CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«寄付カレンダー:9月11日 世界自然保護基金(WWF)の設立(1961年) | Main | 寄付カレンダー:9月12日 マラソンの日»
プロフィール

JCNE・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催報告】ギビングクラブVol.02「寄付した後に」 2021年9月7日(火)夜 [2021年09月11日(Sat)]

2回目のギビングクラブは9名の寄付する人にご参加いただき、開催しました。
テーマは「寄付した後」にということで、参加者のみなさんで寄付した後の様子をシェアしました。寄付する動機もいろいろなら、寄付した後の様子もいろいろでした。
他の方の寄付行動について知る機会は少ないので、貴重で興味深い一夜になりました。


ギビングクラブVol.02「寄付した後に」

日 時:2021年9月7日(火)19:00〜20:30(開場18:50)
場 所:Zoom(オンライン)
対 象:寄付をしている人限定
参加者:9名

ギビングクラブ (3).png

はじめに、トークセッションとして、参加者の林田さんに、所属しているデザイン会社の寄付ポリシーについてお話しをお伺いしました。
寄付を行う時に寄付先の団体の意向を尊重すること、寄付をしても団体の負担にならないようにすることというお話は、寄付者としてのあり方を考えるきっかけになりました。よき話題提供になりました。

次に、参加者のみなさんで自己紹介タイムです。はじめての寄付や思い出の寄付、印象に残っている寄付などを交えながら自己紹介をしていただきました。
メインのディスカッションは「寄付した後に」をテーマにみなさんの体験談やお考えをお伺いしました。寄付をした後にしていること、心掛けていること、寄付した後に団体に期待していること、よかったこと、がっかりしたことなど。


今回もいろんな気づきを得ました。ギビングクラブは、寄付に関するたくさんのトピックスが集まります。まさに、キラキラと光る、魅力的な寄付の断片を採集する場となりました。今回もステキなコレクションがいっぱい溜まりました。

・寄付する時はなるべく活動に参加してから
・報告会に参加すると次の寄付のお願いがあるのはちょっと・・・
・寄付した団体のSNSをフォロー、何かあればSNSを積極的にシェア
・まだ小規模な団体を応援したいので、団体が成長すると卒業
・数多くサポートしているので報告までは気が回らない
・寄付する人と寄付を受ける側の橋渡し
・寄付してくれた人に寄付を意識してくれるような仕掛け
・以前してくれた寄付に対する恩返しの寄付
・報告を求めない寄付
・報告書のいるいらない問題
・寄付者も現場への負担を考える
・団体が育っていくと気持ちが変わってしまう
・寄付をしたあとは、関心薄くなることも
・寄付者は意外とその後を追ってない人も、じっくり見ている人もいる
・寄付した後の温度感
・寄付を辞める時
・スマホで見やすい報告書
・寄付することの楽しさが上品に凝縮された「寄付者の嗜み」
・寄付をしただけでは社会とつながらない、寄付をした後にコミュニケーションがあって社会性が発揮される
・寄付を頼まれて行っていると、年間で結構な額になることを確定申告の際に知る
・地域では歩いて回って寄付を集めると結構な金額になることもある
・背中を後押しする寄付
・災害があった時に、たまたまサイトでチェックした団体が災害救援の寄付を集めていて寄付、タイミングの寄付
・ブックカバーチャレンジにあわせて、その本の内容に関連した団体に寄付
・寄付の魅力、可能性を感じ、寄付に関する取り組みを始める
・寄付ソムリエ
・寄付者に対する報告書を読む会を開催する団体もある


主宰者である山田の感想もご紹介します。

『十人十色の寄付スタイル』
寄付する人の行動は必ずしも寄付者の代表的な行動ではない。
寄付する前、寄付した時、寄付した後と、寄付のプロセスごとの寄付スタイルがある。寄付という行為の断片を集めていくギビングクラブ。
人それぞれの寄付スタイルがある。ただ、しっかり考えてその寄付スタイルになっているわけではない。他の人の寄付スタイルを聞く機会はない。他の人の寄付スタイルを知ることで、自分の寄付スタイルも進化できる。
寄付する人の行動は必ずしも寄付者の代表的な行動ではない。
他の人の寄付スタイルを知ることで、自分の寄付スタイルも進化できる。


最後に、ギビングクラブでいろいろ寄付のお話しをお聞きしての寄付に関する雑感です。
寄付、もしくは寄付先との距離感。寄付だけを抽出して話しを聞くと、すごく距離感が近い気がしてしまうが、実際は日常の中で寄付について考える機会や時間はあまりない。寄付との距離感というのは、これから寄付を考える際のヒントになるのえは。
寄付は何かの代替。必ずしも支援することが目的ではないこともある。そもそも、その団体を応援していて、寄付は様々な支援方法の一つ。この場合、寄付は手段。一方で、自分の頑張りの目標にする(アスリートなど)、うしろめたさから寄付する人もいる。


また寄付の断片を採集できるギビングクラブ、次も楽しみです。

ギビングクラブVol.03
「クラウドファンディング・ナイト」

日 時:2021年10月5日(火)19:00〜20:30(開場18:50)
https://jcne20211005.peatix.com/
コメントする
コメント