人が掃除してるとかわいそう。人生の先輩から明るい気持ちにさせてもらった。動き:豪快
* Iさん(byJさん)・・・雪道を歩いていて、三歳下の弟はおんぶしてもらっていてうらやましかった。動き:分かりやすい動き
* Jさん(byIさん)・・・集団で学校に通っていた。帰りにおしろい花の蜜を吸う。動き:指を使う






レッドカーペットでの発表


まず山田・細見がデモンストレーション。
先ほどのペアで、発表に向けての相談タイム。
発表の最後には前半でやった、手拍子+回る動作をして、それぞれの決めポーズ(記念写真のように)をする。





五組のペア発表後、感想・意見交換。
* Cさん:皆さん各々の雰囲気が短時間で出た。発表をどうするか決めたりする交流が面白かった。 
* Gさん:一つのテーマでも全然違う。それを共有するのが楽しかった。発表してみて、あれもこれもやりたいという気持ちになった。
* Iさん:各々思い出があるんだな、自分の発表は恥ずかしいけど、面白かった。
* Eさん:年が離れていても若い人の気持ちを知れてよかった。
* Hさん:明るい気持ち、 緊張もあった。何十年ぶりにそういう気持ちを思い出した。
* Fさん:動きはあまり思い浮かばない。一緒にやること、話が楽しかった。
* Dさん:みんなの動きが予想したのと違う動きで驚いた。発表ははずかしかった。
* Aさん:前半は久しぶりに体を動かせてよかった。後半は、一人暮らしなので、人と話す中でいろんなことが思い出せて、あたたかい気持ちになった。
* Bさん:前半は、こういうふうに体が動かせるんだなと思った。後半は演技すると、他の人のもよく分かった。
* Gさん:はじめて会って、みる・きく・かかわり、一緒に伝わる・考える時間が持てたことが幸せ


* 山田:いつも、このグループがベストでしょうという。たまたまの二人なのに、話している内に共通のものが<親和性>が強くなり、この二人ぴったり!となる。人が二人いるということが、話しているうちに明白になってくる。

*細見:晴れ舞台。この人だから引き出せたことがある。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント