• もっと見る
« 2022年09月 | Main | 2022年11月»
ヤングケアラーのキャンプに行ってきました [2022年10月24日(Mon)]
れいやです。
先週の土日は、センターであすのば・みんなの居場所with福井合同でオンライン交流会がありましたが、その裏というか、同日同国に京都でヤングケアラー支援団体であるYCARPさん(わいかーぷ)が主催する「秋のキャンプ for 子ども・若者ケアラー」に参加してきました。

宇多野入り口.jpg
↑↓宿泊先の宇多野ユースホステル 京都駅からバスで1時間ほど。
宇多野ロビー.jpg

めっちゃきれい。

宿泊先に着くと、アイスブレイクをちょこっとやり、各自自由時間へ。
粛々と焚火の用意もできていました。

LINE_ALBUM_秋キャンプ2022※SNS投稿注意※_221019_59.jpg
焚火のそばで当事者たちの会話が生まれます。
僕は大学生の子から自分の過去について質問攻めにあったのでめちゃくちゃ喋っていました。
自然な流れで、東京にある某あすのば団体のキャンプに形が似るというのか、キャンプだけに終わらないキャンプでした。これぞ当事者たちの勢いです。1時間2時間喋るなんて余裕のよっちゃんって感じです。
宇多野お弁当.jpg
夜ご飯。なんちゅうおしゃれな・・・。

ちなみに、夜はみんなが(男子勢)さっさと寝ようとしていたので勝手に引き止めました。
22時、23時ごろから2時過ぎまで、自分の経験を語りながら今をふり返ったり、周りには言うことができなかったり、とても言いづらいことを共有したりとこれもまた深い夜でした。
オールする気でしたが3時過ぎには寝ました。もう体の限界を感じています顔3(かなしいカオ)顔3(かなしいカオ)

LINE_ALBUM_秋キャンプ2022※SNS投稿注意※_221019_12.jpg
朝ごはん。映えてる。

2日目、宇多野ユースホステルから移動して大森リゾートキャンプ場へ。
LINE_ALBUM_秋キャンプ2022※SNS投稿注意※_221019_0.jpg
バスに乗ってレッツゴー。

キャンプ場に着いてからは広場でボールで遊んで見事に池ポチャ。周りの人たちの助けもあってなんとか救出されました笑

お昼は何と言っても肉!圧倒的肉!!
DSC_0314.jpg
待ちに待ったBBQです。ひたすら肉を焼いては食べました。

そんなこんなで楽しい2日間でした。高校生たちが参加したヤンケアびわキャンではちょこっと勉強会をしましたが、YCARPさんはプログラムをそれほど組んでおらず、自由に。ほとんどフリータイムでした。ゆっくりできた人たちもいたと思います。


10月もあとわずか、クラウドファンディングの期間も残り9日に迫ってきました。
お金集めに奔走しているこの数か月ですが、このお金がないと長期休暇中に子どもたちが楽しみに、本当に楽しみにしているお泊まり活動を行うことができず、ヤングケアラーの子どもたちにとっては自宅にいなければならない時間が増え、より一層しんどい状態が続きます。
なんとか、子どもたちが少しでもセンターで楽しく過ごせるよう、応援よろしくお願いします。https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=131

半分の50%達成まで残り8%、15万4千円です。皆さまのご厚意に甘えさせていただきます。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 20:22 | ヤングケアラー支援 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の味覚をいただきました! [2022年10月23日(Sun)]
こんばんは。メアリーです!

今日も先週と同様、1階では女子会、2階ではゲームをして過ごしていました。
やはり盛り上がるのは恋バナですね。それに今日は懐かしの番組の話題も盛り上がりました。
よく見ていたバラエティー番組やプリキュアで世代がわかっちゃうんですあせあせ(飛び散る汗)
私は初代プリキュア世代、ぜんまいざむらいやクインテット世代です!
え〜〜知らない〜〜と言われると世代感じますね涙ぽろりみなさんは何世代でしょうか目

2階ではマリオカート、マリオパーティをしていました。
今日はマリオカートを私も一緒に!久しぶりにやるWiiは難しかったですが、なんとかくらいついていきました。ボランティアさんたちとも楽しくゲームゲーム中に歌を歌って大合唱したりと大盛り上がりでした。

257920.jpg

そしてそして夜ご飯は調理ボランティアさんによる秋の味覚メニューはっぱさんまに炊き込みご飯、お味噌汁と、秋を感じる食材三昧で季節を感じながらいただきました。とてもおいしかったです。女の子はとても綺麗に食べていて2匹目のおかわり。みんなおなかいっぱいまで食べていました。ごちそうさまでしたにこにこ

257921.jpg

食後はまったりタイム。トーク系ボードゲームでボランティアさんや調理ボランティアさんと女の子が恋の価値観についてトークしていました!こんなボードゲームもあるんですね!

131782.jpg

今日はいつもより帰りたくない〜〜オーラ全開の子どもたちでした。来週また元気に会えるのを楽しみに、私も明日からまた一週間頑張っていこうと思います!!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:12 | まちなかほっとるーむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子ども食堂フェスタに参加しました! [2022年10月22日(Sat)]
今日は県立長寿社会福祉センターで開催された「子ども食堂フェスタ」に参加しました!

スタンプラリーをしながら、ダブルダッチや缶バッチ作り、ボウリング、食べ物に関するクイズコーナーなど様々な遊びコーナーで子どもたちは全力で楽しんでいました。
LINE_ALBUM_2022.10.22 子ども食堂_221022_11.jpg

LINE_ALBUM_2022.10.22 子ども食堂_221022_2.jpg

お昼ご飯には、イベントの一つとして開かれていた「子ども食堂カレーサミット」で、野菜たっぷりカレーや愛情たっぷりカレーなどなど、六種類の中から好みの二種類を選んで食べました。中にはいちじくジャムを使っていたり、赤こんにゃくがトッピングされていたりと珍しいカレーにも出会えました。

最後は、スタンプラリーの景品を受け取って帰ることになりましたが、一緒に行っていた女の子は「まだ遊び足りない!帰りたくない!」とまさかのおかわり要求…(笑)
結局は帰りの車内で疲れて少し眠そうにしていましたが、楽しい時間を一緒に過ごすことができて良かったですにこにこ
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 15:49 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
残り10日! 応援メッセージ 勅使河原さん [2022年10月21日(Fri)]
クラウドファンディング終了まで残り10日。いよいよカウントダウン!

今日もクラウドファンディングの応援メッセージを紹介していきます。実はセンターのスタッフである、わっくんの大学時代の先生でもあり、理事長の幸重との長いつきあいのある勅使河原さんからの応援メッセージです。

【クラウドファンディング応援メッセージ】

北九州市立大学地域共生教育センター 特任教員 勅使河原航

teshigawara.jpg

応援メッセージをさせていただきます。勅使河原と申します。
まずは幸重さんとの関係についてご紹介します。私が幸重さんと出会ったのは私が大学生の時でした。当時、幸重さんはNPO法人山科醍醐こどものひろばの理事長をされており、私は夜の子どもの居場所づくりのインターンシップ生として1年間ほどお世話になりました。

私は大学を卒業して社会福祉協議会に就職してからも、子ども若者支援の実践を学ぶため幸重さんの元へ何度か通っていました。幸重さんと出会ってからもう10年以上が経ちますが、私が大学生だったあの時も、そして今も、幸重さんはブレずに子ども若者支援に取り組まれています。子ども若者の声を直に聞きながら、居場所や就労など必要な事業をモデル的に取り組まれソーシャルアクションされています。

お世話になった私から応援メッセージを送るというのはとても恐縮ですが、幸重さんが強い思いを持ってはじめられたヤングケアラー支援。その活動資金となるクラウドファンディングの達成と子ども若者を複合的に支援する体制づくり(居場所活動・アウトリーチ活動・ピアサポート活動)が進むことを心からお祈り申し上げます。

=== 寄付先 ===

■クラウドファンディング ※税制優遇有・クレジット可
「つながりを意識したヤングケアラー支援事業」


■こどもソーシャルワークセンター寄付用口座
●郵便局
  記号 14610 番号 23288641
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
●ゆうちょ銀行
  支店 四六八(468) 普通 2328864
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
●滋賀銀行
  本店営業部 普通 590227
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
残り11日!たくさんの応援をいただいて、、! [2022年10月20日(Thu)]
クラウドファンディング終了まで残り「11日」となりました!

最後の追い込みになります!皆さまから熱い応援メッセージや記事のシェアなどで応援してくれています。
皆さまからのメッセージや記事の中でも、センターへ届いたメッセージをご紹介させてください♪
「積極的に取り組んでおられる先駆的な活動に、いつもヒントと刺激をもらっています。クラウドファンディングの成功をお祈りしています!」

和歌山県にあるこども「生活支援ネットワークこ・はうす」さまより代表馬場さんよりメッセージでした♪ありがとうございます!
https://www.facebook.com/cohouse073
※生活支援ネットワークこ・はうす


「求む!お力添え!いつも何かとお世話になっているセンターさんが挑戦中です!
絶やしてはならない活動に、皆さまのお力添えをいただければ嬉しいですてれてれ

センターでも若者たちの活動にお力をお貸し頂いている団体「一般社団法人笑縁プロジェクト」さまよりFacebookにてシェアいただきました♪
https://www.facebook.com/shigaenproject
※縁プロジェクトFacebookページです。

他にもたくさん色んな応援メッセージをいただいてます!
残り11日達成率は38%(754,000円)です!
目標金額は200万となっていますが、まずは半分の50%の100万を目指しています!
ぜひお力添えいただけますようご理解とご協力をお願いいたします!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 18:18 | 寄付 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
残り12日!まずは50%を! [2022年10月19日(Wed)]
クラウドファンディング終了まで残り12日となりました。現段階で達成率36パーセント、まずは50%を目指していきたいと思います。現状の予算ではキャンプや泊り活動など、子どもたちにとってセンターの活動の中でも最大級の行事を行うことができず、「泊りないの?」と何度も何度も言われてしまいます。冬休みももうすぐ迫り、子どもたちの期待値もどんどん高まっています。なんとか、こどもたちに楽しい思いをさせたい、いろんな経験をしてもらいたいためにも、ご賛同、ご協力をお願いしたいと思います。
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=131

S__33538070.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 19:43 | 寄付 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
たっくさんのミカンを頂きました [2022年10月17日(Mon)]
今日は、市内にお住いの方からたっくさんのミカンをいただきました。もう、そんな時期なのですね。みんなで「やっぱり冬はこたつにみかん」と盛り上がっていました。
そして、あと14日でクラウドファンディングが終了となります。灯のような寂しさで終了するのではなく、皆様のご厚意を少しでもいただけます様、よろしくお願いします

S__958500.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:30 | 寄付 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
それぞれの過ごし方 [2022年10月16日(Sun)]
こんばんは!メアリーです。

今日は2階でゲーム、1階では女子会が開かれていました。
ゲームはスマホゲームをしつつ、WiiUでマリカーをしつつの二刀流ゲームでした。スマホゲームは様々なゲームのログインボーナスの回収、マリカーは赤こうらから回避する練習をしていました。知らないテクニックやショートカットも知っていてびっくり、勉強になりました

256300.jpg

1階での女子会は新しく買ったメイク道具の紹介!!色合いを相談しながら実際にメイクにこにこきらきら発色やラメのかわいさに終始笑顔の女の子。こちらまで幸せ気分になりました。その後はボランティアさんと恋バナに花が咲いていたようですにこにこ

夜ご飯はミシガン船のビュッフェ料理のご提供をいただき、調理ボランティアさんがポトフやパスタを作ってくださいました。どの料理もあっという間に完売。デザートまでおいしくいただきましたにこにこ

つながりを意識したヤングケアラー支援事業、クラウドファンディング、残り15日です!!
ぜひ下記のリンクからサイトをご覧ください。よろしくお願いいたします!!

  ≫≫≫≫≫  https://t.co/8JjsizgVZ0  ≪≪≪≪≪

Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:04 | まちなかほっとるーむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤングケアラーの交流の場 [2022年10月15日(Sat)]
今日は月1の共同オンラインサロンで、
あすのば・withふくいとコラボしました!
今回はオンラインサロンで盛り上がるレクの
お試し会をしつつ、交流会を行いましたにこにこ

2022-10-15.jpg

オンラインだからこそ難しいこと・
オンラインだからこそ盛り上がること、があります。
これからいろんなケアラーたちに
オンラインサロンに参加してもらうにあたって、いろいろ研究中です。

S__34627664.jpg

また合間を縫って、ピアサポーターたちが参加する
次のイベントの準備作業も行いました炎
やることがてんこ盛りですが、
ピアサポーターのみんなはそれぞれ楽しみながら取り組んでくれ、
交流の場にもなっているようでしたきらきら

11月に向けて大きめのプロジェクトも動かしているところなので、
今後の活動もお楽しみにしていてください!

これらのヤングケアラーの子ども若者を支える活動のための
クラウドファンディングにご協力よろしくお願いします!
ヤングケアラーの子どもたちを支える活動をつくってくれているのは、
ケアラー経験のある若者たちですので、
子ども・若者どちらへの活動へも還元されます。

S__34627668.jpg

残り16日、みなさまのお力をお貸しください…!
https://t.co/8JjsizgVZ0
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 22:21 | ヤングケアラー支援 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
人生ゲーム [2022年10月14日(Fri)]
こんばんは!メアリーです。

今日も小学生と人生ゲームをしました。慣れた手つきでコマを動かし、止まったマスを読み上げてくれます。子どもたちの思い通りの数字が出ることもあります、、、(笑)私たちはおとななので許されません。
大人になってじっくりやると、生命保険、自動車保険のこととか結婚出産のこととか株のこととか、、、なにかといろいろ勉強になりますね。(笑)
今回も子どもたちには勝てなかったので次回リベンジ炎炎

今日も必死で写真を撮れていませんでした。すみませんm(__)m
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:48 | 「ほっ」とるーむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)