CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10/5わたしのためのカラダの時間 後半 レポート後半 | Main | 10/15「みる・きく・かかわる」レポート後半»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
10/5 わたしのためのカラダの時間レポート前半 [2009年10月02日(Fri)]
10/5(月)18:30〜20:30

スペースALSーD

「わたしのためのカラダの時間」

講師:黒子沙菜恵
参加者:4名


からだのいろんな箇所を手のひらでこすりながら、黒子さんの話をきく。
「自分自身の感じられる時間に、自分自身を堪能できる時間に」(黒子)

そのまま黒子さんの声に誘導されるようにカラダをうごかしていく。



○まっすぐ立つ。(骨盤よりも少し狭い程度、角度はまっすぐに)
楽な呼吸で。
呼吸の音と動きに耳を傾ける。

→呼吸を大きくし、その動きにカラダをゆだねる。
吐くときは膝を緩め、吸うときに腕を広げていく。

→手足ぶらぶら


○手のひらを合わせ、こする。揺れを感じる。
あたたかさを感じながらゆっくり広げていく。エネルギーの広がりを感じる。

→からだをこすり、マッサージ。
今日の調子を観察する。「自分のカラダに話しかけるように」

→手足ぶらぶら


→胸に手を当て、ほぐす。カラダの揺れ。

→頬、耳の前と後ろをマッサージ。
そのときにアゴの力を抜き、アゴを開いて息を出し声を出す。「肉がだらんと下がるようなイメージで」

「しんどいな、と思ったときは、いつでも下あごをひらいて声を出すように」(黒子)



○顔を手のひらで覆う。あったかさを浸透させる顔パックのように。

→手を小指のほうからゆっくりあくびをするように開いていく。
「窓を開け、光が入るように」腕も広げ全開にしていく。

→手足ぶらぶら


○マッサージ。移動しながら、他の人にも触れ合い、マッサージする。
初めて会うもの同士だが、丁寧にマッサージしあい、和やかな雰囲気に。





○座る。足をのばし、膝をパタパタと動かす。(そのとき膝の重みで足が落ちる感覚を大事に)
→足を左右に倒す。(足先ではなく、股関節から動かすように)
→膝を曲げたり、股関節をまわしたり、「関節、やわらかいな」と、足をいろんな方向に動かしてみる。


→腕も同じようにやわらかく動かしていく。



○ペアになり、相手の背中の肩甲骨の辺りに両手をあて
手を丸めた状態(手首の力を抜いて)で相手の体をトントンとマッサージしていく。

→手を背中に。「相手との接触面を感じる」
→シューッシューッと呼吸と共に力を流していく。
→カラダを揺らす。(二人が一緒に揺れているような感覚で)





○ペアでストレッチ
前の人は足を伸ばして座り、その後ろで相手の背中を観察する。
→相手に少し触れ、合図をする。

→前の人に中心を合わせ、腰の下の方から順にゆっくりと背骨に沿って倒していく。
→呼吸と共に、自分の重さを手の平を通して伝える。深く入っていくように。
前の人は肘を楽にする。

→ゆっくりと背骨を一つ一つ戻すように前の人の上体を起こす。

→肩を持ち、揺らす



○股関節を開く。
→息を吐きながら、左右同時に押していく。
→吸いながら、戻す。


○足・手のマッサージ
土踏まずをグーでたたく。
→足の指を小指の方から順に回す
→足の表と裏を手の平でこするマッサージ

→やってない方の足と見比べてみる。マッサージした足はいい足をしている。


→手も同様に







後半へ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント