CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

https://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
iPodのバッテリーを交換するの巻 [2010年03月17日(Wed)]
iPadで世の中かまびすしい中、iPodの話で恐縮です落ち込み

我が家には古い(と言っても第三世代から)iPodを含め、nanoとか合わせるとすでに6台もあって、耳の穴も二つしかないわけだし、もう要らないんじゃないか説が。。。

昔のは容量も少なくて家にある全てのCDを入れることは叶わず、新しい大容量のiPodが出る度に買っていた。

でも、今の最新のモデルは160GBも容量があって、高音質にがむしゃらにこだわらなければ、あとしばらくはいくらCDを追加しても対応できそうだし、バッテリーの持ちもぐっと良くなった。(iPod Classicの話)

なので、もうしばらくは買い足す必要はないだろうということなのだけども、じゃあ古いのはどうしようということで、風呂用とか、車載用とか、リビング用とか、ジョギング用とか、とりあえず無駄にしないように使っている。

でも、最近、このうちの二台が揃って調子が悪くなった。

しかも、その内の一台は、どうもハードディスクが壊れたような・・・困った
そこで、昔、一度やったiPodのバッテリー交換をしてみることに電球

このiPodのバッテリーは、昔はアキバなどに行かないと買えなかったが、最近はアマゾンでも売っているのでびっくり。

これを買い、さっそくiPodをバラす。

添付の解説書では全く不親切なので、参考にさせてもらったのは、

------------------------------------------------------------
やっぱリンゴでしょ
http://www.ipodism.org/archives/50054232.html
------------------------------------------------------------
GigaZiNE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070214_ipodhowtovideo/
------------------------------------------------------------

の二つのサイト。
とても丁寧でわかりやすい。

ただ、自分のiPodの状態にもよるので、この方法だけでうまくいくとは限らないのが難点。
そこは少し応用が必要だけど、DIYが好きな人は特に問題がないレベル。

作業で一番めんどいのは、何と言ってもiPodを開ける作業。

私の場合は、時計修理などに使う精密ドライバーのマイナスを使う。
バッテリーにはプラスチックのオープンツールも付属しているが、樹脂がやわらか過ぎてほとんど役に立たない。

作業時間は一個あたり10分くらい。
で、結果としては、なんとなく電源的な不具合のiPodはもとより、ハードディスクが昇天したと思われたiPodも直った!まる

以前、画面が変になってしまった時に、アップルに修理を依頼したら「2万8千円で新品と交換します。」という、「は???」ということを言われ、頭にきたので、保証対象外になるのを承知でバラして直したこともあるが、あの保証制度はなんとかならないのだろうか。

開けてみると東芝のハードディスクが入っていたり、けっこう面白い(笑)


バッテリー交換を終えて、復活したiPodくん
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント