CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年08月 | Main | 2008年10月»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
NPOにかかわる若者の働き方と仕事観 [2008年09月08日(Mon)]
仕事内容に対する価値観が変化しつつあるなか、
社会的貢献活動にかかわる仕事を希望する若者が増え、
その受け皿としてNPOが若者から注目されている。

そうした背景もあってか、NPO活動への関心が高い若い世代の
調査結果(レポート)が第一生命経済研究所から公表されている。

「NPOにかかわる若者の働き方と仕事観」と題したレポートには
NPOで働く若者と一般企業で正社員として働く若者の
年収入や仕事に対する評価等がグラフとして示されている。

通常、NPOの専従職員が仕事を通して得られる平均年収は
150万円以下が大部分を占めていが、このレポート中でも
NPO専従職員の年収は200万円未満が6割を占めている。

若者を有給で雇用できるNPOは限られているとはいえ
そこで働く若者の仕事内容に対する評価は高くなっている。
地域活性化の切り札 [2008年09月08日(Mon)]
次の日曜日は、今年で3回目を迎える柳丸自治会主催の
「柳丸十五夜まつり」が開催される。

毎年のイベントとして地域に根付き始めているが
それに至るまでの経緯には
地域ならではの特殊な事情がある。

それは・・・・・

昔は畑や田んぼが大部分を占めていた柳丸町には
1990年以降、分譲マンションが次から次へと建設された影響で
他の地域から流入しているマンション住民が圧倒的多数いる。

さらに、柳丸自治会も設立された歴史も浅く
これといった地域のイベントもなかった。

そこで地域を活性化しようとスタートした
「柳丸十五夜まつり」には、次のことを目的にしている。

@地区住民の親睦の輪と交流を深める

Aお互いの理解と協力の心の広がり

B災害発生時の地域のマンパワーとして大きな力の発揮につながる

C子どもたちに楽しい思い出となる物を心に残したい

昨夜は、「柳丸十五夜まつり」の最後の打ち合わせがあり、
柳丸町に居住している住民らで構成される
十五夜祭り実行委員のメンバー30名が集まった。

ここでも計画を推進する世代は、60代・70代が担っており
それに賛同する40代・50代の人が集まっている。

地域活性化の切り札になるかもしれない「柳丸十五夜まつり」も
ただ単に柳丸住民だけが参加しているお祭りでもないし
周辺地域の住民も巻き込んだイベントして認知されたおかげで
宮崎市から助成金も認められている。

今年のプログラムには
・月の観測
・ゲームや演芸
・野外映写会
・福引き
・焼き肉パーティ
などが盛り込まれている。

「柳丸十五夜まつり」

開催日時:平成20年9月14日(日曜日)午後5時〜9時30分

開催会場:宮崎市柳丸町「鮮度市場」駐車場

参加料 :大人 千円 子ども 二百円
| 次へ