CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12月 「Happy Holidays」 | Main | 12月 「アメリカからのお便り」»
Season's Greetings '09 [2009年12月15日(Tue)]
雪木鐘 今年の締めくくりとして、クリスマス・シーズンの挨拶を  クローバー

                             December, 2009

Dear Family and Friends,













Happy Holidays! 「うわぁ、やっとではなくて、もうクリスマス!」が
このクリスマスシーズンへの感じです。今年は、日常生活の様々な
場面で、ほんとローラーコースターに乗っているようなものでした。
特に、気まぐれな天気が!まったく、おかげで様々な面で気分が
変化したのが山ほど。今年のような気まぐれな年には疲れ果て
ました。
来年はきっと落ち着いてくれるだろうと期待し、そうすれば私達の
ムードも落ち着こうと言うものです。

今年を振り返ってみれば、クレオールの夏が去年に引き続き成功
しました。今回は、ビンセント(ろうのアメリカ人学生)の夏、
「子供達の英語の3日間」、そして「語りと座談会」の3つの計画を
たてて実行しました。

ビンセント、元ローチェスター工科大学の学生で、現在ミッション・
カレッジに通っていますが、日本にまた飛んできて、7月のまる1ヶ月
滞在しました。彼は休む暇も無く、地方のろうのサークルの活動を
お手伝いし、ろうの日本人家庭に短期間ホームスティし、地方の
ろう学校を訪ね、ろうと難聴の人達を個人指導し、そして驚いたことに、
読み書きの日本語を磨いたのです。

「子供達の英語の3日間」は、ろうの日本人と健常のフランス人の
指導のもと、またビンセントとろうと健常と問わず日本人達のアシストを
受けて、とても「クレオール」な設定に仕組まれました。3日通して
参加した子供達は、とっても楽しんでくれた様です。うれしいことに、
来年も同じようなイベントをと。

「語りと座談会」は奇跡的とも言える成功を収めました。日本の
ろう社会では著名的な4名の人達のおかげであり、彼らそれぞれの
超忙しさを考えれば、実現は殆ど不可能です。様々な生活背景を
持つ高校生達約10人がひとつになり、学校で教えてくれないものを
学んできました。この「語りと座談会」は、高校生達の豊かな情報源と
なり、彼らを知的に備えさせてくれました。

私達クレオールは、もう来年のクレオールの夏に着手していて、
キーワードが沖縄です。
引き続き、今までのようにクレオールをどうぞよろしくお願い致します。

Wish you a very merry Christmas and
a happy New Year
!

岡安英行・三澤かがり
クレオール一同 鐘鐘鐘


<英語版/ English version>

Dear Family and Friends,

Happy Holidays! “Whoa, Christmas already, not finally!” is what we
feel for this Christmas season. This year was really like a ride on
roller coaster in some aspects of our daily life. Especially, capricious
weather! Absolutely, the weather affected our moods a lot in
different ways.
We‘re very tired of having such a capricious one like this 2009.
We hope next year will be stable, so that our moods should follow.

Looking back on this year, it’s notable that the Creole’s Summer
project was successful following last year. For this time three
programs were designed and executed; Summer of Vincent (a native
Deaf American college student), “Kids’ Three-Day English,” and
“Speech & Round-Table Talk (S&RTT).”

Vincent, a former RIT student who currently attends Mission
College, came over to Japan again and stayed for the whole month
of July. He had his hands full volunteering a local Deaf club’s
activities, experiencing short home-stay at a Deaf Japanese family,
visiting a local school for the Deaf, tutoring several Japanese Deaf
and Hard-of-Hearing people, and amazingly honing his reading and
writing skills in Japanese.

The “Kids’ Three-Day English” was developed in very “Creole”
settings instructed by a Japanese Deaf and a French hearing person
as well as assisted by Vincent and some Japanese people both Deaf
and hearing. Kids who participated in this program for the three
consecutive days appeared to enjoy very much. We’re glad to hear
that they wanted to have similar event for next summer.

The S&RTT made an almost miraculous success. Four well-known
Deaf people among Deaf community in Japan helped the S&RTT to
make it successful. This is almost impossible to happen due to each
of their super busy situations. About ten high school students with
different backgrounds came together and learnt what each individual
student never learns at each school. This S&RTT became itself a rich
information source for those students and prepared themselves
intellectually for the future.

We have already got on another Creole’s Summer for 2010, and
its key word is OKINAWA.
We would appreciate your continuous support as ever.

Wish you a very merry Christmas and
a happy New Year
!


Kagari Misawa
Yuki Okayasu
Whole Creole 鐘鐘鐘
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
2008@Designed by 「ヤンデルちゃん」デザインルーム