CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
〜コロナ禍の子ども支援を考えよう〜和歌山講演会を経て [2020年10月20日(Tue)]
どうもくっきーです。

先週の土日に代表幸重さんの今年度初の県外講演会がありました。
そこにくっきーもお手伝いでいかせて頂きました。

というのも学生時代から縁あって活動していた団体「生活支援ネットワークこ・はうす」さんのイベントということもあってくっきーも参加させて頂きました。

〜コロナ禍の子ども支援を考えよう〜をテーマに緊急宣言を受けて休校期間中3月〜5月でのセンターでの活動について紹介。
S__19365897.jpg
この緊急事態宣言で浮かび上がった問題、今後のコロナ禍における活動の在り方などあっという間の3時間。
ボランティア研修も兼ねていたので、センターでのボランティア研修の様子をオンラインで繋げて交流タイム。ボランティア同士の交流や謎にくっきーの昔話やら(笑)

講演会を終えて、色々感じることもありますが子どもたちを支えていた活動団体などが自粛という名のもと休止せざるを得ない状況がこのコロナの与える子どもたちへの影響は計り知れないものだったとひしひしと感じました。
細くても長く続ける大切さをこれからもこどもソーシャルワークセンターで続けていきたいと思います。
S__19365896.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 17:28 | その他活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ