• もっと見る
« 「ほっ」とるーむ | Main | 法人より»
まもなく2ヶ月が経過… [2022年11月29日(Tue)]
れいやです。

こどもソーシャルワークセンターにフルタイムで働くようになってまもなく2ヶ月が経ちます。
10月の頭からフルタイムで、7月から9月の間は80時間程度の勤務でした。

ボランティアやピアスタッフを経てぴちぴちの新人職員になり、こどもたちから「前までは一緒に遊んでくれてたのに」と言われたりもしました。

それまではカフェや塾講師、ベビーシッターやパチ屋で働いたりと色々と職を変えてきましたが、ひとまず落ち着いたかなと思います。

ただ、センターで仕事をしていても「仕事しているなぁ」と思うことって殆どなく、それがいいのか悪いのかは分かりません。
他の職って決まった時間に決まった作業をするので、「仕事やってるわぁ.....」って感じでしたが、センターでは割と自由に(?)、好きな時間に好きな作業をしているような感覚があります。

今はめっちゃ雨降るやん.....と思いながらこのブログを書いています。

でも、「センターの仕事って楽でしょ!」って子どもたちからは言われますが、楽ではないのも事実です。なぜ楽ではないのかはモヤモヤですが...。

さて、フルタイムで働いてみての感想ですが、「仕事しやすいなぁ」の一言に尽きます。
8月9月、半分の就労時間では出来ないこと(特に特別活動に勤務時間が当てられるので)だらけでしたが、事務作業をオラオラオラァと言った感じで進めることができて、安心しています。

多分、今することって法人全体の業務の把握なので、これからも数か月かけて知っていきたいと思います。

ヤングケアラー支援も頑張ります。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 18:37 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
タスケテ・・・ [2022年11月25日(Fri)]
助けてください。

滋賀県あるあるですが、びわ湖虫(ユスリカ)が大量に湧く時期になりました。秋と春に大量発生するみたいです。

写真一枚目はセンターの玄関にて
S__34856981.jpg


写真二枚目はブランチ大津京にて
S__34856982.jpg

数匹いる程度なら問題なしですが、子どもたちを身送る際に玄関をガチャリと開けると、一瞬のスキを突かれて5匹くらい突入してきます。
1分もとびらを開けると写真のように何十匹も侵入されてしまいます。

助けて・・・。

びわ湖虫、略してびわ虫。ちなみにハエ目ユスリカ科に属するということで、ハエのお仲間みたいです。蚊はハエ目カ科でした。
そう考えるとハエと蚊って仲間なんですね。。。

一応、益虫らしく、幼虫がびわ湖の底にたまった有機物を食べてくれるので、水質の改善に役に立っているみたいです。
びわ湖の水質が悪いから餌場だと思われて大量発生するんですかね。。
幼虫は魚のエサになり、成虫は小鳥のエサにと、ユスリカは琵琶湖の生態系を支える大切な存在らしいです…。
(参考:https://radichubu.jp/kibun/contents/id=13272

センターでは毎日、発狂しながら玄関先のユスリカの息の根を止めています。ごめんね。

ユスリカ専用スプレーがあるみたいですが、実際に使われている方いませんでしょうか。ご感想をお聞かせ願いたいです。
虫コナーズなども・・・。

兎にも角にも、当分の間はOh.............となりながら玄関を開けることになりそうです。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 20:52 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
皆様のあたたかい応援が力になります [2022年11月09日(Wed)]
スタッフのくっきーです。
この度、京都新聞大賞受賞ということで
ボランティアさんやセンターを応援してくださっている方々から
ご連絡をいただきました。
ある人には切り抜きまでつくって持って来ていただきましたにこにこ

314064949_2796910730445014_7606137785685160820_n.jpg

最近ではクラウドファンディングを行い
ヤングケアラー事業についてセンターSNS等で発信していましたが
もちろんセンターのトワイライト、ほっとるーむ
eatalkなどなど沢山事業を展開しています。
それらは全て個々に活動している事業ではなく、
何かしら繋がりがあって様々な積み重ねでセンターの活動が成り立っています。
その活動を支えていただいているのはスタッフだけでなく、
応援をしていただいている皆様です。
あらためまして、皆様ありがとうございます。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 20:43 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
はじめまして! [2022年10月02日(Sun)]
こんばんは。はじめまして、10月からアルバイトとしてお世話になります、メアリーです!
今日は初出勤でした。ボランティアの時には知らなかったことをたくさん知り、スタッフさんたちはいつもこんなこともしていたのか〜!と思いながら、あっという間の1日でした。
早く仕事を覚えてお役に立てればなと思います。
早速夜ご飯にお味噌汁を作ったのですが、、、。薄かった!との声が!普段料理していないのがバレる...(笑)早急に料理レベルを上げていきます!
他にはのんびりお化粧の話をしたり、好きなタイプを話したりとガールズトークに花が咲きました。調理ボランティアさんが作り置きしてくださっていた夜ご飯のタコライスは好評で、みんな完食でした!

ということで、メアリー初投稿でした。2年半関わらせていただいたボランティアの経験を活かせるように頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。写真を全然撮っていなかったので文章のみで失礼します。次回からは写真付きで投稿していきます!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 18:04 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高校内居場所カフェのボランティア交流会 [2022年09月26日(Mon)]
今日は高校内居場所カフェのボランティア交流会を行いました!きらきら

高校内居場所カフェは月に2~3回の活動で、
かつ学校内でやっているので時間も決まっているため
なかなか普段ボランティアさん同士でゆっくりと話す時間がなく
今日の開催にいたりました。

高校内居場所カフェの活動をする中で、
こんな部分が居場所として良いところだよねと
感じたエピソードやはっと気づかされた場面、
高校生と話す時の話題ってどうしてる!?という悩み事など、
普段のふりかえりだけでは話せないことについて、
じっくり話すことができたようでした。

他のボランティアさんと考えを交わし合うことで
「こんな時はこういう風にしてみるのはどう?」
「最近の高校生はこんなトピックが当たるみたいです」
「イベントコーナーをつくってみたらいいんじゃないかな!」と
いろいろアイデアも出てきたり…💭

センターの活動は子どもたちのための活動ですが、
同時にそれを支えてくださるボランティアさんにとっても
楽しい活動になればと思っています。
今日はこれからがもっと楽しみで盛り上がっていくような、
よい時間になったように思います!

S__34447374.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:38 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
SNS [2022年09月03日(Sat)]
くっきーです。

とある人から「ブログいつも見てます!」と声をかけていただきましたにこにこ
センターのSNSとしてブログをはじめ、FacebookやTwitterなどありますが、その中でもよく声をいただくのがブログです。ちなみにアクセス解析によると一日100人近い方がブログを読んでくれているようです。

色んなSNSの中で何故ブログなのかな?と考えた時にセンターの活動に興味関心を持って調べる際にまずセンターのホームページを見てくれる人が多いということ。その中でFacebookやTwitterなどアカウントがなくても見れなくはないが少しハードルが高くなっているのではと考えます。
その中で過去ログが追いやすいブログが特に見てくれている要因だと考えます。
とブログに考察をかいたとてなんですが苦笑

センターのことを知ろうとしているのはこれから若い世代の人も増えてきます。SNSを駆使した発信これからも続けていきますのでどうぞよろしくお願いします♪
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 20:58 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
スタッフの夏休み、、、、? [2022年08月28日(Sun)]
くっきーです。

つい最近ある人から「センター夏のアウトリーチ活動にお泊まりに通常の活動に、、、休みあんの?!」と突っ込まれました。。。、

。。。ちゃんとあります!!!(笑)
とはいえこの一週間はフル稼働なのは間違いありませんが、その前後にスタッフもお休みをいただきリフレッシュをしています。
他のスタッフのリフレッシュを伝えるのは難しいのですが、くっきーの場合は登山に行ってます。

いや休みの日に登山かよ!?
とツッコミ大いにもらうのですが、くっきー滋賀に来てから登山にのめり込むようにハマって今では月に一度のペースで登りに行ってますにこにこ
大好きな山はやっぱり伊吹山ですね♪今月中頃にナイトハイクに行ったり楽しんでいますー!
S__41820191.jpg

っといつもと少し趣向をかえてのブログとなりましたね(笑)
他スタッフやもちろん幸重さんも各々休めるときは休んでいますのでご安心くださいませにこにこ
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:04 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
実は、、、 [2022年08月15日(Mon)]
センターはTwitterでも情報発信をしているのはご存知でしょうか?

https://twitter.com/cswc2016

日常活動はもちろん夏のお泊まりやこちらでもクラウドファンディングの協力をお願いしています。先日行われたヤングケアラー事業の「ケアピアしがキャン」の様子もあります♪
Twitterならではのライブ感などFacebookとはまた違うツールでの活動発信になってるのでこの機会に是非フォローください♪
今日はトワイライトなど活動予定でしたが、色々重なりお休みでスタッフくっきーは色々整理してて、Twitterも確認したらフォロワーの数が500人以上にびっくりでした!この機会にFacebookでもフォローしているみなさまにも知って頂ければです!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 19:36 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
夏にぴったりのプレゼント [2022年08月06日(Sat)]
いつもご寄付を頂いている近所の方から、夏にぴったりの遊び道具をご寄贈いただきました。
夏真っ盛り、まだまだ合宿を控えている子どもたちが喜びそうな水鉄砲と、「アクアバズーカハリケーン」です。名前だけですと、何のことかさっぱり・・・水鉄砲のバズーカ砲使用といったところでしょうか。最近の、おもちゃの精巧さにびっくりです。

S__843854.jpg

そこで、寄贈頂いた方に、クラウドファンディングのお話をし、チラシも持って帰って頂きました。
センターの、危機的状況に耳を傾けていただけまして、嬉しかったです。
「QRコードからの寄付に挑戦してみるわ」と言っていただけました。
クラウドファンディングについては、まだまだたくさんの方々のご厚意を頂きましたらと、願っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 18:36 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
今日で最後です、、、! [2022年07月31日(Sun)]
こんにちは、ゆうです。
これがスタッフとしてのブログ最後になります。
というのも、ゆうちゃんは7月いっぱいでセンターを辞めることになりました。
理由はいろいろとありますが、他にも挑戦したいことや経験しておきたいことがあったので辞める決断をさせて頂きました。
センターには約2年間お世話になりました。
最初は有償ボランティアから始まり、職員となり様々な子どもたちと関わることが出来、子どもたちから様々なことを学ばせて頂きました。
最初は「しんどい子たちのしんどい部分をサポートする仕事」だと思っていましたが、職員として子どもたちと関わっていると「子どもたちの楽しい部分を大切にする仕事」だと気づきました。

子どもたちはみんな素直な子ばかりで時にはグサッと刺さる言葉を投げかけられたこともありました。
私が子どもたちから学んだことは、ちゃんと子どもたちは大人の行動や言動を見ており、誤魔化したり、大人だからと言い訳をするのは良くないなぁと感じさせられました。てれてれ

子どもたちとの思い出はたくさんありますが、私が印象に残っているのが子どもたちと一緒に行ったお泊まりです。
私は去年岡山旅行に当時中学生だった女の子と行きました。
その子にとって岡山旅行は例年の行事となっていました。
岡山旅行では岡山の川崎医療福祉大学の実習生たちと一緒にお泊まりをし、例年お世話になっていることから、恩返しとして、女の子の得意を活かして、レシピ集を一生懸命に作っていました。
その姿を見て、感動する部分があり、ちゃんと心を込めて作っているのがその姿を見て取れました。
また、その子がセンターに来ている時によく言っていたのが、「センターで過ごすことが今1番楽しい、早く1週間経たないかな」でした。
きっと他の子もそうなんだろなと思い、子ども達にとってセンターは心の拠り所となっているんだなと肌で感じました。

約2年間、子どもたちに楽しい!と思ってもらえるような振る舞いが出来たのか自問自答していますが、少なくともゆうちゃんがこの7月いっぱいで辞めるんだと伝えると別れを惜しんでくれた子たちの姿を見て、あぁ私の存在もこの子たちの中にちゃんとあったんだなと思うと子どもたちに居場所を提供出来たのではないかなと思いました。

次のステージは今の仕事とはまた別の職種になりますが、センターで学んだことや経験を活かしてステップアップしていきたいと思います。

短い間でしたが、センターに関わってくれた皆さん、そして、一緒に働いたスタッフたち本当にお世話になりました!わからん
S__24199173 (1).jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:42 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ