CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人コミュニティサポートいずも
今年度も、子どもたちそれぞれ一人ひとりのペースを大切にしながら、色々なことをおもいっきり楽しんでいきたいと思います。
« イベント企画 | Main | 人生はワンチャンス! »
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
96
受験勉強 (11/05) 米山
受験勉強 (11/05) ラムちゃん
ずぼらレシピ (11/02) 理事長
ずぼらレシピ (11/01)
ボケ (09/06)
会計の月次監査から来年度予算、経営戦略へ[2019年11月16日(Sat)]
事務局からお届けします。

寒さが心地よい季節になりました。
この季節を健康で過ごすためには、寒さを嫌がらず、あわせることだそうです。
できれば、寒さを楽しみつつ、雪への準備万全に、暖かくして過ごしましょう。

さて、CSいずもでは、毎月税理士事務所さんの指導とチェックを受けながら、複雑怪奇な(事業所が多く、収入の種類も多岐にわたるため)わが社の経理事務の改革に取り組んできました。

今では、月5,000万円くらいの収支を小口現金(200万円くらいの現金)の1円まで月次監査で確認することができています。

おかげで経営陣は、毎月、正確な収支実績と月次監査の報告を受け、今期決算の着地点を予測すると同時に、今は来年度予算編成と経営戦略を練ることができています。

激しく変わる社会情勢を見極め?直観し、経営理念からはずれることなく、未来の計画をたて、職員さんに伝え、全社一丸となってCSいずもが地域に役立ち続けるためには、直近の正確な「数字」というものの把握できる仕組みが土台です。

「数字」というものは、単に数字でなく、不思議なものです。
冷酷に経営の実態を表現してくれてますが、この数字の受けとめ方、経営者の身の振り方によって、「数字」が変わっていくのです。

現実を見せつけられたとき、数字が、悪ければ、悩む、暗くなる、人のせいにする。良ければ、浮かれる、調子に乗る、自分の力と思う。不思議なものです。

CSいずもも、令和元年11月26日設立18周年ということで、ようやく高校卒業して大人の仲間入りかというところですが、数字とむきあう経営が徐々にできつつあります。

地域の皆様、利用者の皆様、職員の皆様のおかげでここまで続いてこれましたこと改めて感謝申し上げます。

これからも急がず慌てず、じっくりとCSいずもを育て(ともに私たちも育ちつつ)て、喜んで地域活動ができたり、人のお役に立てたり、健康で自立した青年を目指したいと思います。

理事長でした。





Posted by CSいずも at 00:00 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/cs-izumo/archive/3241
コメントする
コメント
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

コミュニティサポートいずもさんの画像
https://blog.canpan.info/cs-izumo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cs-izumo/index2_0.xml
リンク集