CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
協働ステーション中央
東京都中央区にある十思スクエア2階に
2010年4月28日にオープンしました。
中央区内での社会貢献活動の輪を広げ
協働の普及促進を図るための拠点です。
http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/cs-c.html

twitter でも情報発信中! @KyodoStation
中央区の団体情報、協働に関する情報を主に発信しています。
« (1/27) 協働のための企画づくり講座 第2回開催報告 | Main | (2/10) 協働のための企画づくり講座 第4回開催報告 »
東北地方太平洋沖地震応援基金
プロフィール

協働ステーション中央さんの画像
協働ステーション中央
プロフィール
ブログ
中央区協働事業提案のスタートガイドが出来ました! http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/download/guideline.pdf
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/cs-c/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cs-c/index2_0.xml
(2/3) 協働のための企画づくり講座 第3回開催報告[2011年02月04日(Fri)]
平成23年2月3日(木)
中央区「協働のための企画づくり講座」第3回。

第3回は前回に引き続き、渡邉文隆(アミタエコブレーン株式会社マーケティング事業部)から、アイディア・企画の組み立てに必要なポイントをテーマに情報収集を企画に反映、具体化とレベルアップのポイントを学びました。

今回は、NPOサポートセンター・インターン生の蒲地由佳さんのレポートです。
蒲地さん、ありがとうございます。
アイディアを具体化させる5つのステップという事で、5回に分けられた講座の第3回目を迎えました。アミタエコブレーン株式会社マーケティング事業部におられる、渡邉文隆さんを講師にお迎し、「アイディア・企画の組み立てに必要なポイント」を教えていただきました。





企画を立てるにあたり、はじめに前回話し合ったアイディアを下記の4つに整理しました。
1.ゴール(目標の確認)
2.スタートライン(現状分析)
3.ハードル(課題の抽出)
4.解決策のアイディア・プラン
情報収集に必要なのは
ではなく、網羅性




4〜5人のグループで収集した情報と漏れをまとめ、メンバーの1人の課題について解決策を話し合う手法の1つとしてブレーンストーミングを行い、その後各班発表しました。最後に、渡邉さんが企画の為の情報収集のポイントは、ゴールとスタートラインについての情報を忘れずに集め、「もっとも重要な課題」を特定してから解決策を作るというポイントを上げました。



参加者の声で「課題を分解し、一つに絞る事が分かった」いう声を多く頂きました。また、「大変参考になった」という好評の声を頂きました。ブレストで多くの意見が飛び交った、講座となりました。


NPOサポートセンター インターン生
蒲地 由佳


◎開催案内
中央区協働のための企画づくり講座
アイディアを具体化させる5つのステップ(全5回)



◎開催報告
 ・第1回 地域の課題解決のポイント
 ・第2回 アイディア・企画づくりに必要な情報収集
 ・第4回 企画内容の「可視化」
 ・第5回 企画を提案するプレゼンテーションのコツ
この記事のURL
https://blog.canpan.info/cs-c/archive/291
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント