CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
風が吹いてきた [2009年02月19日(Thu)]
みやざきNPOハウスには、いろいろなNPO法人や
市民活動団体等が入居している。

その中のひとつに、
NPO法人精神障がい者自立支援ネットワーク・宮崎もやいの会がある。

同じ階に事務所があるよしみから代表理事の小林さんとは
NPO運営の大変さや難しさを話す同じ立場の間柄。

それが最近、風向きが変わってきたらしい。

やっとわれわれの活動にも行政が関心を持ち始め
風が吹いていると小林さんが言っていた。

長年の努力が報われたのかなと思った。

そういえば、ついこの前「宮崎もやいの会」について
こんな出来事があったことを思い出した。

それはカンパンメールが届いたことにより、わかった!

<カンパンメールより>

全国選抜38団体! モデル団体情報 開示事例集
〜地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト〜

『日本においてNPOが社会から信頼と支援を受けやすくなるしくみを促す』
ことを目指し、本プロジェクトにご参加の中間支援組織のみなさまから、
ご推薦頂きました団体(38件)のモデル事例を公開しています。
団体の情報開示や活動の発信は、
社会からの信頼と共感を得るための大切な取り組みです。


その中の「地域別モデル団体一覧」に九州内では
宮崎から二つの団体が紹介されている。

そのひとつが「宮崎もやいの会」だった。

そうそうNPO宮崎県活動支援センター長がこんなこと言っていた。

行政や財団等から助成金や補助金を獲得するつもりだったら
ホームページやブログを活用して情報発信を積極的に行わないと
評価されないと。

そして「宮崎もやいの会」は、
情報発信を着実に進めているから評価され
風が吹くのも当然かもしれない。

情報開示事例集は、
ここをクリック
驚きと嬉しさを感じる [2009年02月19日(Thu)]
宮崎市では、環境美化に取り組む住民ボランティア2名を
「分別大使」として登録するよう各自治会へお願いしている。

行政としては地域のごみ分別の指導は住民サイドが行い
分別されていないごみの収集はしないとの方針から
「分別大使」が誕生している。

同じような住民ボランティアが仙台市で存在していることを
先日、NPO協働講座で講演した加藤哲夫さんも話していた。

その「分別大使」を2年間の期限付きで引き受けた。

しかし、来月は2年間で交代するはずの目算がはずれ
もう1年続けて欲しいと自治会長から依頼を受けた。

「分別大使」の後任者はなかなか見つからないそうで
引き続きお願いしてきた。

私自身、加藤哲夫さんの講演を聞くまでは
毎週朝3回のごみ集積場パトロールは
もうこりごりだと思っていた。

今年3月の期間満了で辞めると心に決めていた。

それが加藤さんの講演に心酔して考え直した。

NPOに関わる仕事をしている人の中には、
大きな影響を与える人が存在することに
驚きと嬉しさを感じる。
| 次へ