CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
協働ステーション中央
東京都中央区にある十思スクエア2階に
2010年4月28日にオープンしました。
中央区内での社会貢献活動の輪を広げ
協働の普及促進を図るための拠点です。
http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/cs-c.html

twitter でも情報発信中! @KyodoStation
中央区の団体情報、協働に関する情報を主に発信しています。
« (2/16)市民活動入門講座「ハイブリッドに生きる!本業+ボランティア」 開催案内 | Main | (2/3) 協働のための企画づくり講座 第3回開催報告 »
東北地方太平洋沖地震応援基金
プロフィール

協働ステーション中央さんの画像
協働ステーション中央
プロフィール
ブログ
中央区協働事業提案のスタートガイドが出来ました! http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/download/guideline.pdf
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/cs-c/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cs-c/index2_0.xml
(1/27) 協働のための企画づくり講座 第2回開催報告[2011年01月31日(Mon)]
平成23年1月27日(木)
中央区「協働のための企画づくり講座」第2回。

第2回は渡邉文隆(アミタエコブレーン株式会社マーケティング事業部)から、アイディア・企画づくりに必要な情報収集をテーマにアイディア・企画の具体化に必要な情報収集を、効率的に行うノウハウを学びました。
通常の業務でも、NPOのボランティアでも企画づくりを行っている経験から3つのパターンがあり、

1.日常的な情報収集
2.提案や企画を作るために情報収集
3.提案や企画が既にある場合の情報収集


それぞれにおいてのポイントを伺いました。




情報収集に必要な要素として、統一している5つのステップ

1.ゴール(目標の確認)
2.スタートライン(現状分析)
3.ハードル(課題の抽出)
4.アイディア・プラン(解決策の開発)
5.企画書の作成


の順番が大切で、
いきなり企画書作成をするのではなく
まずは、企画を通じて何をゴールとするのか、を考えることが大事であるという
頭ではわかっていても、なるほど、と納得してしまう話をご自身の失敗談なども交えて、お話しいただきました。

後半には、グループワークを2つ。
(1)自分のアイディアを、学んだ4つに分解をする個人ワーク。
  1.目標設定
  2.現状分析
  3.課題の抽出
  4.解決策の開発

その内容を数人のグループで意見交換を行いました。

客観的に足りない部分や、より解決に近付くアイディアなどを受けて
自分が何の情報収集が必要なのかに気づくことができました。


(2)情報収集の現状分析
「普段どのような情報収集のツールや情報源を活用しているのか」を意見を出し合い、全体で共有しました。

新聞、雑誌、インターネットから始まり、ブログや口コミ、図書館や研究所など、自分ではなじみのない内容もたくさん挙がりました。


<受講生の感想>
改めて企画のステップを見直すことが出来て良かったです。1番頭に残ったのは“情報収集が目的ではない”という点。ごもっともだと思いました。

情報を集めるだけの情報収集であったり、目標の確認からプロセスの設定が出来てない事に気付きました。



◎関連案内
  ・開催案内 アイディアを具体化させる5つのステップ

◎開催報告
  ・第1回 地域の課題解決のポイント
  ・第3回 アイディア・企画の組み立てに必要なポイント  
  ・第4回 企画内容の「可視化」
  ・第5回 企画を提案するプレゼンテーションのコツ
この記事のURL
https://blog.canpan.info/cs-c/archive/290
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント