CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新年度初のeatalkはくっきーウェルカムタコパ! | Main | 新年度もやります「まちなか合宿」»
美容室は魔法の国だね [2019年04月12日(Fri)]
NPO法人こどもソーシャルワークセンターが
NPO法人そらいろプロジェクト京都さんと
一緒に取り組んでいるHappyHappyCutこと
ハピハピカットですが、うちの子どもや若者たちも
シーズンごとに美容室でカットさせてもらっています。

中学生の子どもから「次、いつ美容室に行くの!」と
先月からずーっと言われておりましたが
やっとこスタッフの調整がついたのに
念願の美容室へ行くこととなりました。

子どもたちや若者たちの中には
いろんな家庭の事情で理美容につながりにくい
子どもたちや若者がいます。
当たり前ですが髪は放っておくと伸びますし
今の世の中、どうしても身なりで損をします。
「次、いつ行くの!」と言っていた子どもも
実は去年までは声をかけても「行きたくない」
と言ってました。

でも去年一年間、美容室に通うことで
「髪を切ると気持ちいい!」
美容室に行っただけで、みんなから身なりのことで
うれしい声をいっぱいかけてもらうことを
体験することが出来ました。
だから今では子どもから「いつ行くの!」と
スタッフに言われるようになってきました。

いつも関わってくれている若者ボランティアと
(彼もまたはハピハピカットの利用者でもありますが)
一緒に並んで、春らしいすっきりした髪型に。

20190412.jpg

カットが終わると引率スタッフとしていつも思いますが
美容室は魔法の国!
美容師の力で今日もかっこいい若者と
ビューティーな女の子に変身しました。
髪を切ったり揃えたりすることで
なぜかわかりませんが彼らや彼女らの心も
軽くしたり、すっきりした気持ちにしてくれます。

帰りはそんな素敵な髪型になった二人と
引率スタッフとで夕食に行きました。
みんなでパスタを食べたのですが
中学生の女の子が「スプーンってどうするの?」と
出されたフォークとスプーンを前に聞いてきました。
生まれてはじめてお店で食べるパスタ。
スタッフに教えてもらって、フォークとスプーンを使って
パスタを巻いていきます。
「すごい! 食べやすい!」
そんな小さな社会体験が出来るのもハピハピカットの魅力。

次のハピハピカットは夏前になると思いますが
どんな髪型にして、素敵な髪型で
帰りにどんな新しい体験が出来るのか
そんな楽しみがあるだけで、人は日常がしんどくても
頑張って生きていけるんだろうなと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント