• もっと見る

«【ファンドレイジングスーパースター列伝】Vol.63 株式会社ディ・エフ・エフ(DFF)(日本) | Main | NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/2/2-2018/3/1»
プロフィール

JCNE・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
今週の助成金情報(2018年3月4日) [2018年03月05日(Mon)]

2018年2月24日から2018年3月4日のCANPAN助成制度データベース更新した助成金情報です。

【CANPAN助成制度データベース】
http://fields.canpan.info/grant/

今週は計15個の助成プログラムを掲載しています。
掲載した助成プログラムには、地域・文化・福祉・復興支援・環境・子どもなど他分野掲載していますので、ぜひご活用ください。
【復興支援・地域】
「被災者支援コーディネート事業」の平成30年度募集

復興庁
2018年2月28日〜2018年3月19日
・被災者を取り巻く生活環境が変化する中で、被災者が安定的な日常生活を営むことができるように
・被災者の円滑な住宅・生活再建の支援、心身のケア、生きがいづくりによる「心の復興」やコミュニティ形成の促進等
・各地域の復興の進展に伴う課題に対応した支援活動の実施に必要な施策を総合的に支援する

【福祉・地域】
平成30年度社会福祉推進事業の募集について(1次(重点テーマ分))

厚生労働省
2018年3月1日〜2018年3月16日
・地域社会における今日的課題に対する先駆的・試行的取組等に対する支援
・社会福祉の発展、改善等に寄与することを目的とする
・生活保護受給者の稼働能力判定支援ツールの開発に関する調査研究事業等

【個人・団体支援】
第14回投資・協働先募集

(特)ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)
2018年2月27日〜2018年3月31日
・最大 2 年間。投資・協働契約は 1 年毎とし、1 年目終了時に、再投資委員会において SVP東京との協働活動の成果をレビューする
・ SVP東京のパートナーが拠出した資金をもとに、パートナーの共感に応じた額の運営資金を提供する
・SVP東京やパートナーの持つネットワークを活用して、共感する個人・団体とのつながりや新しい事業の展開を生み出す

【福祉】
2018年度(第48回)毎日社会福祉顕彰

(公財)毎日新聞社会事業団
2018年3月1日〜2018年5月31日
・社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野について優れた研究論文・資料を作成した個人または団体
・社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野で、独創的な科学技術、プロセスを導入し、効果をあげた個人または団体
・社会福祉施設の改善、整備、あるいは福祉活動についての指導、育成養護などの実務面において、独創的な発想、創意、工夫を取り入れ、業績をあげた個人または団体

【環境・教育】
公益信託富士フイルム・グリーンファンド

公益信託富士フイルム・グリーンファンド/(一財)自然環境研究センター)
2018年3月1日〜2018年5月7日
・活動助成は、身近な自然の保全や、自然とのふれあいを積極的に行っている人々に対し助成を行う
・活動助成=自然環境保全もしくは自然とのふれあい活動
・「身近な自然」の対象範囲=地域の里地や緑地、及び学校の樹林等を最小限のスケール

【福祉】
第16回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(平成30年度)

(公財)みずほ教育福祉財団
2018年2月1日〜2018年5月下旬
・高齢者を対象とした福祉活動を支援
・高齢者向けに配食サービスを行っている民間グループに対し、配食用小型電気自動車(愛称:みずほ号)の寄贈を行う
・寄贈が決定したグループには、助成金にて指定業者から車両を購入して頂く

【福祉・地域】
第35回(平成30年度)老後を豊かにするボランティア活動資金

(公財)みずほ教育福祉財団
2018年2月1日〜2018年5月25日
・高齢者を対象とした生活支援サービス
・高齢者による、地域環境改善等につながる活動
・高齢者と多世代との交流を図る活動

【科学】
女子中高生の理系進路選択支援プログラム

(独法)科学技術振興機構(JST)
2018年2月23日〜2018年3月23日
・進路意識の醸成を図ることにより、理系分野への進路選択を視野に入れる生徒が増加する取り組みを実施
・女子中高生、保護者と教員対象の取り組みを行ってください。
・女性研究者・技術者または女子学生を所属させ、科学技術に関する研究・開発または教育を行っている機関

【環境・子ども】
2018年度自然体験活動支援事業「第16回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」

(公財)安藤スポーツ・食文化振興財団
2018年2月1日〜2018年5月17日
・「自然体験活動は子どもたちの体力だけでなく、おもいやりの心や創造力、チャレンジ精神を育む」との考えに基づき
・国の学校や団体から自然体験活動の企画を公募、その実施を支援し、優秀な活動団体を表彰
・その内容をホームページで公開することにより、自然体験活動を広く推進するためにおこなっている事業

【文化・芸術】
日本の伝統文化の維持・向上への助成

ポーラ伝統文化振興財団
2018年2月3日〜2018年3月31日
・伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能及び行事など
・日本の無形の文化財の記録や研究、保存・伝承活動において、有効な成果が期待できる事業に対し補助的な援助を行う
・個人、団体のいずれも申請することができます。(但し、一個人、一団体につき一件の申請に限ります)

【環境】
子供たちの環境学習活動に対する助成事業

(公財)高原環境振興財団
2018年2月26日〜2018年5月11日
・日本国内の保育園、幼稚園、小学校、および NPO 法人等の地域活動団体
・申請者が小学生以下の子供を対象に行う、緑化や自然体験などの環境保全に関する体験・学習活動
・事業は平成 29 年 7 月 1 日から平成 30 年 3 月 15 日までの間に実施・完了するものであること

【環境】
緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業

(公財)高原環境振興財団
2018年2月26日〜2018年5月11日
・日本国内に所在する法人、地域活動団体
・環境の悪化防止と再生を目指して緑化を推進することにより、ヒートアイランド対策の一環となることを目的に行う
・事業は平成 30 年 7 月 1 日から平成 31 年 3 月 15 日までの間に実施・完了するものであること

【ボランティア・防災・地域】
「砂防ボランティア基金」 平成30年度助成事業

(一財)砂防フロンティア整備推進機構
2018年1月1日〜2018年3月31日
・砂防ボランティア団体等が、土砂災害被災地域において実施するボランティア活動に対する助成
・砂防ボランティア団体等が実施する砂防行政への支援活動に対する助成
・砂防ボランティア団体等が実施する地域に根ざした防災活動等に対する助成

【教育】
一般財団法人みらいRITA 第2回助成金募集

みらいRITA
2018年3月1日〜2018年3月31日
・持続可能な未来を作るための意識の啓発や、次世代教育に関わるプロジェクトに対する助成を行う
・応募団体が自ら実施する事業であること
・特定非営利活動法人、公益法人については書類の提出、運営に関して法令が遵守されていること

【子ども・福祉・復興支援・教育】
2018年度(第16回)ドコモ市民活動団体助成事業

モバイル・コミュニケーション・ファンド
2018年2月26日〜2018年3月31日
・不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動
・児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒や社会的養護を必要とする子どもの支援、及び虐待防止啓発活動
・子どもの居場所づくり
Posted by 藤川 幸子 at 17:26 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント