CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

https://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
クレーンは最後にどうなるのか? [2009年11月20日(Fri)]
不況下ではあるが、ビルや高層マンションの建築現場は都内各地で見ることができる。

今、一番熱い現場と言ったら、何と言っても「東京スカイツリー」の現場だろう。
何しろ世界一の高さのタワーが建つ現場である。東京下町の迷路のような街並みの中に突如出現した超近代タワーは、まさに「エヴァンゲリオン」の世界のようだ。

そんな現場では、高いところにこんなクレーンが置かれている。
資材を高いところへ吊り上げるために必須の重機である。



皆さんは、ビルが建て終わった時、この巨大なクレーンが最後にどうなるか、考えたことがありますか???

ヘリで降ろすんでしょうか??? それとも隣の高い建物の上から他のクレーンで???



この写真は、上の青空にそびえたつクレーンがまさに組み立てられている前夜の様子。
ちょっとわかりにくいが、アームがまだついておらず、10m以上あるアームは私の足元に寝ていた。これがこれからよっこらせと起こされて、クレーンになるわけで。

組み立てる時はこれでOKなんだけど・・・

正解は、エレベーターで人が持って降りる。です。

つまり徐々にクレーンを小さくしていって、最後は手で分解できてしまう大きさにし、それぞれ分解された小さいクレーンを人力で地面に下ろすという匠のアイディア!

工事現場ってホントにすごい。「東京スカイツリー」も世界初の技術満載で建てられるという・・・

日本の技術力は世界に誇っていいまる
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント