CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« canpan活用 | Main | コミュニティ»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【情報共有】NPO法人・一般法人・公益法人の組織運営について [2020年03月20日(Fri)]

NPO法人・一般法人・公益法人の関係者の方向けの情報のうち、総会や理事会開催、事業報告書の提出など、法律で定められている事項に関する情報をまとめたものです。
掲載時期で、時系列でまとめています。
※Facebookの記事では、シェアした時に最初のURLしか共有されないこともあるので、まとめたものです。

【情報共有】 新型コロナウイルス 感染症の対応について (4).png

2020年2月28日
公益法人制度等によくある質問(FAQ)
問U‐6‐A(Web会議・TV会議)の修正
(公益法人インフォメーション)
https://www.koeki-info.go.jp/pdf_faq/02-06-02.PDF


2020年3月1日
総会の開催について
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1195


2020年3月3日
新型コロナウィルス感染症に関連する要望書を内閣府と国税庁に提出しました
(認定NPO法人 NPO会計税務専門家ネットワーク (略称NPO@PRO))
https://npoatpro.org/topics/20200305.html


2020年3月5日
【要望書提出】新型コロナウイルス感染症対応に係る NPO法人等の支援等に関する要望事項
(特定非営利活動法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会)
http://www.npoweb.jp/2020/03/%e3%80%90%e8%a6%81%e6%9c%9b%e6%9b%b8%e6%8f%90%e5%87%ba%e3%80%91%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%ab/


2020年3月6日
新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&A
新型コロナウイルスの感染拡大に係る特定非営利活動法人(NPO法)制度の運用についての御質問にお答えします。
(内閣府NPOホームページ)
https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/coronavirus-qa


2020年3月6日
新型コロナウイルスの影響による事業報告書等の提出について
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1200


2020年03月07日
新型コロナウイルスの感染拡大に係るQ&A
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1201


2020年03月09日
新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&A@
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1203


2020年03月10日(Tue)
新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&AA
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1204


2020年3月11日
新型コロナウイルスにより法人税の申告期限を延長する場合の取り扱い
(認定NPO法人 NPO会計税務専門家ネットワーク (略称NPO@PRO))
https://npoatpro.org/topics/20200311.html


2020年03月11日
新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&AB
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1205


2020年03月12日
新型コロナウイルスにより法人税の申告期限を延長する場合の取り扱い
(NPO会計道:脇坂税務会計事務所)
https://blog.canpan.info/waki/archive/1206


2020年3月12日
新型コロナウィルス感染症への対応について
(公益法人インフォメーション)
https://www.koeki-info.go.jp/administration/pdf/20200312_01_corona.pd
新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う公益法人の運営に関するお知らせ
https://www.koeki-info.go.jp/administration/pdf/20200311_houjinunei.pd


2020年03月13日
公益認定等委員会から、新型コロナウイルスの対応がでました
https://blog.canpan.info/waki/archive/1207


2020年03月14日
新型コロナウイルス感染症の影響による納税猶予制度
https://blog.canpan.info/waki/archive/1208


2020年3月19日
新型コロナウィルス感染症への対応について
(公益法人インフォメーション)
https://www.koeki-info.go.jp/administration/pdf/20200319_corona.pdf


2020年3月19日
新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う公益法人の運営に関するお知らせ
(内閣府公益認定等委員会事務局/大臣官房公益法人行政担当室)
https://www.koeki-info.go.jp/administration/pdf/20200319_houjinunei.pdf
NPO活動に関する参考となる資料(2020年1月分) [2020年01月31日(Fri)]

参考資料となるデータをアーカイブしていきます。
2020年1月分です。

セミナーの中継まとめ
発行:永田賢介(ジン) @gine_joybox
発行日:2020年1月12日、13日
■ 市民社会の力学と哲学@岐阜 #新自由主義対抗戦略
https://togetter.com/li/1454678 
 
■ 市民社会の力学と哲学@岐阜 延長戦 #にゃんぱくと評価
https://togetter.com/li/1454803
 
■ 市民社会の力学と哲学@岐阜 #さよなら共助社会
https://togetter.com/li/1454980


令和2年度文部科学省 予算(案)の発表資料一覧(1月)
発行:文部科学省
発行日:2020年1月16日
https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h31/1412639_00001.htm

令和2年第1回経済財政諮問会議 資料
発行:内閣府
発行日:2020年1月17日
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/0117/agenda.html

第21回休眠預金等活用審議会 議事録
発行:内閣府
発行日:2020年1月17日https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/shingikai/20191220/gijiroku.pdf

令和2年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度
発行:内閣府
発行日:2020年1月20日
https://www5.cao.go.jp/keizai1/mitoshi/2019/r020120mitoshi.pdf

東京栄養サミット2020関係
発行:厚生労働省
発行日:2020年1月22日
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000089299_00001.html

ニュースリリース:第四次産業革命における世界の経営者の意識調査(2020年版)
発行:デロイトトーマツ
発行日:2020年1月21日
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20200121.html

自然災害と復興事業に関する調査(対象:20代〜30代の男女)
発行:JAGフィールド株式会社
発行日:2020年1月30日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000048195.html

住民基本台帳人口移動報告 2019年(令和元年)結果
発行:総務省
発行日:2020年1月29日
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei03_01000083.html

令和元年度学校法人の運営等に関する協議会
発行:文部科学省
発行日:2020年1月28日
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1411620_00002.html

第4回 未来応援ネットワーク事業採択結果について
発行:内閣府
発行日:2020年1月
https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/kikin/pdf/net_kekka4.pdf

「令和2年度税制改正(案)のポイント」(令和2年1月)
発行:財務省
発行日:2020年1月
https://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeiseian20.htm

NPOが押さえておきたい省庁情報(2019/11/25-29) [2019年12月01日(Sun)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2019/11/25-29)

各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。
続きを読む・・・
【重大なお知らせ】NPO法人CANPANセンターの解散について [2019年11月21日(Thu)]

重大なお知らせです。
2019年10月31日をもって、NPO法人CANPANセンターを解散することとなりました。11月20日に解散のための清算の登記が無事法務局で行われました。

これまで当センターの活動にご協力いただいたみなさま、各種サービスをご利用いただいたみなさま、セミナー等にご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

暮らしの美学 (1).png


まずは、CANPANらしく(!?)、SNS・ブログでのご報告とさせていただきます。

なお、CANPANセンターで実施していた事業は以下の通りです。基本的にはそのまま継続されていきます。

【CANPANサイト】
(団体情報データベースやCANPANブログ)
→すでに日本財団に事業譲渡し、日本財団で運営を行っています。

【CANPAN決済サービス】
→新しく設立された(一社)Cheersにすでに事業譲渡し、同法人で運営を行っています。

【CANPANセミナー】
→ガバナンスなどの組織運営に特化した形になりますが、NPOに対するノウハウ提供ということで、非営利組織評価センターで別途セミナーを開催していきます。

【NPO向け情報提供】
→個人的に山田が引き継いで情報収集をして、みなさまに情報提供を行っていきます。

【キフカッション】
【ファンドレイジングスーパースター列伝】
→そもそも山田の個人的な活動では!?という部分がありますので、継続して山田が実施していきます。

★各事業について、ご不明な点などありましたら、山田宛にご相談いただく形でも大丈夫です。

さて、ここで、そもそも「NPO法人CANPANセンターって何?」とか、「山田は今後どうするの?」という疑問があろうかと思いますので、少し補足説明をしておきます。

Q1. NPO法人CANPANセンターとは?

CANPANの各事業を運営するために、日本財団とは別法人として立ち上げたNPO法人です。事務所は、日本財団ビルの中にありました。各事業は日本財団と連携して行うものだったので「日本財団CANPANプロジェクト」という形で実施し、外部への見せ方もそのようにしていたので、NPO法人の存在を知らない方が多いかもしれません。
なお、山田は2015年4月よりこの法人の代表理事を務めていました。かつ、日本財団から転籍出向という形でNPO法人を運営していました。
CANPANセンターそのものは新しいことを実験的にやっていこうということで設立されました。これまでの事業やサービスも実験のフェーズは終えて安定的に運用できるようになったということからCANPANセンターから切り離して適切な別法人で運営していく形になりました。一方で、CANPANセンターとしては一定の役割を終えたということで、社員総会で決議し、解散することになりました。


Q2. CANPANセンターって、どんなステータスになるの?

現在は、清算期間というものになります。新しいことなどは一切しませんが、これまでにお話をいただいていたプロジェクトはその終了まで清算法人としてお付き合いします。とはいえ、そういったものもほぼ来年1月くらいには終了する予定です。その後、2020年3月には清算完了ということで法人そのものがなくなります。


Q3. 山田の今後は?

10月から実質、非営利組織評価センターの仕事に専従することになりました。2016年4月の設立以来、CANPANセンター代表理事と非営利組織評価センター業務執行理事の二足の草鞋でしたが、これからは非営利組織評価センターの仕事がメインになります。ただ、NPOの組織運営のサポートをしていくという点では従来と変わりがありませんので、引き続きNPO・ソーシャルセクターに関わってきます。むしろ、信頼のあるNPOと企業との連携を進めていくことも非営利組織評価センターの役目だと考えていますので、今まで以上にCSRやSDGsの視点で企業の方々とのお仕事も増えていく予定です。
一方で、これまで半分CANPAN、半分個人でやってきたようなこと(キフカッションやファンドレイジングスーパースター列伝、NPO向けの情報提供等)は個人的にそのまま継続していく予定です。
助成金や情報発信、IT活用などのセミナー講師のご要望も、本業に差しさわりのない範囲でお引き受けいたします。
組織運営や組織評価などのセミナー講師については、本業の非営利組織評価センターでばんばん引き受けていきます。

以上ですが、CANPANセンターで実施してきた事業は引受先の団体で変わらず運営されていきますので、今までに以上にご活用していただければ幸いです。

山田個人につきましては、変わらずNPO・ソーシャルセクター界隈にいて、セクターの発展・社会課題解決のために今まで以上に精進して参ります。引き続きご指導・ご鞭撻・ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

※今後のセミナー講師で登壇予定の主催団体のみなさまにおかれまして、山田の肩書はとりあえずそのままでセミナーの中で山田から補足説明するようにいたします。


このお知らせは最初にFacebookの投稿でご案内しました。
その際に、Facebook上で反応がないと寂しいので、以下の通り、ご案内をしたところです。
ーーーー
みなさまからの励ましや応援のコメントがないと寂しいので、あらかじめ「寄付付き投稿」ということを宣言させていただきます。みなさまからいただいコメントやいいね!の数に応じた金額を、CANPAN決済サービスご利用団体の中から適宜選んで寄付をいたします。

@コメントの数(自分の返信を除く)×100円
Aいいねの数
 いいね! ×10円
 超いいね!×30円
 うけるね ×10円
 すごいね ×30円
 悲しいね ×30円
 ひどいね ×ー50円
Bシェアの数
 シェア ×10円
 コメント付きシェア ×100円
ーーーーーー


2019年11月23日(土)19時の時点のコメントやいいね!数に基づき、寄付額を算出しました。

コメント 175件×100円=17,500円
いいね! 837件×10円=8,370円
超いいね! 391件×30円=11,730円
うけるね 0件×10円=0円
すごいね 225件×30円=6,750円
悲しいね 16件×30円=480円(マイナスをプラスにしました) 
ひどいね 0件×ー50円=0円
シェア 18件×30円=540円(新設)
コメント付きシェア 5件×100円=500円(新設)
 計45,870円

みなさまより、多くの暖かいメッセージ、励ましをいただき、誠にありがとうございます。
130円を追加して、46,000円を原資に、CANPAN決済サービス利用団体に寄付をしました。

寄付先団体は以下の16団体になりました。

1.公益財団法人新潟市芸術文化振興財団
https://kessai.canpan.info/org/nc_acpf/

2.社会福祉法人日本聴導犬協会
https://kessai.canpan.info/org/nihon1chodoken/

3.一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
https://kessai.canpan.info/org/afan/

4.特定非営利活動法人しがNPOセンター※
https://kessai.canpan.info/org/shiganpo/

5.特定非営利活動法人アジア失明予防の会
https://kessai.canpan.info/org/apba/

6.特定非営利活動法人道普請人
https://kessai.canpan.info/org/core/

7.公益財団法人関西盲導犬協会
https://kessai.canpan.info/org/kgdba/

8.一般社団法人タウンスペースWAKWAK
https://kessai.canpan.info/org/wakwak/

9.公益財団法人交通文化振興財団※
https://kessai.canpan.info/org/tcpf/

10.特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ
https://kessai.canpan.info/org/niji_dai/

11.特定非営利活動法人箕面こどもの森学園
https://kessai.canpan.info/org/kodomonomori/

12.認定NPO法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター
https://kessai.canpan.info/org/ovsac/

13.eトコ・プロジェクト
https://kessai.canpan.info/org/etoko/ 

14.特定非営利活動法人Homedoor 
https://kessai.canpan.info/org/homedoor/

15.公益財団法人日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団 
https://kessai.canpan.info/org/hospat/

16.社会福祉法人わたぼうしの会(Good Job!センター)https://kessai.canpan.info/org/tanpopo_no_ye/

各団体3000円ずつ、寄付をしました。
(※の2団体は口数の関係で2000円となっています)
Vol.473【ファンドレイジングスーパースター列伝】伊勢湾台風の義援金(日本) [2019年09月30日(Mon)]

伊勢湾台風

伊勢湾台風(いせわんたいふう、昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ/Vera)は、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風である。伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれることとなった。
ーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)


伊勢湾台風から今年は60年となります。
どのような災害だったのか、Wikipediaから抜粋しました。

『全国被害状況集計において、犠牲者5,098人(死者4,697人、行方不明者401人)、うち愛知県で3,351人(うち名古屋市1,909人)、三重県1,211人[注 3]と、伊勢湾岸の2県に集中した。負傷者は3万8,921人。

全壊家屋3万6,135棟、半壊家屋11万3,052棟、流失家屋4,704棟、床上浸水15万7,858棟、船舶被害1万3,759隻。

被災者数は全国で約153万人に及んだ。うち、三重県は約32万人、愛知県は約79万人と、県全人口の約2割が被災した。

南寄りの暴風で、海水が熊野灘・伊勢湾・三河湾の最奥部に吹き寄せられ、和歌山県南部から愛知県までの広い範囲で高潮による浸水が発生し、名古屋市南区付近では、1か月以上も水が引かなかった地域があった。』


寄付についても、こんなエピソードがありました。
「アメリカの女優、シャーリー・マクレーンは夫のスティーブ・パーカーとともにアメリカ国内で当時の2万ドルを集め、朝日新聞厚生文化事業団に寄託。このお金で同事業団が東海3県で被災に遭った47校(愛知県内30、三重県内15、岐阜県内2)にピアノを贈呈した。」



この伊勢湾台風の義援金について、山田の知り合いの愛知県在住の後藤さんがFacebookで投稿されていた「伊勢湾台風の記事を通じて、昭和30年代の寄付文化を垣間見る」という記事を拝見して、勉強させてもらいました。引用させてもらいます。

伊勢湾台風新聞資料展(蟹江町図書館)
http://www.town.kanie.aichi.jp/soshiki/19/garelly.html

『最近ではお見かけしないような商品や会社の広告欄に、「本欄広告主より被災者に義捐金品が贈られます!」や、別の新聞では、「本欄広告主の御厚意により、広告料金の一部を被災者に贈る事と致します」とか、「海外の交響楽団がチャリティーで台風被災者のために特別講演を行ってその出演料を新聞社に寄託して被災者に」とあったりと、今では当たり前になってきていますが、戦後すぐにこんなことがもう地元ではされていて、私が寄付や資金調達を一応まがりなりに勉強してきたはずなのですが、本当に知らないことばかりで、ただただ驚きの連続で興奮していました!』

『それから日本人は「隠匿の美」を重んじるから、匿名でさらっとお金だけ出すと聞いたことがあるのですが、新聞に掲載してあった募金や寄付者のところには住所(市町村)と名前もフルネームで載っており、ある意味、私が習ったことは平均的にその時代がそうだったということと、東海地方は工業立国なので、歴史的にこういった人にやさしいことなんてしない地域だとずっと思っていたのですが、実際は地元で昔からあった寄付のかたちを発見できたことが私はとてもうれしく、まるでお宝を発見した子どもみたいになってました!』

後藤さんの承諾をいただいて、新聞の写真も掲載させていだきます。

70910550_2447420402001342_8173125990361333760_o.jpg


70827018_2447422772001105_7752121592221532160_o.jpg70860777_2447422702001112_5161801548711329792_o.jpg70493558_2447422628667786_5424810120259305472_n.jpg


とても勉強になりますね。
後藤さん、ありがとうございます。

Wikipedia:伊勢湾台風
【開催案内】2019年10月志的勉強会『NPO法人のガバナンス』(NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN)2019年10月21日(月)夜・東京 [2019年09月18日(Wed)]

みなさん、こんにちは。
NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN共催の10月志的勉強会のご案内です。
NPOのための弁護士ネットワークは、2013年からNPOの理事・職員、中間支援団体、士業などの専門家、NPOとの協働に興味のある企業、プロボノなどの多様な立場の方々と共に、NPOの運営に関する法的課題とその解決方法の検討や事例・書式等の共有を目的とした勉強会を定期的に開催しています。

NPO法人の ガバナンス.png

社会課題の解決に対する真摯な思いを持って活動しているNPOが多い一方で、NPO法人の不祥事のニュースに触れる機会が多くなっています。NPO法人は比較的自由な機関設計が認められていますが、これは、情報公開を通じて広く市民が監視をすることにより、NPO法人が自主的に是正を行うことが期待されていることによるものです。しかしながら、どのように機関設計をして、不祥事を未然に防ぎ、またどのような自浄作用を働かせる仕組みを作ればよいか悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の勉強会では、NPOのための弁護士ネットワークに所属する金山卓晴弁護士が、不明朗な会計により問題となった山田町NPO損害賠償請求訴訟の裁判例をもとに、NPOの役員等の責任やNPOのガバナンスの構築に関する問題点等についてお話しします。また、(一財)非営利組織評価センター業務執行理事山田泰久氏から、同センターが実施している組織評価の概要と実施している組織評価でNPOによくみられる特長・注意点をお話しいただきます。そして、NPOを運営している方や中間支援の立場でNPOの運営に関する助言やサポートを行っている方には、実務上の問題点などを共有していただきながら、皆さんとともに検討し、参加者の方々が、それぞれガバナンスについて見直す機会にできればと考えています。

NPOの運営に関与されている方以外にも、ご関心をお持ちの方々など、皆様のご参加をお待ちしております。

NPOのための弁護士ネットワーク×CANPAN
2019年10月志的勉強会
『NPO法人のガバナンス』


日 時 2019年10月21日(月)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所 日本財団ビル2階第3・4会議室
参加費 2,000円(事前決済・キャンセル不可)
懇親会 勉強会終了後に懇親会を予定しています。
    (参加申込み・参加費は、勉強会当日になります。)
定 員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
主 催 NPOのための弁護士ネットワーク/日本財団CANPANプロジェクト
共 催 (一社)Cheers

★★★お申込み★★★
https://npolawnet20191021.peatix.com/
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください

<発表者>
山田泰久氏
((一財)非営利組織評価センター 業務執行理事)
金山卓晴氏
(弁護士・NPOのための弁護士ネットワーク)

<内容>
18:45 受付開始 受付で名刺を1枚お渡しください。
19:00 冒頭挨拶、配布物確認
19:15 発表
20:15 質疑応答

※勉強会終了後に会場近くで懇親会を予定しています
(参加申込みは、勉強会当日になります。)


<参加申し込み>
https://npolawnet20191021.peatix.com/
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は、10月21日(月)15時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、10月20日(日)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催・共催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)、NPOのための弁護士ネットワーク、(一社)Cheersで実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く


【お問合せ先】
問合せ先:NPOのための弁護士ネットワーク
npoben.net@gmail.com (←@を半角にしてください)
※お問合せはメールでお願いします。
【情報共有】台風15号によって被害を受けたNPO・福祉施設 [2019年09月10日(Tue)]

今回の台風15号によって、台風による直接的な被害の他、千葉県内の停電によって大きな被害が出ている団体もあります。
たまたまSNSの投稿を見た団体だけになっていますが、情報をまとめました。
今後、寄付等の支援が出来ると思いますので、共有いたします。

2019年8月九州北部大雨 参考情報・救援活動・ 寄付募集等 日本財団CANPAN調べ (1).png

◎NPO法人Alon Alon

ニュースにもなっておりますが、台風15号が千葉県君津市の鉄塔を倒した影響で昨日未明から大規模停電中です

残念ながらAlonAlonオーキッドガーデンの約5000株の胡蝶蘭苗は全滅いたしました(群馬県太田市の農園は稼働しておりますのでお花のご注文には全て対応しております)

「なんで自家発電機を導入しなかったんだ」悔しくてなりません
自分の思慮の足りなさを痛感いたしました
そして100年に1度の天災が毎年起こる世界に生きていることを思い知らされました

本日からAlonAlonオーキッドガーデン富津の復旧への挑戦を始めます
応援して頂ければ幸いです
https://www.alon-alon.org/
お花のご注文、バタフライサポーターの募集はいつも通り受け付けております
何卒宜しくお願い申し上げます
(9/10 Facebookの投稿より)
https://www.facebook.com/kyonan.alonalon/posts/2375497395832453


◎社会福祉法人 日本介助犬福祉協会
昨日の深夜2時に停電になったまま、17:08現在も停電中。困りました。犬たちのご飯は冷凍なので解凍になってしまいました。もちろん冷房も使用できません。東京電力さん、助けてください。
(9/9 Facebookの投稿より)
https://www.facebook.com/kaijoken/posts/2708878965789464
【緊急開催!】CANPANから見るNPOの情報発信・情報開示の歩み(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年9月27日(金)夜・東京 [2019年09月09日(Mon)]

今回のCANPANセミナーはCANPANサイトの目的である「NPOの情報発信・情報開示」をテーマに開催します。本セミナーは急遽企画したものですが、とても貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

CANPANから見るNPOの情報発信・情報開示の歩み.png

2005年6月に開設した公益コミュニティサイト「CANPAN」の立ち上げ期からサポートをいただいている川北秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所])と、CANPANセンター理事でもある久米信行さん(久米繊維工業(株)取締役相談役)をゲストにお迎えして、CANPAN山田とともに「NPOの情報発信・情報開示」テーマにした講演&トークセッションを開催します。
川北さんにはNPOマネジメントやCSR支援の先駆者の立場で、久米さんにはSNSやICTを活用した情報発信の先駆者の立場で、山田からはCANPANの運営者の立場でNPOの情報発信や情報開示のこれまでの歩みや、これからの方向性について語ります。
後半では、川北さん、久米さん、山田の三人によるトークセッションから、参加者のみなさんを交えたディスカッションと展開します。

NPO法施行21年目の今年、あらためて、NPOの情報発信・情報開示の進化と進化を捉え、その意義や役割を考え抜く2時間半の特別セッションです。情報発信・情報開示の視点からCANPANの運営に多大な示唆をいただいてきた川北さん、久米さんのお二人のトークセッションはとても貴重な機会です。
ぜひ、ご参加ください。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
CANPANから見るNPOの情報発信・情報開示の歩み


日 時:2019年9月27日(金)18:30〜21:00(開場18:15)
場 所:日本財団ビル2階会議室1-4
対 象:テーマに興味関心のある方ならどなたでも
定 員:50名
参加費:無料(要事前申込)
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
http://canpan20190927.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。


<内容>
川北さん、久米さん、山田より、以下のテーマを切り口に講演やトークセッションを展開していきます。
1.CANPANというプラットフォームによる情報発信・情報開示
 山田泰久(CANPANセンター代表理事)

2.SNS発信からCSV型協働へ
 久米信行さん(久米繊維工業(株)取締役相談役/CANPANセンター理事)

3.NPOの情報開示・情報発信の進化と深化
 川北秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表)

前半は講演をメインに、後半は3人によるトークセッションから、参加者のみなさんからの質問を受けつつ、ディスカッションを深めていきたいと思います。


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20190927.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・事前参加申込は9月27日(金)15時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・必ず事前お申し込みください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。
個人情報の取り扱いについては、CANPANセンターの個人情報保護方針に基づき、セミナーの参加申込者のみなさまの個人情報(お名前、メールアドレスなどの個人を特定できる情報)を尊重すべき重要なものと位置付け、厳重に管理するとともに、その取り扱いには最大限の注意を払うよう努めております。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00〜18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催案内】資金提供者の社会的インパクト・マネジメント・セミナー 2019年9月26日(木)午後・東京 [2019年09月07日(Sat)]

CANPANも事務局の一員として関わっています、社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブで、次のようなセミナーが開催されます。

資金提供者の社会的インパクト・マネジメント・セミナー.png

世界に類を⾒ない急速な⼈⼝減少・⾼齢化が進展する中、社会的課題がますます多様化・複雑化しており、従来の⾏政中⼼の取組だけでは対応に限界があるといえます。それら社会的課題解決の担い⼿であるNPO/NGOやソーシャルビジネス等が、⾃らの⽣み出す「社会的な価値」=「社会的インパクト」を可視化することで、資⾦のみならず、意欲や知識・技術を有する⼈材等の資源を呼び込み、課題解決のための新たなイノベーションを⾏う必要があります。
⽇本において社会的インパクトについて、そのマネジメント・サイクルや事業評価を推進するために、社会的インパクトに関するマネジメントや評価の現状や課題、将来⽬指す姿やそれに向けた取組などについて議論し、実⾏を主導するプラットフォームとして、2016年6⽉に社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブが設⽴されました。
そして、2018年6月、社会的インパクト評価イニシアチブは社会的インパクトの向上に向けた行動のあり方を示した「社会的インパクト志向原則」や、事業運営をする上での枠組み・指針を示した「社会的インパクト・マネジメント・フレームワーク Ver.1」を発表しました。
今回のセミナーでは、社会的インパクト志向に基づく評価や事業づくり(マネジメント)に興味関心を持っている金融機関や助成財団等の資金提供者様を対象に開催します。前半では社会的インパクトの概念や、そのマネジメントや評価の考え方や活用について基本的な理解を深めるための内容で解説いたします。また、後半では、社会的インパクト・マネジメントの事例紹介として、新生企業投資のインパクト投資ファンド等の事例をご紹介いたします。
あらためて、社会的インパクトや事業評価、マネジメントサイクルについて理解を深めたい方にぜひご参加いただきたいセミナーです。

資金提供者の社会的インパクト・マネジメント・セミナー

日 時:2019年9月26日(木)13:00〜15:00(開場12:45)
場 所:日本財団ビル2階会議室3
対 象:社会的インパクト・マネジメントや事業評価に興味関心がある資金提供者
    (助成財団、金融機関、助成プログラムを実施している企業や行政関係者等)
    ※資金提供者の参加を優先します。対象外の方はご参加できませんので、あらかじめご了承ください。
定 員:25名(要事前申し込み)
参加費:無料
主 催:社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)
    http://www.impactmeasurement.jp/
共 催:日本財団CANPANプロジェクト
協 力:一般財団法人社会的投資財団


<スケジュール>
13:00 オープニング 
・社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)の紹介
・社会的インパクト評価・マネジメントとは

13:30 事例共有
・新生企業投資インパクト投資ファンド
・検討中

14:00 パネルディスカッション
・インパクトマネジメントを行う意義や課題について

14:30 質疑応答

14:50 クロージング

15:00 終了

【モデレーター】
◎幸地 正樹
ケイスリー株式会社 代表取締役CEO
大学卒業後、PwCコンサルティング合同会社へ入社。主に行政に対する戦略策定、予算評価や事業者評価、PMO等支援業務に10年従事。SIB等の成果連動型委託契約や社会的インパクト・マネジメントなど、成果向上に向けた手法の研究・導入支援を行うケイスリー株式会社を2016年に創業。
琉球大学非常勤講師、IMP(Impact Management Project)戦略パートナー、GSG(Global Social Impact Investment Steering Group)国内諮問委員会事務局、社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ共同事務局。

【事例紹介・パネリストプロフィール】
◎新生企業投資:高塚 清佳様
慶応義塾大学経済学部卒、ベルグラーノ大学国際政治経済修士課程。在日アルゼンチン大使館経済商務部勤務を経て、2004年より新生債権回収にてNPL回収の企画・運営。2005年よりドイツにて、新生銀行とドイツ2行とのJVサービサー設立。2007年より証券化組成、海外不動産ノンリコースローン、ベンチャー投資、PE・REファンド投資、オフショア子会社の取締役。2017年1月インパクト投資チーム設立。2019年6月、子育て・介護・新しい働き方関連事業へインパクト投資を行う日本インパクト投資2号ファンドを設立。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」受賞。


<参考サイト>
社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ
http://www.impactmeasurement.jp/

社会的インパクト志向原則
http://www.impactmeasurement.jp/wp/wp-content/themes/impact/pdf/SIMI_Impact%20Oriented%20Principle.pdf

社会的インパクト・マネジメント・ガイドライン Ver.1 が公開されました
http://www.impactmeasurement.jp/news/impact-management-guideline-ver1/

社会的インパクト・マネジメントフレームワーク Ver. 1.1が公開されました
http://www.impactmeasurement.jp/news/impact-management-framework-ver1-1/

概説「インパクト・マネジメント・サイクルにおける4つのステージ」を公開しました
http://www.impactmeasurement.jp/news/impact-management-cycle-outline/

<参加申し込み>
https://simi20190926.peatix.com/
・お申し込みはお一人ずつお願いいたします。
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・事前参加申込は2019年9月26日(木)9時 に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・必ず事前申込を行ってください。

<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 事務局
E-mail: info@impactmeasurement.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催報告】トヨタ財団『2019年度国内助成プログラム』公募説明会(トヨタ財団×日本財団CANPANセミナー)2019年9月6日(金)夜・東京 [2019年09月06日(Fri)]

今回のCANPANセミナーは、毎年恒例のトヨタ財団との共催プログラムでした。

1AFB2ECD-EE06-4C20-A9BF-0A9B1AA94207.jpeg

トヨタ財団では、7月1日(月)に2019年度国内助成プログラム「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―」の公募を開始しました。
国内助成プログラムでは、高齢化や人口変動に伴う問題、および多様な背景を持つ人々が安心、安全に暮らせる環境の実現といった視点からコミュニティの持続可能性に対する問題意識を強く持ち、上記のテーマで助成を実施しています。
具体の助成カテゴリーは、地域や人々を取り巻く環境や生じている課題を明らかにして事業戦略の立案までに取り組む“調査活動”を対象とする「しらべる助成」と、多様な主体が参加して地域の課題解決の仕組みづくりや未来の担い手育成に取り組む“事業”を対象とする「そだてる助成」です。

今回開催する公募説明会では、「しらべる助成」および「そだてる助成」の趣旨や助成の仕組みと共に、トヨタ財団としてこれらの助成を通じて何を期待しているかをお伝え致しました。
また、説明会の後半では、実際に助成を受けてプロジェクトに取り組まれた2つの団体から事例報告をいただき、どのようなコミュニティの姿を描き、その実現に向けて何に取り組み、その結果として地域やステークホルダーに生じた変化や得られた知見などについて共有いただきました。

→募集要項等は、以下のページをご覧ください。
https://www.toyotafound.or.jp/community/2019/

トヨタ財団×日本財団CANPANセミナー 
トヨタ財団『2019年度国内助成プログラム』公募説明会


日 時:2019年9月6日(金) 18:30〜21:00
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対 象:トヨタ財団「2019年度国内助成プログラム」に応募を検討しているNPOや
    地域活動団体、研究者等
参加者:76名
主 催:公益財団法人トヨタ財団
    日本財団CANPANプロジェクト


<プログラム>
18:30 オープニング
 ・趣旨説明、CANPANの紹介(5分)
 ・トヨタ財団の紹介(5分)

18:40 2019年度国内助成プログラムの公募説明

<トヨタ財団「国内助成プログラム」の概要>
テーマ:
未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―

趣旨:
トヨタ財団の国内助成プログラムでは、今年度は「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―」をテーマとして公募を実施します。
助成カテゴリーは昨年度と同様で、地域の実態を明らかにする調査およびその結果を踏まえた事業戦略の立案に取り組む「しらべる助成」と、多様な主体と共に地域の課題解決の仕組みづくりやその担い手の育成に取り組む「そだてる助成」で公募を実施します。
併せて、過去(2009年度〜)に「国内助成プログラム」の助成を受けたプロジェクトが、その成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む「発信・提言助成」を非公募で実施します。
日本社会が直面する課題を乗り越え、さらにはその在り方を問い直して新しい価値の提案や創造につながるような先駆性や躍動感ある営みが、全国各地で展開されることを期待しています。
http://www.toyotafound.or.jp/community/2019/

35C14C0B-42B5-42A5-BBF9-F6C358059D62.jpeg



19:10 助成事例報告@(「しらべる助成」助成対象)
団体名: インクルラボ(登壇者: 代表 高橋聖子氏)
事業名: 地域防災における多様性の主流化 ―災害時、誰一人取り残されない防災へ
助成年度: 2018年度(助成期間: 2019.4〜2020.3 ※助成期間中)
助成金額: 100万円
助成概要:
江戸川区において、若者や女性、障害当事者など多様な担い手が参画し、多様な視点を取り入れた防災体制が構築されるとともに、障害当事者や高齢者、こども等の災害時要援護者に対する江戸川区内の支援者ネットワークが形成され、平常時における情報共有および災害時における支援の連携が効果的になされることを目的として、適切な戦略を策定するために必要なデータ収集とステークホルダー連携の土台づくりに取り組む。
トヨタ財団ウェブサイト公表データ:
http://toyotafound.force.com/psearch/JoseiDetail?name=D18-LR-0071

6D7D85F1-E0FA-44B5-B713-A70C4B2AA588.jpeg



19:25 助成事例報告A(「そだてる助成」助成対象)※同上
団体名: NPO法人CRファクトリー(登壇者: 理事 五井渕利明氏)
事業名: 地域の通いの場の担い手育成 ―松戸の介護予防を促進するコミュニティの力
助成年度: 2016年度(助成期間: 2017.4〜2019.3)
助成金額: 530万円
助成概要:
介護予防に直結する地域の通いの場(コミュニティ)を創発・活性化できる担い手を育成し、担い手のネットワークを作ることで継続的な地域の支え合いの仕組みを作ること、またその成果を数値的に検証し政策につなげることを目的とし、実態調査や啓発フォーラム、担い手育成等のハンズオン支援、松戸市への政策提言などを通じて、コミュニティの働きによる介護予防への成果につなげる。
トヨタ財団ウェブサイト公表データ:
http://toyotafound.force.com/psearch/JoseiDetail?name=D16-L-0149

1F428D55-8B1F-4512-8A91-2E96FBED7089.jpeg




19:40 ミニパネルディスカッション&質疑応答
    (助成を振り返っての感想やトヨタ財団の助成の特徴など)

5B412DD8-EE86-4721-8A24-41B5609B5C87.jpeg

20:30 クロージング&個別相談の説明

21:00 終了


【参加者の感想シート】


| 次へ