CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

https://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
CSR2.0シンポジウム「BOPビジネスの意義と課題」 [2010年02月13日(Sat)]
今日の午後は「CSR2.0シンポジウム『BOPビジネスの意義と課題』」が日本財団ビルで開催された。



■シンポジウム詳細■
http://www.csr-forum.gr.jp/sympoinfo.html

そもそもの経緯としては、先日CANPANで開催させていただいた「CSRフォーラム」のサブタイトル「CSR2.0の時代」をオルタナの森社長が気に入っていただいて、「『CSR2.0』という言葉を広めよう!」という発案から今日に至った。

周知期間も一カ月あるかどうかというバタバタの中であったが、おかげさまで130名近い方のご来場をいただくことができ、ご参加いただいた方も満足いただけたのではないかと思う。

このシンポジウムでもお話しをさせていただいたとおり、現在の社会課題は市民活動の領域だけでは決して解決しない。

まさに行政も含む全領域の方々との総力戦で戦っていかなければ、未来は私たちが望まない方向に進んでいくだろう。

そうならないために、今の私たちがやらなければならないことはあまりに多いが、悲観するよりも前に進むことが重要だと、そんなことを感じ、また日本財団とCANPANプロジェクトもいよいよビジネスとのネットワークが強くなりつつあり、果たさなければならない責任を一層感じたシンポジウムとなった。

運営にあたってくれたスタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした!まる
CSRに取り組む企業と学生をつなぐ就活イベント開催 〜その2〜 [2009年11月29日(Sun)]
CSRに取り組む企業と学生をつなぐ就活イベント開催 〜その1〜」に続き・・・

私はこのイベントの中で、CANPANとして出したブースでの質疑応答担当と、スペシャルトークショーとして資生堂さんとのトークセッションを行った。



資生堂さんはCSRへの取り組みも非常に熱心な企業である。
それだけに聞きたいこともたくさんあり、また学生に知ってほしい取り組みもたくさんあったが、限られた時間の中ではすべては無理であった。
そのくらいコンテンツは充実している企業ということである。

資生堂さんは就職イベントなどでブースを出すということはないそうで、ここで担当者から直接話を聞けた学生はラッキーである。

こちらのトークショーを予約して参加した学生の質もやはりとても高いということを感じた。
こういう学生がすでにたくさん存在しているという事実を企業はもっと気付くべきであると思う。



ちなみに・・・CANPANが出したブースは・・・

 1) 学生に「CSR報告書の読み方」を説明するのは、同じ就職活動を控えた日本財団のインターン生
 2) ブース内で、他のブース出展企業様のCSRを紹介


という二点において、相当に変わったブースであったが、おかげさまで思った以上の学生の皆さんに来ていただくことができ、とても熱心に聞いてもらうことができた。

また、「自分が選ぶべき企業を見抜くための10か条」も貼り出していたこともあってか、「学生は最初にこのブースでCSRについて学んでから他の会社のブースを回ったほうがいいですね。」と言ってくれた学生もいて、それはかなり本質を突いていた。ホントにそのとおりだと思います(笑)



【写真】CANPANのブースで説明するインターン生の一人、廻田さん

手伝ってくれたインターンの皆さん、ホントにお疲れさまでした!まる
CSRに取り組む企業と学生をつなぐ就活イベント開催 〜その1〜 [2009年11月29日(Sun)]
CANPAN CSRプラスでは、「就職ウォーカー」さんとのタイアップ事業として、

CSRに響くことができる人材は会社の『人財』となり得る

という趣旨の下、CSRを軸とした就職セミナー等を開催している。

その一環として開催されたのが「Valuable Company 就職イベント」である。
こちらは「ジェイ・ブロード」さんが運営をされている。



このイベントは他の就職イベントと違い、「企業のCSRとは何か?」を学ぶコーナーと企業説明のブースとが併存する形で展開されている。

この企業のCSRを学ぶコーナーがとても好評で、7月4日に行われた「CSRインターンシップ」では、参加した大学生へのアンケートで99.3%の学生が「就活にはCSRという視点が必要だ」と答え、98.6%が「また参加したい」と答えてくれていた。

CANPAN CSRプラスでは、「企業が優秀な学生を入社させたい」という思いと、学生の「CSR的に優れている企業に入って力を発揮したい」という思いがつながることが大切だと考えている。

そこで、このようなシンボリックなイベントにコンテンツ提供をしているのであるが、それが非常に有益であることはこの二回のイベントでかなり確信を得た。

まず、このようなイベントに響いて参加する学生のクオリティが間違いなく高い。
質問してくる内容も普通の企業の人事担当者では答えに詰まるような企業のCSRにおける本質的で高度な質問である。

企業が社会ときちんと向き合っていることを入社条件に考えられる学生を獲得することは、企業にとって絶対的にプラスである。
したがって、減っていく人事部門の予算の中で、少しでも優秀な学生獲得を狙うのであれば、「CSR」という武器を企業は最大限活用すべきであり、それを一つの指標として学生と向き合うべきだと思う。

ただ、そうは言っても、惜しむらくは、「CSR」が持つ「経営戦略性」というものをまだまだ理解している企業が少ないということだ。

「CSR = 社会貢献ではない。」


それがまだわかってない人事担当者が多すぎる。
CSRは、CSRの部門がコストとしてやっているものではない。それを理解するべきである。
(おそらく経営者はそこはわかっているだろう。それすらわかっていない経営者がいる会社はかなり出遅れていると言わざるを得ない。)

また、学生側は、CSRに響ける学生と「CSR???」という状態の学生との格差が開きすぎているという懸念がある。それは企業から見れば、一つのフィルタリングに使えるので、ある意味ラッキーだが、少ない優秀な学生を多くの企業で奪い合うことにもなりかねず、リスクである。

いずれにしても、このような形の就職イベントは、今後大きな価値を生むものになるだろう。




【写真】日本財団もブースを展開。
「月刊地球環境」に記事掲載 [2007年04月27日(Fri)]
先日、「月刊地球環境」から取材を受け、2007年4月27日発売の6月号で「CANPAN CSRプラス」について取り上げていただいた。


CSR(企業の社会的責任)最前線を追う」という特集を組むにあたっての取材でした。

たいへん素晴らしい特集で、さらにCANPAN CSRプラスのサイトコンセプトもとてもわかりやすくまとめて書かれてありますので、ぜひお読みいただきたいと思います。

昨年11月オープンのCANPAN CSRプラスにも関わらず、取材を受けたり、講演のご依頼を受ける機会が多いことは本当にありがたいことと思う。

そして同時に、CANPAN CSRプラスが果たさなければならない役割が急速に速度を増しているのを感じている。

先日、GRIの新ガイドラインG3が発表されたが、この内容について、疑問を感じている人は多いだろう。私もその一人である。

ガイドラインを策定する一方で、それを当のGRI自身が有料で各社のレポートの完成度について保証業務を行うという。

目に見えにくいCSRを可視化するためのレポート作成の基準を策定し、企業が取り組むべきCSRに道標を与え、その促進に貢献してきた点においてGRIが果たしてきた役割は多大なものがあり、敬意に値する。

しかし、このG3の改訂は、その根底に不純なものを感じざるを得ない。GRIの保証を達成するためのコンサルティングを行う会社などが儲ける仕組みでも作ろうというのだろうか?

説明を聞いて鼻白んだ企業担当者は多かったことだろう。

ここまでするなら「G3は格付けのための改訂であり、次はSRIだ」と明確に打ち出すほうがよほど健全な気がしてくる。評価そのものだって、決して悪いことではないだけに残念でならない。

CSRは、社会が企業の取り組みを理解し、支援するという市民参加型でなければ意味が無いし、継続性も期待できない。つまり、市民がCSRに取り組む企業のブランド価値と経営の安全性を認め、その企業の株や商品を買うという仕組みが必要なのである。

そこで初めて、社会にとって良い企業を市民が支えていくという優れたサイクルが動き出す。
これがCSRというものが本来持っている社会を変える力につながるのだ。

したがって市民には理解できず、専門家しか理解できないような「CSRレポート」などがいくら巷にあふれても、それこそ紙の無駄遣いとしか言いようがない。

「わかりやすいCSR」を目指そうとして、各企業が自社のホームページでそれを展開すると、それは単なる「広告」である。社会からは「また偽善的なこと言っちゃってー」と斜に構えられてしまう。

したがって私は自社のCSRの周知は第三者による「広報」によって広まることこそが「王道」であると思っている。つまり第三者にプラス評価されて初めて企業のCSRは本当に社会に受け入れられていくということだ。逆にあら探しの評価は今の段階ではせっかく出てきたCSRの芽を摘む害悪にすらなる可能性がある。

その評価のための情報として、社会と企業との「共通言語」が必要であり、そのツールの一つとしてCSRレポートが機能しなければならないのだが、GRIの路線は真逆を行こうとしているとしか思えない。
コンサルティングを受けなければ完成しないようなガイドラインでできたレポートを市民が理解できるはずはなく、「A+」とか「C」という結果だけが世に広まることとなるだろう。

そもそもISO26000の議論が進められている中ではあるが、歴史も文化も、倫理観すら違う多様性のある世界の中で、一つの「CSRの世界基準」というのは無理があるように思う。

宇宙船地球号の乗組員は、それを目指す努力をもちろん続けなければならない。しかし、憲法が国ごとに違うように、そしてその独自性を他国が尊重するように、CSRもまた国ごとに有り様があっていいのだろう。

日本のCSRは今のところ日本型というよりは欧米の洋服を無理やり着ようとしているようだ。
日本社会に今ひとつCSRが理解されにくいのはこのあたりにも事情があるような気すらする。

CANPAN CSRプラスが近江商人の三方良しという概念を取り入れているのは、この日本社会と企業との「共通言語」となる情報インフラを提供したいという思いからだ。

CSRが流行りと言われながらも、今のところ、社会は企業がせっかく取り組んでいるCSRをまだまだ理解できていない。また、企業ごとのCSRに対する理解度もおそろしいほどバラバラでもある。

それは、まずは情報を共有することからしか入りようがない段階にいるということだ。
したがって、CANPAN CSRプラスでは、第一フェーズとして情報の共有化を図る仕組みの提供を行っている。

「NPOと企業との協働」という理想形も、今はまだ黎明期であるとしか言えないと思うが、それもここに理由がある。NPOの側ももっと自分たちの活動に対する理解を社会に求めるための情報公開が必要で、企業のCSRを学ぶ必要もある。

企業の情報開示とNPOの情報開示、この二つが両輪となって社会への理解へと走り出した時、日本でCSRを取り巻く環境や市民活動のステージは大きな変革期を迎えるだろう。

これはCANPANとして考えている公益活動をサポートするための重要な戦略、つまり小さな政府の実現によって求められる「民が民を支える社会の実現」に向けたメインフレームの一つである。

CANPANとCANPAN CSRプラスという二枚看板の意味も、そこで初めて大きな意味を持つと考えている。

最後に、「月刊地球環境」の編集長である松田氏に心から感謝申し上げます。
「地域も企業も元気になるCSR講座」で講演 [2007年04月17日(Tue)]
Mystyle@こだいら様からお声がけをいただいて、「地域も企業も元気になるCSR講座」で「地域におけるCSR展開の現状と課題」というテーマで講演をさせていただきました。

■CSR講座レポートはこちらに・・・■
http://mystyle-kodaira.net/csr_1.html



雨模様の寒い一日となったにも関わらず、NPO団体関係者の皆さまはもちろんのこと、企業の方、小平市の市民の方まで幅広いステークホルダーの皆さんがご参加くださいました。

今、国を挙げて地域活性化が叫ばれる中で、今回のセミナーのような視点を持っていて、開催する力を持った団体が存在することは、その地域の市民の方にとっても非常に恵まれたことであると思います。

産官民学の協働が地域の活性化にとっても重要だと言われますが、この協働を支えるコネクションの役割としてNPOの活動は無くてはならないものです。

これは、単なる受け皿となるということではなく、お互いが対等の立場で地域のために得意な役割を担うためのコーディネート役という中核を担うことを意味します。

そのためには、NPO自身もそれに見合うだけのスキルと信頼を獲得しなければなりませんが、今、日本を見渡しても、それだけのノウハウを持った団体は非常に少ないというのが現状です。

こういったセミナーを開催できる力を持ったNPOのノウハウを他の地域のNPOも共有し、それを参考にしてセミナーを開催できるような場をCANPANで創っていけたらな・・・と思いながら、廃校をリユースした会場の、元図書室に積まれた教科書類を見ながら思いました。

竹内さんはじめMystyle@こだいらの皆さま、本当にお疲れ様でした。
ご講演された東京マイコープの鈴江様、西武信用金庫の高橋様、貴重なお話しをありがとうございました。
ご静聴いただきましたご参加の皆さま、ありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしています。

それにしても、そこにあった教科書、私が中学生の頃使っていた表紙と同じだったのにはびっくりすると同時に懐かしかったです笑顔
地理の教科書は地図がはさんであった場所すら同じでしたが、あれは改訂されていないんでしょうか・・・困った
不二家の危機管理意識の欠如 [2007年01月19日(Fri)]
2007年、今年の日本企業のCSRはどのようになっていくのだろう・・・と思いを巡らせていた年初は、いきなりの不二家の不祥事で幕を開け、連日の報道となっている。


その中で「パートに期限切れの牛乳を押し付けていた」とか「三秒ルール(床に落ちても三秒以内に拾えば良しとする意味不明な現場での暗黙ルール)」とか、様々な実態が明らかになる中、個人的に不二家の一番の問題と感じたのは、役員からのこのコメント

事実を公表したら雪印の二の舞になると思った

である。

今更、「一体、あなた方は雪印や三菱自動車といった一流ブランド企業による一連の不祥事をどのように見ていたのか?」と問う気にもなれないお粗末なセリフ。

この一言は不二家の危機管理体制のすべてを物語っている。このような危機管理体制の組織であれば、次々と明らかになる様々な実態は推して知ることとすら言っていい。

もし、不二家が

事実を公表しなかったら、雪印の二の舞になると思った

とコメントできる企業であったならば、そもそもこんな不祥事は起こらない組織であったろう。

このトップ陣の幼稚な危機管理意識と組織全体にはびこるずさんな工程管理、これは決して独立した問題ではない。

ボトムアップで腐っていく組織はない。組織は上から腐りはじめて崩壊する」という組織論は、不二家にも忠実に当てはまる。

このトップ陣の不勉強が招いた結果の一番大きな責任は、国民の食の安全に対する信頼が云々と大袈裟に取り沙汰されているが、不二家のお菓子を食べなくても国民生活に支障があるわけでもないわけで、それよりも不二家で働く多くの従業員とその家族の生活を、もしかすると人生設計そのものを変えてしまったであろうことにある。

CANPANでは、2006年11月から東証一部上場企業1,700社+αのCSRの情報公開に関する調査結果を一覧で見ることのできるデータベースを公開した。

その理由の一つに、不二家に見られるような悲劇を各社からの、できれば自主的な、情報の公開によって社会から無くしていきたいという思いがある。

我々の調査対象が、まずは東証一部上場企業、と限定したのは、マンパワーや予算的、時間的な制約も大きいが、社会的責任という点において影響度と共に非常に重要な役割を担わざるを得ない日本の大企業のCSRの実態はどうなっているのかを把握しようという意味合いが大きかった。

今回の不二家の不祥事は、CANPAN CSRプラスが果たさなければならない役割について、あらためて考える良い機会となった。