CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«8/29 「わたしのためのカラダの時間」体験感想 | Main | 9/12 「みる・きく・かかわる」 レポート後半»
トップ写真
2020 大山崎ふるさとセンター にて -
プロフィール

Dance&Peopleさんの画像
項目一覧 
最新記事
リンク集
9/12「みるきくかかわる2」感想 [2009年09月13日(Sun)]
みる・きく・かかわる vol.2
9/12(土)@毎日新聞京都支局7階ホール

感想

今年度、3回目の開催となる本プログラム。
参加者や記録係として関わってきているが、毎回みえてくるものが違うのでおもしろい。
プログラムの構成自体は同じなのに、そこにいる人間でこうも変わるものかと驚かされる。
他人の仕草を真似ることで、その人にしか出せない動きがあることに気づく。動きとは
人を表す重要な核であることを知る。身体を離れて人間は存在しないし、精神も存在しない。と実感しながら、まずは今の自分のなおざりな生活を見直さねばと思わされる。
今回の参加者はちょうど私の母と同じ歳くらいの方々。だからかどうしても、彼女らがこれまでの人生の一部を語りながらレッドカーペット上を歩く姿に母を重ね合わせてみてしまう。家事や育児や仕事にすり減らしてきた身体から滲み出ている力、語りかけられる何かに思わずぐっと心揺さぶられてしまうのだった。



ビデオ記録:児玉依美奈
立命館大学人文学科心理学専攻
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント