CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
大きな置き土産 [2009年02月20日(Fri)]
今年の目標にしていることの一つとして、
事業収入の多様化を図ろうと考えている。

特に助成金や補充金のたぐいは
ほとんど手付かずの状態だった。

これからは、本格的に参入するための検討を始めないと
事業収入の先細りは否めない。

その対策として目を付けたのが、
行政が取り組もうとしているNPOとの協働。

しかし、協働といっても言葉が独り歩き出して
行政やNPOがしっかりと理解していない懸念がある。

それを解消するためには
当然ながらそれを理解するための努力が必要。

そのために、宮崎県NPO活動支援センターが開催した
6回シリーズの「NPOマネジメント講座・協働講座」に参加した。

その中で行政職員と一緒になって受講した講座は、
6回のうち3回あった。

ここで意外なことを発見した。

それは行政職員もNPOも協働については
ほとんど知識がゼロに等しいこと。

そういう私も知識がゼロに等しい一人だった。

行政と手を組んで活動するには、
行政のしくみを知ることから始めないと
何事もスムーズに物事は進まない。

さらに行政職員も意識改革が必要であり
今までのように上意下達で市民をコントロールしたいという考えでは
協働という本質が理解されずに終わってしまう。

この協働の本質をしっかりと伝える役割を担うのは
その企画に携わる関係者の力量で相当違ってくる。

その点、今回の「NPOマネジメント講座・協働講座」の講師陣は
参加者に大きな置き土産を残してくれたと感謝している。
よろず相談引き受けます [2009年02月20日(Fri)]
早朝から携帯電話が鳴った。

それはNPOハウスに緊急事態が発生しているとの
1階に入居している団体からの通報。

何でも火災報知機が鳴り続けて、
室内の防火ドアが閉まっているとの報告。

早速、消防設備点検会社へ連絡するも通じない。

そこで、懇意にしている電気設備会社担当者の自宅へ電話して
至急対応するよう依頼したら快諾してくれた.

最近、NPOハウス内で「よろず相談引き受けます」と
看板を掲げていると思われているのか
入居団体から、いろいろな相談事が持ち込まれる。

そんな相談事でも緊急事態発生となると事情は違う。

早急に対応するにも緊急時の対応マニュアルは
整備されていないので今後の検討課題となる。

そこで早朝の対応については
朝の弱い表の管理者に変わって
裏の管理者である私の出番となる。
| 次へ