CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人コミュニティサポートいずも
« 友人との時間☆ | Main | 寒くなりましたね! »
相談支援の現場から[2021年10月19日(Tue)]
こんにちは。相談支援の現場から。

誰にでもそうですが、とくに精神の障がいをお持ちの方にとって、信頼できる病院とお薬は日常生活を支える大事なポイントです。

私が相談支援を担当する方が、主治医から、「自分に相談なしに一人暮らしなんか始めようとしている」という理由で、「もう自分は診ない」と他の病院に紹介状を出されました。
それを、もってその病院にいくと、「入院が必要そうな方は、入院ができる病院がよい」と断られ、入院もできる病院にいくと、「緊急に入院を要するような患者さんは、うちでは診ない」と断られ、困って保健所に聞いたら、「行き先がないんでと元の病院に頼んでみなさい」とのアドバイス…。

結局は、なんとかかんとか先生を変えていただくということで、元の主治医に処方された3週間の薬がなくなる5日前に決着。

こんなことが現実です。私は、仕事なんで、粛々と障がい者の人権侵害の疑いという報告を行いました。あとはどうなったかはわかりません。

哀しいのは本人さんなんで。



Posted by CSいずも at 00:00 | 相談支援 | この記事のURL | コメント(1)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/cs-izumo/archive/3878
コメントする
コメント
なんでこれが人権侵害なのかな?と思うのですが
元々、受診をしていた医者に対してなのか
2件目、ちょっと言い方わかんないけど、
それとも3件目の医者ですか
患者さんの状態が分らないのでなんとも言えませんが
診察を断った。という点では3人の医者が断ってますが
3人の医者が人権侵害したんですか??
Posted by:  at 2021年11月12日(Fri) 06:49

プロフィール

コミュニティサポートいずもさんの画像
リンク集
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/cs-izumo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cs-izumo/index2_0.xml