CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月»
和歌山遠足〜大津・SDGs協働支援チャリティプロジェクト2020事業について〜【前半】 [2021年04月10日(Sat)]
春休み体制が終わり活動も日常活動に戻りつつあるこどもソーシャルワークセンターです。

しかし、この春休み体制の活動の裏で別の活動を進めていました。それは「遠足」
昨年度大津市民活動センターのチャリティプロジェクト「SDGs協働支援チャリティプロジェクト2020事業」にこどもソーシャルワークセンター他計4団体と1年間大津市民活動センターさんとともに活動をさせていただきました。市民から地域企業など様々な方々から応援頂き各々の事業を行うための目標寄付金額を設定。無事こどもソーシャルワークセンターも今回の事業に対しての目標金額を達成しました!
事業詳細は以下になります。

「長期休暇中の体験不足の子どもたちへの想い出づくり事業」
 …学校に馴染めず家に引きこもっている子、経済的に余裕がなく外出機会がない子、保護者が病気や障害を抱えて外出が難しい子など、子どもだけではどうにもならない現状、加えてコロナの影響により困りごとを抱える家庭の増加を背景に、長期休暇を利用し子どもたちに日帰り遠足や宿泊体験を通し、人との交流や大切な想い出づくりの体験を提供します。

以上の事業をさっそく今年度から開始するために春休み期間に早速「遠足」活動を行いました♪
写真で様子を振り返ってみたいと思います(^^♪
今回遠足に行ったのはスタッフの九鬼(くっきー)とボランティアさんと中学生のお子さん

和歌山遠足_210404_33.jpg
行きしなは平日の昼間電車で移動。和歌山まで少し長い道のりもボランティアさんと一緒であればあっという間です。

和歌山遠足_210404_12.jpg
夕方目的地の生活支援ネットワークこはうすへ。
センター以外の居場所活動への参加はこどもにとって少しどきどきと不安な気持ちに。
けど、現地のボランティアさん、スタッフ、なによりこどもたちが受け入れて一緒に過ごしました。
https://www.facebook.com/cohouse073→生活支援ネットワークこはうすのFacebookページです!

後半はまた後日アップしますー!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 14:49 | 「ほっ」とるーむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ