CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

https://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
10年ぶりに葛飾北斎氏と再会 [2005年12月06日(Tue)]
100年に一度という触れ込みで話題だった「北斎展」に行ってきました


北斎展は10年近く前、たしか江戸東京博物館だったと思いますが、それに行って以来、満足なものに行けていなかったので、とてもありがたい企画でした

葛飾北斎氏の作品の素晴らしさは、すでに色んな人が書いているし、今さら拙文の私が加えるものもないので割愛しますが、今回、北斎展に行って思ったことは「同じ絵を見ても、見た年齢で感じることがここまで違うのか」ということでした

今回、500点もの彼の作品に触れ、10年ぶりに再開を果たした絵もたくさんありましたが、その頃と今の自分とで魅かれる作品がかなり違っていたのです

以前は、主に柔らかな曲線で描かれた作品に魅かれたのでしたが、今回は力強いタッチで描かれた作品の、筆の強弱や筆を進めた方向の見事さに呆気に取られるほど魅かれてしまいました

それはその日の気分とかではなく、たぶん自分が変わったのだろうなと・・・
それがいい事なのか悪い事なのかはわかりませんが、悪くはなさそうな気がします

ただ、当時と変わってなかったのは、こんな絵を描いてみたいなぁ・・・としみじみ考えたこと

帰りに部屋に飾りたいと、3万円もする気に入った絵のポスターを買おうかさんざん迷った揚句「やっぱ自分で模写したヤツを飾るから買うのはやめだ」と、3千円の図録だけ買ったあたりは、10年前よりもある意味アグレッシブな自分なのでした

その足で昔から何度も足を運んだことのある上野の日本画材屋さんに行ったまではよかったものの、日本画をやったことのない自分には何から始めたらいいかさっぱりわからず・・・
『よーし!日本画勉強するぞ!』と心に誓いつつ、「みはし」であんみつ食べた冬の空でした(「みはし」のクリームあんみつはヤバうまなのでぜひお試しを)

浮世絵といい、あんみつといい、やっぱり日本の文化っていいよね

ちなみに日本画用の面相筆は水彩画、プラモデル、釉薬塗り、ネイルアートなどなど、マルチに使える優れものなので、昔から愛用してます
油絵には向いてませんが、その他の描画用途にはかなり汎用性が高いのでお勧めです
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
» 葛飾北斎−冨嶽三十六景展に行ってきました from SPOTLIGHT !
新選組展以来の「えどはく」です。 電車の中吊り広告で見てこれは行かねばと思ってい... [Read More]
Tracked on 2006年01月21日(Sat) 00:40
» Canpanに感謝 from 夫婦で語る定年後/太田空真


日々縁日ー3

12月20日、日本財団の寺内昇さんを中心に、ランチミーティングが開かれた。

参加者は、Canpan事務局の町井則雄さんと佐藤ちひろさん、久米繊維工業の久米信行さん、カゴメの浦田洋さん、日航財団の中島徳顕さんと私である。

お会いするきっ... [Read More]
Tracked on 2005年12月22日(Thu) 03:50
コメント
ちょっとちょっとー、一人でみはしで餡蜜ってのはちょっとさびCY!みはしって確かにうまいですね。私、全然知らなかったんだけど、家族で上野をおなかすかせてトボトボ歩いている時に、ばったり行列にぶつかったので、だまされたと思って並んだら、餡蜜屋さんでした。餡に蜜がかかっているんですから、そりゃあもうご馳走ですよね。
ということで、いつかご自身で描いた日本画を見させていただくことを楽しみに・・・
Posted by:玉澤正徳  at 2005年12月13日(Tue) 09:43