• もっと見る
« 2022年09月 | Main | 2022年11月»
応援メッセージ〜NPO法人まちづくりスポット大津白井恭子さん〜 [2022年10月30日(Sun)]
【残り1日】【74%達成!】【残り26%】
スタッフのくっきーです。クラウドファンディングについてここ数日沢山の投稿でもしかしたらウンザリされていらっしゃる方も多いかと思います。。。
しかし、今回皆様から応援いただけて活動が出来ているということは私たちスタッフだけでなく、様々な「人」から支えられて出来ているということを再認識しています。
まだ目標金額には達成していませんが、感謝をお伝えしたいです。。。ありがとうございます!
また、皆様から応援メッセージも本当に熱い想いをみて励みになります!
本日はNPO法人まちづくりスポット大津のスタッフ白井恭子さまより応援メッセージいただきましたにこにこ
===============
NPO法人まちづくりスポット大津の白井です。
こどもソーシャルワークセンターの若者たちと一緒に比良の里山へ赤紫蘇の収穫ボランティアに行ったのが、昨年の夏になります。
共に汗を流す中で、センターの若者たちは絶えず何気ない笑い話や思い思いに歌を口づさみながら活動をしてくれました。
後から受け入れていただいた団体にお話を伺うと、若いパワーが本当に力になり助かったと感謝の言葉をいただき、センターのスタッフと相談し、地域との出会いの場をつくることができてよかったと今でも印象に残っています。
こどもソーシャルワークセンターの取り組んでおられる、学校生活や日常生活に息苦しさを感じる子どもたちや、家庭環境などに起因して、安心して過ごすことのできる居場所を必要とする子どもたちの支援、またヤングケアラーの支援は、社会が直面する切実な課題です。
数日前に拝聴した、代表幸重さんの講演では、センターの利用はコロナ前より3倍に増えたとのこと。制度や施策では行き届かない若者への支援の必要性を強く感じます。
コロナ禍の今、SOSを発信できず一人で悩んでいる子ども・若者は一層増えてきています。孤独、孤立を防ぐために一人ひとりに目を向けながら社会全体で支える仕組みをつくることが大切であると思います。
一人でも多くの方が、このクラウドファンディングの趣旨に賛同し、応援してくださることを願っています。
よろしくお願いいたします。
S__42811422.jpg

=== 寄付先 ===
■クラウドファンディング ※税制優遇有・クレジット可
「つながりを意識したヤングケアラー支援事業」
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=131
■こどもソーシャルワークセンター寄付用口座
●郵便局
  記号 14610 番号 23288641
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
●ゆうちょ銀行
  支店 四六八(468) 普通 2328864
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
●滋賀銀行
  本店営業部 普通 590227
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
===============
応援メッセージありがとうございます!
本日朝日新聞にもヤングケアラー支援の活動が取り上げられています!ぜひご覧くださいにこにこ
https://www.asahi.com/articles/ASQBX7DGZQBVPTJB00T.html
残り3日です、、、!ぜひ応援のほどよろしくお願いいたします!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:19 | 寄付 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
応援メッセージ NPO法人やんちゃ寺 佐藤すみれさん [2022年10月30日(Sun)]
クラウドファンディングの応援メッセージの紹介です。

4ヶ月に渡ったクラウドファンディングも明日が最終日。
この10日間ラストスパートをかけてきました。
今回は、同じ滋賀県内で数少ない中高生向けの居場所「やんちゃ寺」の代表すーさんに応援メッセージをいただきました!

【クラウドファンディング応援メッセージ】

特定非営利活動法人やんちゃ寺 理事長 佐藤すみれ

yancha.jpg

今でこそヤングケアラーという言葉が一般的になりましたが、ここを切り取って支援するというのでは根本解決にはならないこと、現場にいると誰もが感じていると思います。

ヤングケアラーであるという状態に対する支援やヤングケアラーでなくなることを目指す支援があれば解決することではなく、ここには関係性の貧困や心の負の連鎖、安定的な基盤がないことなど、様々な要因が複合的に存在しています。だからこそ、単発的な「支援」以上に、「安心できる居場所=人間関係」が重要であり、必須だと私も感じています。

人間は制度に救われるのではなく人間に救われます。作っても作っても制度に隙間はできるけれど、孤独でなければ何とかなります。

人間を本当に救う人たちを、貧困に陥らせたら悪循環でおかしなことになります。だからこそ、このクラウドファンディングへの協力は、何方向にもWINばかりで、力を貸して絶対に損がなく、自分たちの環境が絶対によくなる動きです。

子ども達の環境がよくなれば、子ども達は大人になるから、社会全体の目の輝きがきっと増えます。それって、私たちが生きるこの世界が、ますます楽しくなるってことです。

自分にできることからでよくて、自分の生活の中で無理なく楽しくできる協力で、金額で、ぜひお力をお貸しください!!
私も、できること全部します!!!

=== 寄付先 ===

■クラウドファンディング ※税制優遇有・クレジット可
「つながりを意識したヤングケアラー支援事業」
https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=131

■こどもソーシャルワークセンター寄付用口座
●郵便局
  記号 14610 番号 23288641
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
●ゆうちょ銀行
  支店 四六八(468) 普通 2328864
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
●滋賀銀行
  本店営業部 普通 590227
  トクヒ)コドモソーシャルワークセンター
| 次へ