CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

https://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
アポロ11号も家に来た!の巻 [2010年12月10日(Fri)]
スペースシャトルに次いで、我が家に同縮尺(1/144スケール)のアポロ11号も届いたロケット
噂には聞いていたが、マジでデカい・・・困った
スペースシャトルと並べてこのデカさ、いかにアポロが大きかったかがわかる。

これに1/144スケールのガンダムが並べば最強だ。
ガンダムと並べると、意外とスペースシャトルが小さいことが理解してもらえるかもしれん。

あるいは単なる兵器としてのモビルスーツがデカ過ぎるのかも・・・(ザクで言うと、ビームライフル一発で破壊されてしまうにはあまりにもデカくて金食い虫兵器と言える。)



もうホントにやっちまった感のあるここ数日、こんなデカいもの家のどこに飾っておくんだろうと一人途方に暮れつつも、後悔もせずに眺めている落ち込み

この大人の超合金、ホントにヤバい。
実に細かいところまで再現されていて、一つ一つのパーツのリアルさには驚くばかり。

それはそのまま、アポロがいかにすごいものだったかが、実によくわかるということでもある。

そして大気圏突入カプセルがいかに小さいものだったかも・・・(これで大気圏突入は相当リスキー・・・ビビること間違いなしだ〓)

都市伝説の一つとして、アポロは月に行っていなかった・・・という話があって、たしかに空気の無い月で旗がはためいていたりとか、影の付き方がおかしいとか、映像を分析した結果的には色々と信憑性のあることもあるのだが、このモデルを見ていると「月には行ってたでしょ!」と言いたくなる笑顔

また、月開発については、オバマ政権で今年、大方針が打ち出され、有人での計画はなくなってしまったし、スペースシャトルも引退することになるわけで、非常に残念な部分もあるけれども、この二つのモデルとなったアポロとスペースシャトルは、人類に・・・少なくとも自分に、相当な夢を与えてくれた存在だったことは間違いない。

こういう夢の時代の終わりと、今の社会の閉塞感というものがどうリンクするのかよくわからないけど、やはり人類には、たとえそれが一部壮大な無駄を包含しているとしても、「」というものが絶対に必要だと思うのであるまる


アポロの前にはアームストロング船長の月面着陸のシーンが再現される。これもまた見ごたえあり(笑)

スペースシャトルが家に来た!の巻 [2010年12月04日(Sat)]
カカミングアウトネタで言うと、自分は荒れまくっていた中学で、将来はNASAで働くか、宇宙飛行士になりたいと密かに思っていたロケット

友人と夜な夜な天体観測と称して(実際していたけど)、家の庭にテントを張って、一晩中話しをしたり、夜中の街を歩き回ったりしていた。(文字にすると完全に不良だ・・・)

そんな矢先、太陽の観測に打ち込んでいたせいなのかよくわからないけど、視力が極端に落ち始め、2.0あった視力が0.3くらいまで落ちてしまった悲しい

そのため、宇宙飛行士になる夢は断念せざるを得なくなってしまった。

しかも、どうやら数学も苦手で、NASAの技術士も難しいということが、人生前半で早々とわかってしまったので、これらのショックは思春期の自分にはハンパではなく、荒れた原因と言えなくもない(ウソ)

そんな自分にとって、NASAを象徴するスペースシャトルは特別な存在であり、全く知らなかったのだが、職場の同僚がこんなの買ったんすよー!と教えられたバンダイから発売になった「大人の超合金シリーズ」のスペースシャトルを衝動買いしてしまった・・・困った

とんでもなく精巧なこの、スペースシャトル。部屋の電気を消して付属の台座でライトアップさせると、まるでアメリカのフロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターが部屋に出現したような気分になる。(これ、ホント)



このモデルの詳細は、こちらのHPを見ていただければと思うが、まー、とにかくマニアック(笑)
これでもかってくらいによくできてる。

■大人の超合金シリーズ■
http://tamashii.jp/special/o_chogokin/

しかも、都市伝説かもしれないが、この超合金を作るにあたり、バンダイはNASAにスペースシャトルの設計図を見せてくれるように依頼、当然断られた。

そこに登場したのが、スペースシャトルマニア。彼らの尽力により、恐ろしいほど精巧な今回の超合金が完成した・・・というもの。これがホントなら、マニアの持つスキルの素晴らしさに脱帽であるまる

そして、あらためて思ったのは、写真で見るのと立体を触ってみるのとでは、やはり気付きが違うということ。

具体的に言うと、シャトルの腹のほうに付いているブースターの大きさが「こんなにデカいんだ!」とか、「こんなとこがエアブレーキで開くんだ!」とか、一見当たり前に見ていたつもりが、実は意外と見ていなかったことに気付いたりもする。

そのようなわけで、ここ数日は、発射台から打ち上げ、成層圏離脱、宇宙ステーションでの作業、そしてランディングまでの一連の動きをシュミレートしてはほくそ笑んでいる(クラっ!)

ちなみに下の写真の両脇に写っているのは我が家にある謎のはく製(ピラニアのはく製)クジラ

リールを改造す [2010年11月13日(Sat)]
性格はかなりおおざっぱな性格にも関わらず、こと趣味に関しては、やたらとこだわってしまう(笑)
なので、たとえば道具は、自分に合わなければ改造する笑顔

今回のターゲットは、釣りに使っているリール。
もう5〜6年以上前にDAIWAから発売された「TD-ito 2506」というリールである。

このリールは、バス釣り用のリールだが、かなり奇抜な色で、なんとあのマジョーラカラーなのである。
リールでマジョーラカラーが使われているのは、おそらく世界でこれだけだろう。

とても使い勝手が良いリールで、とても気に入ってずっと使っているが、唯一我慢ならないのがアーム部分。


【この銀色の部分】

折りたたんでコンパクトにすることができないのだ・・・悲しい


そこで、これを外し、折りたためる別のリールのアーム(サイズが合うもの)を取り付けるということにした。

そして、このリールの特徴であるマジョーラカラーに塗ってみる。

マジョーラは、非常に変わった塗料で、塗装の仕方も方法が決められている。

このカラー、「マゼラン」とか言う銀河系の名前が付いているのだが、この色の場合、最初に黒を下地処理しなければならない。


写真だと左のアームが下地処理したもので、右のアームが下地の後に塗料を吹いたものになる。(塗装はすべてエアブラシで行う。)

まず、下地がうまく定着するようにアームの表面を細かいサンドペーパー(1000番台くらい)で丁寧にこする。

その後、下地を吹いて乾かす。完全に乾いてから塗り重ねしないと後からはがれやすくなるので、塗装の度に最低二日は乾燥させたほうがいい。

その後、全体に色を吹き付けるのだが、これも一度だけではだめで、二回以上塗り重ねするほうがいい。

そして最後にトップコート剤を塗って完成・・・となる。

おそらく世界で二台(自分が持っている台数)のTD-ito 2506の完成まる

ここまで手をかける必要があるか・・・と聞かれると「ない!」と答えざるを得ないのだが、趣味ってこういうもんだよね・・・困った

手をかけたこだわりの道具で釣った時のよろこびもまたひとしおなのである。
合コンでのワールドカフェの相性を社会実験する [2010年11月01日(Mon)]
最近、ソーシャルな業界では、ワールドカフェというものが流行っている。

ソーシャルな業界というのは、NPOなど社会課題に取り組んで、それを解決しようとする人たちが活躍している分野のこと。

このワールドカフェというのは、一つの課題について、多くの人と語りながら議論を深めていく上でとても良い手法であり、CANPANプロジェクトが行うワークショップでもワールドカフェを積極的に取り入れている。

■CANPANプロジェクトの詳細■
http://grandtop.canpan.info/about_canpan.html

これに参加してみて、ふと気付いた。

これ、合コンに向いてるよな???

合コン」。さみしいことに久しくやってないし、予定もないけど、この言葉には、人生の未知なる可能性に満ちたフロンティアを感じざるを得ない・・・というか、感じたい。

能書きはさておき、合コンの目的は一つしかない。

素敵なパートナー候補と出会えるか?

だ。

そのために、合コン時、男女はまるで関ヶ原の東軍と西軍のように机をはさんで対峙し、限られた時間の中で相手を見極めるべく、全力を尽くす。

盛り上がらない合コンはさておいて、時折、そこでは切腹ものの仁義なき戦いが繰り広げられる時すらある。

幹事にとっては、よろこんでいいのか、悲しんでいいのか、盛り上がった合コンは、まさに戦国時代だ。

下剋上あり、裏切りありで、人類が生存競争の中で生きる生き物であることを認識させられる瞬間だ。

でも、ちょっと待て。

これだけ文明が進化してきているのに、そこだけはなんでそんなにプリミティブなのか?

もっとスマートに、たとえ心はプリミティブな欲求に満ちていても、表面上はスマートに相手を見極めることはできないものか? そんな手法はないものか?

ある。

それがワールドカフェだ。

ワールドカフェは、だいたい30人以上が集まり、一つのテーマについて5〜6人のテーブルで30分ほどガッツリ議論して、テーブルに一人を残し、他の全員が入れ替わるシステム。

この強制入れ替え制は、貞淑を重んじなかなか同じ席から積極的に動けず色んな人と話せないヤマトナデシコにはうってつけだし、表面上草食系を装うロールキャベツな日本男児でもそれは同じことが言える。

そして、テーマを通じたガッツリ議論の中で、他のメンバーの思考や性格が見えてくる。
しかもその数は、少数合コンどころではない、数十人規模。

まさに、たくさんの人と短い時間に語り合い、お互いを知るのにピッタリじゃないか!
やるなぁ、ワールドカフェ。

そうなると、あとは、何をテーマにするか。

やっぱ「少子化」でしょ。

合コン開始早々、いきなり少子化の話をはじめたら、それはただの変態だ。

だが、そこで語られるであろう会話は、パートナー見極めのためのファクターに満ちている。

忙しい現代人がわざわざ合コンに時間を割くとするならば、最も効率よく、しかも根源的な相手の考え方を見極めるために、必要なテーブルをセッティングすべきだろう。

だから、テーマは「少子化」。

そして、ワールドカフェスタイルのすごいところは、そこでの出会いが自己満足で終わらず、それがそのまま社会課題の解決につながるかもしれないという可能性の沃野を提供することだ。

つまり、参加者が自分の欲求を満たそうとアクションすること自体が、自然に日本を救う道につながっているということ。

そんなことを具現化したのが、この企画である。

■しあわせライフを目指す「肉食系女子」のための合コン企画がついに実現!■
https://blog.canpan.info/cosmo/archive/251

賛否両論もあろうかと思いますが、とりあえず、参加してみてくださいすいません
クワガタ、大地に立つ [2010年06月05日(Sat)]
昨年の下記の記事で我が家の新しいメンバーとなった方々のご紹介をさせていただいたが、その皆さんがついに「成虫」となったびっくり 拍手 拍手 拍手

■新しい方々■
https://blog.canpan.info/cosmo/archive/100



デカい!困った

明らかに日本のクワガタではないが、動きは成虫のくせに最初はよちよちだというのがなかなか愛らしい笑顔

とりあえず、一匹は里子にもらわれていったが、まだ二匹残っている。
カリフォルニアバーガー [2010年03月12日(Fri)]
これで最後の「Big America食パン

テキサスバーガーニューヨークバーガーハワイアンバーガーに続いての最後のメニューということで、さっそく試食笑顔



今回はカリフォルニアの自然とそこに降り注ぐ太陽からの恵みをイメージしたというバーガーとのこと・・・ポイントは、カリフォルニア産赤ワインを使用した特製ソースグラス


見た目はこんな感じカメラ

かなりバンズにこだわりが感じられる雰囲気笑顔



バンズを開くとこんな感じ手紙

ハワイアンバーガーがかなりポリゅーミーだったせいか、だいぶスッキリした感じの見た目ヒヨコ

で、お味のほうは・・・見た目と同じで、なんかシンプルな・・・いわゆる、「ハンバーガー」って感じ困った

アメリカを体現しているという点では評価できるも、四つのバーガーの中では一番、ちょっとパンチがないかも・・・落ち込み

ただ、おそらくバンズは四つのシリーズの中で一番バランスがいい。
なので、ソースとのコラボパンチ力が残念だったかと。

テキサス、ニューヨーク、ハワイ、カリフォルニアということで、結果、「ニューヨーク」が一番好きということで、ナメリカーノトレイルが終了しますたまる 

ということで、カリフォルニアバーガーは、62点という微妙なスコアで!

no more Next???
ハワイアンバーガー 次は??? [2010年02月19日(Fri)]
怒涛のごとく、「ビックアメリカ」メニューを投入してくるマクドナルド食パン

テキサスバーガーニューヨークバーガーに続いては、ハワイアンバーガーということで、さっそく試食(ホントに懲りない自分)笑顔



今回はハワイのロコモコをイメージしたというバーガーだそうな・・・



見た目はこんな感じカメラ

毎度のことだが、マクドナルドのウェブサイトに出ている写真というのはホントによく撮られているなぁとつくづく思う(笑)
それに比べると、自分の前に姿をあらわしたハワイアンバーガーは、まあ正直、ビジュアル的にはかなり見劣りしている。

でも、ジャンクフードというカテゴリは、会席料理やフレンチのように見た目の美味しさを求められるものではないので問題があるわけじゃない。



バンズを開くとこんな感じ手紙

毎回、ビックアメリカはパティがビック(通常の2.5倍)なので、ちょっとしたアンバランス加減が漂う。

味のほうは、たしかに美味しいんだけど、やはり日本人に合うように調合し過ぎいている感が否めない。一言で言うと「上品」な感じ困った

例えば、人気の「KUA AINA(クアアイナ)」のような、初デートの食事場所としてセレクトできそうもない思い切りの良さに欠けている感じ(笑)

そんなわけで、アメリカを標榜するんだし、もっとケチャップとマスタードどばどば系の大雑把な味でいいような気がするのだが、それでは厳しい日本のジャンクフード界を生き残ることができないのだろうか・・・

テキサス、ニューヨーク、ハワイ、ということで言うと、やはり「ニューヨーク」が今のところ一番好きかもまる ということで、ハワイアンバーガーは、70点で!

Next is・・・
This is it はメルも観るの図 [2010年02月07日(Sun)]
This is it」を何度か見直しているうち、おもしろいことに気づいた笑顔

我が家で飼っているシーズー犬の「メル」は、昔からテレビ好きで、特に音楽番組とめざましテレビの「今日のわんこ」をこよなく愛する犬なのだが、どうやら「This is it」も気に入ったらしい。

まず最初は、座って素直に見ている。


時々尻尾をふりふりするが、何に反応しているかは不明。

※ちなみに、テレビをガッツリ見る時は、必ずおやつ(ジャーキーなど)を近くに置いて観る。人間が映画を観る時のポップコーンのようなものか???
時々狂ったようにジャーキーをかじる時がある。動物などが出てきた時に多いが、もしかして見せつけているつもりなのだろうか・・・

徐々にボルテージが上がり、マイケルさんもノッてくると、座っていられなくなり、テレビに釘付け。


尻尾ふりふり。この時、ジャーキーは床に捨ておく。テンションが上がってしまってそれどころではないらしい・・・

最後、エンドロール時には、マイケルさんに敬意を表して、ちゃんと座る。
テンションは落ち着くが、ジャーキーには目もくれない。



メルに、マイケルさんの音楽はどう聞こえているのだろう犬
横浜中華街を食べ尽くす 〜その3〜 [2010年02月06日(Sat)]
犬のメルがだいぶ飽きてきていたので、散歩を兼ねて元町へ向かう・・・犬
土日の元町はすんごい人で賑わっている。

しかも、散歩している犬の数が半端ではない困った

メルはもう、周りを歩くお友達犬に夢中で大興奮。
なかなか前に進めない中、その中をすり抜けすり抜け、目的の「ウチキパン」に辿り着く。


ここは言わずと知れた有名なパン屋さんで、創業から122年も続く老舗のパン屋さんだ食パン
この古臭いたたずまいを裏切らない素朴な味のパンであるが、超美味い笑顔

中華街から歩いて10分くらい、中華街に来た時にはついでに寄る価値のあるお店である。

人気のバケットなどは焼きあがり時間がわかるといいのだが、早めの、中華街に行く前に立ち寄りするという戦法もありかもロケット

この二軒隣りにペットのお店があって、ここでメル用のジャーキーを大量にゲット(セールですごい安かった)し、元町を後にする。



帰り道のみなとみらいがやたらとキレイキラキラ
この整然とした美しさはなぜか東京にはない風景である。
レインボーブリッジから見たお台場は、若干、この風情があるかも・・・

最後にみなとみらいでラーメンを食べるラーメン
ランドマークプラザの1階にある「麺屋 空海」。

味のほうは、魚の出汁が効いていて美味しかったけど、ちょっと味が単調だったかも。

横浜中華街を食べ尽くす 〜その2〜 [2010年02月06日(Sat)]
続いては、ちょっと甘味系を・・・


中国風蒸しパン「マーラーカオ」
あまり甘くないところがとても好きな逸品である笑顔

お店はこちら



続いて、本命の肉まんブタ

いつも食べているところはやめて、新規開拓をしてみた。

こちらのお店の肉まんをいただく笑い



なかなかジューシーで美味しい!



ちなみに中華街で立ち食いする肉まん、正直に言うとどこも大体満足するくらいに美味しい。
つまりハズレはほとんどない。これは、店舗内で食べる場合には必ずしもあてはまらないのだが、屋台系にはかなりの確率で当てはまる。

なので、中華街で肉まんを食べる場合、「より美味しいところはどこか?」ではなく、「より自分好みの肉まんはどこか?」という視点で食べ歩くのがいいと思う。

したがって、ガイドブックなどにはあまり頼らずとも、どこに行くでもなく、フラフラと歩き回って自分的にピンと来たところで食べるのがいい感じであるまる
| 次へ