CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ジョブキャッチ | Main | その他活動報告»
見逃し配信〜今日から1週間限定〜 [2020年09月14日(Mon)]
どうもくっきーです!

みなさんラジオ聴きましたー!?
えっなんか聞き逃しちゃった!?

そんな人に朗報です(^^)

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=P006477_01

上のURLからラジオが聴けます♪
今どきのラジオって凄いっすね( *´艸`)

聞き逃した人、もう一度聞きたい人是非お耳を傾けて聴いてみてくださーい!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:43 | メディア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ラジオ情報!かんさい子どもおうえん 4時間ラジオ!−休校明けつらいみんなへー [2020年06月10日(Wed)]
くっきーです。
昨日までの天気とは違い外には梅雨入り前の雰囲気が流れています。例えるなら雨の匂いみたいな?
さてさて本題は代表幸重がNHK大阪のラジオ番組に出演することを皆さんにお知らせします( *´艸`)
以下幸重さんの投稿です。(ページシェアがうまく反映できなかったのでコピペです。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
6月に入り、学校が再開され居場所での緊急受け入れ体制も終わり、外の仕事が少しずつ増えています。ということで今週末の日曜日にNHK大阪のラジオに出演しまーす。近畿のみなさんはラジオで、全国のみなさんはインターネットで放送を聴けます。2年前の関ジャニの横山さんに続いて、なぜか今回もジャニーズのかっこいいお兄さんたち(正門良規さんと草間リチャード敬太さん)とスタジオで一緒にお仕事です。ゲストもノンスタイルの井上さん、サンシャイン池崎さん、晋平太さん、中村獅童さん、古原靖久さんとリレー方式で登場してもらいます。
今日も若い世代の自死などの報道が相次いでます。休校明けがつらい若者世代が少しでも気が楽になる番組にすべくソーシャルワーカーとして参加します。ぜひみなさん、ラジオ番組なので、何かのついでに聴いてもらえるとありがたいです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
番組日にちは6月14日(日)13時05分〜16時55分
なんと4時間生放送!!

https://www4.nhk.or.jp/P6477/?fbclid=IwAR3BSR5BlOhh8j4DckO8G4WXZcEMWlJw2Wtd9JbvMRrv05q0GsuiNjrGiT8
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 15:03 | メディア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NHKおはよう日本「子どもたちの居場所づくり支援」 [2020年03月06日(Fri)]
今朝のNHKのニュース(全国放送)でも
一斉休校で今、子どもたちに何が起こっているのか
こどもソーシャルワークセンターの日中の居場所
「ほっとるーむ」を2日から5日に受け入れ日数を増やしたこと
受け入れにあたって感染予防に努めていること
それに伴い緊急受け入れ枠を拡大したことと
クラウドファンディングについて紹介されました。

特にもともと「ほっとるーむ」の取り組みは
大津市子ども家庭相談室との協働事業として
行っていることで必要な子どもや家庭に
届きやすいことも報道されたことが良かったです。

YouTubeに動画をあげておきますので良かった
映像でご確認ください。

そしてSNSで随時発信していますが
今日の「ほっとるーむ」もコロナに負けず
笑いと笑顔が絶えない一日でした。

中日新聞「今こそ安心の場が必要」 [2020年03月05日(Thu)]
昨日の中日新聞の滋賀版に全校休校を受けて緊急に日中の居場所ほっとるーむ受け入れ枠を拡大したことを紹介した記事が掲載されました。一部記事の内容を引用します。

「今こそ安心の場が必要 困窮家庭支援受け入れ拡大」
 こどもソーシャルワークセンターは午前10時から午後18時に(※新聞記事では「16時に」とあるが18時までの間違い)実施している居場所活動を。週二日から五日に拡大、日頃は不登校の子どもを対象としているが、一斉休校を受けて、ひとり親家庭の子どもを重点的に受け入れていく。一日に受け入れるのは四人までで少人数のため、感染リスクは低いと判断した。
 幸重忠孝代表は「長期休校は、日頃からしんどい事情を抱えている親と子どもにとって、大きなストレスとなる。今こそ安心安全な場が必要だ」と指摘する。

【2020年3月4日 中日新聞滋賀版(12面)】

20200304.jpg
「季刊ひたすらなるつながり 2号」座談会に登場 [2019年06月21日(Fri)]
滋賀県社会福祉協議会の広報誌の特集が
「子どもの命と笑顔を守る現場からのレポート」
ということで、法人理事長の幸重と理事の中島さんが
(中島さんは大津市子ども家庭相談室としての参加)
参加した座談会の様子が掲載されています。

002.jpg

本文は滋賀県社会福祉協議会のホームページから
読むことが出来るので、ぜひチェックしてみてください。

季刊ひたすらなるつながり 2号
「京都の生協98号」に対談掲載 [2019年06月12日(Wed)]
京都府生活協同組合連合会の広報誌で
「子どもの貧困や孤立を生まない社会をつくる」を
テーマにこどもソーシャルワークセンターで
京都府生協の会長と本法人理事長の幸重が
対談した記事がホームページからも
見られるようになりました。

2019_98_hyoshi.jpg

リンク先から対談内容を見ることも出来るの
ぜひチェックしてみてください。

京都の生協98号
4月22日に『「ひとりぼっちのない町づくり」のパート2』が放送されます! [2018年04月17日(Tue)]
昨年度放送された「ひとりぼっちのない町づくり」のパート2に、
こどもソーシャルワークセンターも協力しました。

理事長、幸重がぐんぐんサポーターとして中学生の活動を応援したり、
スタジオ収録でぺこりゅうさん、関ジャニの横山さんとのトークや取り組みの解説しました。

また中学生たちによる滋賀への視察ではトワイライトステイを5年前に利用し、
今は立派に成長した若者へのインタビューをセンターで行いました。
「ともに成長しあう場所」というこどもソーシャルワークセンターのテーマと
まさに合致した子どもたちとまちの取り組みを多くのみなさんに見て欲しいと思います。

以下のURLから詳細が見れます!
https://www.nhk.or.jp/chiiki/program/180422.html
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 10:30 | メディア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
広報もりやまに掲載されました [2018年03月26日(Mon)]
広報もりやまの3月15日号の特集「子どもの心を守る」で子ども食堂の紹介がされて、
理事長幸重のインタビュー記事が掲載されています。

「第三の居場所が安心・安全につながる」ということで話をさせてもらいました。

○広報もりやま3月15日号
http://www.city.moriyama.lg.jp/kohomoriya…/koho_29/0315.html

メディア180326.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 10:52 | メディア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
朝日新聞で告知の掲載 [2018年03月15日(Thu)]
いよいよ明日になりました。
NPO法人設立記念イベント「まちのこどもソーシャルワークセンターのこれまでとこれから」の告知記事が今朝の朝日新聞でも掲載されました。

朝から新聞を見たので参加したいという電話も次々とかかってきています。
残席は10席を残すのみ! 事前申し込み制なので、参加する予定でまだFacebookページが「参加」になっていない方は、急いで参加申し込みしてください。

ということでもしや明日は定員超えて立ち見が出るのでは!? と嬉しい悲鳴があがっています。
https://www.facebook.com/events/590404134625321/
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 11:09 | メディア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
朝日新聞主催子どもと貧困フォーラムの記事が掲載されました [2017年07月25日(Tue)]
7月2日大阪でおこなわれた朝日新聞主催子どもと貧困フォーラム「子どもと貧困〜踏み出そう、第一歩」をまとめた記事が、昨日7月24日の朝日新聞に掲載されています。ほぼ一面カラーでまとめられています。朝日新聞Digitalにも記事が掲載されています(こちら)。

20170724朝日新聞.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 15:19 | メディア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ