CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

https://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
iPodのバッテリーを交換するの巻 [2010年03月17日(Wed)]
iPadで世の中かまびすしい中、iPodの話で恐縮です落ち込み

我が家には古い(と言っても第三世代から)iPodを含め、nanoとか合わせるとすでに6台もあって、耳の穴も二つしかないわけだし、もう要らないんじゃないか説が。。。

昔のは容量も少なくて家にある全てのCDを入れることは叶わず、新しい大容量のiPodが出る度に買っていた。

でも、今の最新のモデルは160GBも容量があって、高音質にがむしゃらにこだわらなければ、あとしばらくはいくらCDを追加しても対応できそうだし、バッテリーの持ちもぐっと良くなった。(iPod Classicの話)

なので、もうしばらくは買い足す必要はないだろうということなのだけども、じゃあ古いのはどうしようということで、風呂用とか、車載用とか、リビング用とか、ジョギング用とか、とりあえず無駄にしないように使っている。

でも、最近、このうちの二台が揃って調子が悪くなった。

しかも、その内の一台は、どうもハードディスクが壊れたような・・・困った
そこで、昔、一度やったiPodのバッテリー交換をしてみることに電球

このiPodのバッテリーは、昔はアキバなどに行かないと買えなかったが、最近はアマゾンでも売っているのでびっくり。

これを買い、さっそくiPodをバラす。

添付の解説書では全く不親切なので、参考にさせてもらったのは、

------------------------------------------------------------
やっぱリンゴでしょ
http://www.ipodism.org/archives/50054232.html
------------------------------------------------------------
GigaZiNE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070214_ipodhowtovideo/
------------------------------------------------------------

の二つのサイト。
とても丁寧でわかりやすい。

ただ、自分のiPodの状態にもよるので、この方法だけでうまくいくとは限らないのが難点。
そこは少し応用が必要だけど、DIYが好きな人は特に問題がないレベル。

作業で一番めんどいのは、何と言ってもiPodを開ける作業。

私の場合は、時計修理などに使う精密ドライバーのマイナスを使う。
バッテリーにはプラスチックのオープンツールも付属しているが、樹脂がやわらか過ぎてほとんど役に立たない。

作業時間は一個あたり10分くらい。
で、結果としては、なんとなく電源的な不具合のiPodはもとより、ハードディスクが昇天したと思われたiPodも直った!まる

以前、画面が変になってしまった時に、アップルに修理を依頼したら「2万8千円で新品と交換します。」という、「は???」ということを言われ、頭にきたので、保証対象外になるのを承知でバラして直したこともあるが、あの保証制度はなんとかならないのだろうか。

開けてみると東芝のハードディスクが入っていたり、けっこう面白い(笑)


バッテリー交換を終えて、復活したiPodくん
ニューヨークバーガー 次は??? [2010年02月10日(Wed)]
売り上げも利益も増収増益のマクドナルドのテキサスバーガーに続く次なる展開は、「ニューヨークバーガー」食パン

さっそく試食に臨むクジラ


見た目はこんな感じで、作った人が下手なのか、かなり崩れていて決して美味そうではない・・・困った



で、ひっくり返すと、パティが大きすぎてパンからはみ出している(笑)
このあたり、かなり豪快でなかなか面白い笑い
考えてみるとアメリカのハンバーガー屋さんで作ってくれるハンバーガーも形は酷いものだ(笑)



中はこんな感じ。チーズも大きい。粒入りマスタードの量が多め。

味のほうは、マスタードが効いていて卵との相性がいい。ソースのテイストも甘過ぎずいい感じ。「おお!これぞナメリカンジャンクフード!」というテイストでまとまっている。

テキサスバーガーに比べると個人的にはこちらのほうが好きまる

ちなみにみなさんはハンバーガーと共に飲むドリンクは何派だろうか???

私は通常、コーヒーかお茶派なのだが、ニューヨークバーガーについては、コーラが合うグラス

ということで、こちらのバーガーは、ジャンクフードらしさ満点ということを評価し、80点で!

次は???
なんちゃってコーラ [2010年01月09日(Sat)]
世の中には「とりあえず、ビール」という言葉があるが、コーラ界には「なんちゃってコーラ」なる飲み物があることを発見ジョッキ

それがこちら。



一見、タバスコを思わせるペットボトル(500ml)であるが、よく見ると「COLA」と書いてあるめがね

完全にシャレで作った飲み物であるので、シャレで飲んでみたところ・・・

まずっっっ!
困った

なんでタバスコテイストに仕上げているのかわからない味だし、甘いわけでもないし、なんだこれは・・・

えと、タバスコに似せた努力のみを買いまして、5点
テキサスバーガー [2010年01月09日(Sat)]
マックから新発売される予定の「テキサスバーガー」の先行発売がされていたので、思わず買って食べてしまった・・・今年はジャンクフードをやめようと思っていたのに・・・落ち込み



こんな新しもの好きな性格の人間は、数多くの誘惑と困難に立ち向かわなければならない人生を送る・・・と、たかだかハンバーガー一個を買うために列に並ぶ自分に自問自答していた困った

構成は、ビックマックタイプで、間にセカンドブレッド(そういうのかどうかは知らないが)が挟まっていて、下にはパティ、上にはベーコンが乗っている。(写真参照のこと)

で、結論から言うと、テキサスバーガーは、美味しいことは美味しいけど、なんかこうテキサスな感じがしない・・・うまく言葉にできないが、日本人が日本人向けに作った感じ国旗



たぶん、パティの主張を覆して、ナメリカンな感じを醸し出す強さが、ベーコンやソースに無いのかも落ち込み

テキサスは関係ないけど、ベーコンの主張力的には、ベーコンレタスバーガーは、その点バランスが良い。



ということで、このバーガーは、60点くらいかなぁ・・・

とはいえ、今年もまたジャンクフードを食べてしまうかも・・・と思いながら美味しくいただきましたすいません

------------------------------------------------------------
だいたい新しいもの、特に電化製品はファーストエディションを買うと失敗する。
たいていそのあとにもっと優れたものが、さらに安くなって登場するから・・・
それでも買ってしまうのが「あたらしもの好き」の欠点・・・
------------------------------------------------------------
沖縄の塩は美味しいのである [2009年11月14日(Sat)]
セミナーへの会場入りまで時間があるので、宿泊先のホテルの周辺をぶらぶらとしてみた学校

国際通りは、那覇と言えばここでしょうと言うくらいの繁華街なので、色々と散策するのはとても楽しい笑顔

そこで立ち寄ったのが、沖縄の塩を扱う大手として有名な「塩屋」さんおにぎり

本店は石垣島で、こちらの店舗は「塩屋平和通り店」。



塩屋さんにはなんとソルトソムリエがいるというから驚きである(笑)

とりあえず、塩を調達したいわけでもなかったが、店内にある物珍しい塩をあれこれと試していたら、とても丁寧に説明してくれる店員さんと話し込み、そのまま店員さんの勧められる塩を衝動買いしてしまった困った



この人もソムリエの一人だそうだが、塩にも本当に色々あるのだと感心してしまった。

塩というのは、まさに天然の恵みであるが、海に囲まれた日本が輸出できる少ない資源の一つのような気がする。しかもこの高級ラインの塩は世界のグルメ達にも喜んで迎えられそうだまる

ぜひ、塩屋さんには海外進出を目論んでもらいたい・・・ってもう海外の有名レストランに卸してたり・・・

昔、ブラジルのサンパウロで買った岩塩が異様に安いのにとても美味しかったのを思い出した。世界には日本に負けない塩が実はたくさんあるのかも。Made in Japan saltは売れるのだろうか。

それはさておき、塩に賞味期限はないと思うが、これを使い切るのはいつになるんだろう・・・

あずき味のペプシ [2009年11月03日(Tue)]
なんと言えばよいやら・・・私ならこうやって出るやら・・・(このギャグが分かるアナタはディズニーランド通・・・)

こんなものが売られていた。



あずき味のペプシ・・・困った

しかも飲んでみたら・・・たしかにあずきの味がする・・・

何をどう血迷ってしまったのかよくわからないのだが、これで日本が元気になるといいのだが・・・(難しいか・・・(汗))

これは、まあ、日本エンカレッジとしては高得点だが、味が微妙なので・・・65点・・・
ローテクにしてハイテクな釣り具 [2009年11月03日(Tue)]
昔、友人が勤めていた釣り具メーカーに「Megabass」という会社がある。

こちらの会社の製品は、正直すごいと思うことが多い。
友人つながりで社長の伊藤さんとは色々とお話しをさせていただいたことがあるが、その発想力というか、道具に対するこだわりは半端ではない。

色々とやっかみもあるのか、誹謗中傷されることもある人だが、少なくとも私としては日本の誇る匠の一人と言っていいと思う。

そんなMegabassが世に送り出すロッド(釣り竿)は、ハイテクの塊である。
細かいところに各種のこだわりが配置されたロッドは見た目にも美しかったりする。

ダイムラー・ベンツではないけど、「機能的なものは美しい」というのは本当だと思わせる製品である。

そんなMegabassロッドのラインナップに「バンブー(竹)製ロッド」が登場し、心動いてしまった困った



自分が釣りを始めたころ、祖父が持っていた竹製の高級へらぶな竿に憧れた。
グラスファイバーの振り出し竿のほうが小学生だった自分には扱いやすいし、もしかしたら性能も良かったのかもしれないが、その竹が持つ魅力に引き込まれていたのであった。

小学生だから、そんな複雑なことは考えず、単に釣りキチ三平のおじいちゃん(一平じいちゃん)が作るような心の入った竹竿に憧れただけかもしれない・・・

それ以来、竹製の竿とは縁が無かったのであるが、今頃、こんな形で心に響いてしまうとは・・・という出会いであった(笑)

正直、今のハイテク竿の性能はパンパではない。とんでもない感度と魚を掛ける能力を持っている。道具一つで初心者だってそれなりに釣りが上手くなってしまうほどに高性能。

それに比べて、このバンブーロッドは全くの真逆な感じがある。
重さももったりしているし、なんだかフニョフニョとしている。

でも、この竹という素材を介して手に伝わる感じがなんともいい。
どのハイテク素材よりも製品化が難しかったというこのロッド、釣るための性能だけで言ったらとてもじゃないが現代に製品化するような代物ではない。

でも、この竿を握って思い出したのが、昔の中国の諺。

------------------------------------------------------------
一日しあわせになりたかったら結婚しなさい。
三日しあわせになりたかったら豚を殺して食べなさい。
一生しあわせになりたかったから釣りをしなさい。

------------------------------------------------------------

釣りをすることで得られるしあわせは、人によって全然違う。
釣りの奥深さというのは、人それぞれが感じるそれに尽きるような気がするが、このロッドに私が求めたのは、魚とのやり取りの中で感じる自然とのコミュニケーション、その伝達ツールとしての自然素材のバンブーという魅力のような気がする。

それは釣ることだけに答えを求め過ぎるハイテクに対するアンチテーゼのようなものかもしれないし、単なるオタクのこだわりなのかもしれない。

色々とウンチクを書いてしまったが、単純に言うと、このロッドで魚を釣ってみたいと思わせる点で、このロッドは秀逸である。そういう意味で95点

できれば、一平じいちゃんのような頑固な匠が作ってくれたものであることを願う(笑)

スワンサイダー [2009年07月24日(Fri)]
第14回「新橋こいち祭り」でゲットした最後の一品がこちら、「スワンサイダーニワトリ



もちろん、ハクチョウとサイダーのコラボドリンクである・・・わけはなく、単に名前がスワンサイダーという名前の普通のサイダーである笑顔

昔ながらのガラスビンにビー玉が入った懐かしさ満点の風貌、最近はプラスチック製のものしか売っていないので、この重量感とガラスの清涼感がなんともいい感じまる

・・・待てよはてな ラムネとサイダーの違いって何だろうはてな

ビー玉が入っているこの形状からするとサイダーというよりラムネでは・・・はてな

語源的には「CIDER」のフランス語読みが「シードル」で、英語読みが「サイダー」だから、ラムネとは違うような・・・

と思って調べたらこんなサイトを発見・・・

□ラムネの秘密□
http://www.kurashikikousen.com/ramune/lamune.html

なるほど・・・ラムネに歴史あり・・・

ま、それはそれとして、キワモノ三点セットの後にこのサイダーをラムネだと思って飲んだらものすごくホッとした・・・キラキラ

キワモノはキワモノで、それはそれでいいが、やっぱり昔からのオーソドックスなものが落ち着くのであった走る

今年の「こいち祭り」は立ち寄れたのが、ほとんど終わりの頃の雨の中だったにも関わらず、盆踊りを楽しそうに踊る人々やバンドを奏でるシルバーの皆さんなど、活気に満ちていて良い感じであった。

来年は、雨が降らないといいなぁ・・・雨
杏仁ラムネ [2009年07月24日(Fri)]
第14回「新橋こいち祭り」でゲットした三番目の品・・・その名も「杏仁ラムネジョッキ

これもまたなぜ「杏仁」と「ラムネ」をコラボさせなければならなかったのかが、全くわからない逸品・・・いや、一品であった・・・・・・汗

決してマズくはないのだが、フルーツポンチの液体に炭酸を混ぜたような感じであるグラス

間違いなく、コンビニなどで一般発売されても人気が出ないことは間違いない落ち込み

こういうお祭りならではの楽しみの一つということで笑顔

わさびラムネ [2009年07月24日(Fri)]
第14回「新橋こいち祭り」でゲットした二番目の品・・・その名も「わさびラムネジョッキ

なぜ「わさび」と「ラムネ」をコラボさせなければならなかったのは、「飲んでみればわかる!」と
思って飲んでみたが・・・フツーのラムネがビミョーにマズい感じ・・・汗
(カレーラムネよりは普通に飲めるけど・・・)

よく見たら「わさび風味」、「本物のわさびは使用していません」等々の言葉が困った

ぐむむ・・・意味がわからない・・・

こういうキワモノ系は大好きだが、考えてみると昔からよく失敗してたなぁと・・・(笑)

とはいえ、お祭りには、こういう遊びはアリですねーまる

| 次へ