CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域 | Main | 旅先»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
駒宮神社 [2009年01月22日(Thu)]
昨日は、以前から妻に薦められていた駒山神社へ行ってきた。

駒山神社のことは、病気や悩みを抱えている人が
大勢押し寄せていることは妻から聞いていた。

これから先のことを考えると、
今の仕事をいつまで続けられるのか
妻は妻なりに将来への不安があった。

そこで一度、駒宮神社の宮司さんに運気を診てもらうよう
懇願されて相談に訪れている。

今日も30分単位で午後5時まで予約がびっしり入っており
私たち夫婦もどうにか予約が取れたので
平日のこの日となった。

宮司さんからは、65歳までは今の仕事を続けているが
それから先は見えてこないと言われている。

一応、年金が頂ける年までは仕事に従事していることになる
それを聞いた、妻も一安心していた。
気の緩み [2009年01月09日(Fri)]
年末から年始にかけてブログを書く気力も失せていたので
久しぶりの更新。

これもちょっとした気の緩みから
仕事モードのエンジンが掛かりづらくなっていた。

しかし、ここにきて相談事や行事が舞い込んでくるので
1月のカレンダーには次から次へと予定が書き込まれていく。

そんな訳で、ようやく本来の姿に戻りつつある。

昨日と今日は、第7回大規模改修工事見学会の案内文書を届けたが
早速、5件ほど参加申し込みのファックスが届いている。

相変わらず見学会となると、参加申し込みの出足は良い。

明日からの3連休も
土曜日には、NPOマネジメント講座、新年会
日曜日は、NPOハウスのワックス清掃
月曜日は、マンションの相談事と予定が詰まっている。

さらに、3連休の間に申請書類の作成も完成しなければならず
エンジン全開で仕事に取り掛からないと間に合わなくなる。

追伸

NPOハウスの住人である「おいちゃん」に
年の初めに大きなカレンダーをプレゼントしたら
同じように行事の予定をカレンダーにびっしり書き込んでいた。

上には上がいるもんだと、頭が下がる

比較する私が間違っているのかな・・・
好感を覚えました [2008年12月17日(Wed)]
昨日のお昼は、私と妻の二人の母親を伴い
「レストランランデイようこそ」へ行ってきた。

後期高齢者に入っている母親達は、
今まで元気で過ごしてきたので
デイサービスには縁遠かった。

しかし、いつかはお世話になる時期がくるかもしれない。

そんなことも考慮に入れながら
ユニークな取組をしている施設に見学も兼ねてランチに誘った。

この施設を運営している(有)サン・グロウは
NPOハウス1階に事務所がある。

NPOハウス内の入居団体とは共同管理委員会を通して
日常的な交流が活発に行われ、
各団体の活動内容に触れる機会も多くある。

そこから「レストランランデイようこそ」のことを知って
今回行くことになった。

「レストランランデイようこそ」のホームページより

「レストランデイようこそ」とはお食事に重点をおいたデイサービスです。実際にレストランでお食事をするように、ちょっとお洒落をしてテーブルを囲むことで、生活に張りを持っていただければ、と考えております。
 食事は「人を良くする事」と書きます。 高齢者の方々が健康で精神的に豊かな生活を送るためには、食事は美味しく、楽しくなくてはなりません。
 食事は私たちに最後の最後まで喜びを与えてくれるものであってほしい。その願いを実現するのが「レストランデイ ようこそ」です。
 スタッフには管理栄養士、看護士、介護福祉士を配置しケアも怠りません。ですから安心してご利用いただけると自信を持っております。


昨日は、二つの施設を見学したりして楽しいひと時を過ごしている。

見学することができた二つの施設「レストランランデイようこそ」や
「アットホーム・デイサービス」に来ている高齢者に対する
スタッフの温かいおもてなしや細やかなサービスには
私たち家族も好感を覚えました。

「レストランランデイ ようこそ」のホームページ
ここをクリック
元気で過ごして欲しいと願うばかり [2008年12月14日(Sun)]
12月10日で、81歳の誕生日を迎えた母。

つい最近、退院後初めて1泊2日で
兄夫婦と一緒に旅行に行ってきた。

旅行の行く先は、
結婚したばかりの孫娘夫婦が住んでいる鹿児島。

母によると、高千穂牧場や霧島温泉にも足を伸ばしたけど
全然、疲れなかったと話していた。

12月に入ってからは、
体調も回復して良くなったと聞くと
今年の夏に肺がんで入院したことが信じられない。

退院した後に、一時悩まされた後遺症も
今は症状も治まっている。

このように回復できたのも大学病院の医者が
母に効く抗がん剤を勧めてくれたおかげだと感謝している。

母には、いつまでも長生きして
元気で過ごして欲しいと願うばかり。
夢のようだ [2008年12月13日(Sat)]
最初にパソコンを購入したのは、
今から10年以上前になる。

当時は、まだ自宅にパソコンが普及していなかった時代なので
友人や知人でインターネットをしている者は本当に少なかった。

現在は、パソコンの価格も下がってきたので
どこの家庭にも1台は持っている時代となった。

マンションの集合住宅にもブロードバンドが整備され
映画やドラマ等の動画が気軽に自宅で見ることができる。

初期の頃からと比較すると夢のようだ。

それほどインターネットの普及は目覚しいものがある。

パソコンについて言えば早くから慣れ親しんだので
よく親戚や知人から頼まれたことがある。

それは、購入に関しての相談事。

そうして大手家電店での価格交渉から
パソコンの初期設定までをお手伝することになり
それを何度か経験してきた。

今日もその経験を買われてお手伝いしてきたが、
最近の消費の冷え込みの影響を受けてか
パソコン価格の急激な値下がりには驚いた。

NIKKEI NETのコラムによると
今秋発売の人気モデルが発売開始からわずか2―3カ月で
5万円(30%)前後下落。

前年の同じ時期に比べ、値下がり幅も1万―2万円拡大している。

店頭価格が5万円前後の「超小型パソコン」の台頭で、
パソコンの価格体系が大きく変動してきたとの報道がされていた。
NPO専従職員の道 [2008年12月12日(Fri)]
今、アメリカ発の金融危機が世界に波及して
実体経済が混迷する中、リストラの嵐が吹き荒れている。

それに伴って、各企業で派遣社員や季節従業員などの非正規労働者の
解雇や契約打ち切りが連日報道されている。

その報道を聞くたびに
もし、あの時決断していなかったらと思うことがある。

あの時とは、
50歳を境にして転進を決意し退路を断って
NPO専従職員の道を選択した時である。

その選択した時から
6年目が過ぎ去ろうとしている。

そして、今こうして好きな仕事をしながら
生活できていることに感謝したい。
気分一新 [2008年12月01日(Mon)]
ほぼ毎日のようにブログを書き続けていることで
日々の思いや出来事を伝えている。

そして継続することが何よりも大切だと思い、
どんなに忙しくたって続けることにしていた。

しかし、ここ数日間だけはパソコンに向かう余裕もなかった。

それは閉め切り間近の仕事と体調不良が重なって
どうもブログを書く気力を失っていたのが原因。

ただし、それも11月までの話。

今日からは12月、気分一新して、
今まで積み残していた仕事を片付けないといけない。

手始めは宮崎市へ行き、
NPO法人としての義務である関係書類の提出を
午前中に済ましてきている。
私の居場所 [2008年11月26日(Wed)]
情報はどこで見つけて、
どう取り扱うが大切だと思う。

自宅や会社に居ながらインターネットを利用すれば、
大抵の情報は取り込むことができる。

ただし、ネットの世界では正しい情報や
いい加減な情報が氾濫しているので
それを見極めることは
その人の裁量に尽きる。

一方、現場で何が起きているのかを知るためには
自分の目で確かめないと見えてこないこともある。

また、情報収集のために自分の足を運ぶことで
どんな出会いが待ち受けているかもしれない。

そんな出会いが発展して
多様な分野で活躍している人との交流の輪が広がっていく。

さらに、同じ価値観を共有する人との交流が続いたことより
自分の居場所をようやく探し当てた。

それが今の仕事であり
NPO活動を専念できる居場所。
只者ではない [2008年11月25日(Tue)]
11月24日(月曜日)は、
「パリヤーソwithフレンズ」の歌と生演奏が聴けるので、
早くからチケットを購入し、
今か今かと待ちわびていました。

それが、みやざき・アート・フェスティバル2008のコンサート

昨年の「パリヤーソwithフレンズ」のコンサートは、
一人だったが、今年は妻を誘って二人で行ってきた。

昨年の会場のオルブライトホールと違って
今年は、こじんまりしたコンサート会場で
メンバー4人の個性溢れる演奏に酔いしれました。

さらに、それぞれがエンターテナーぶりを発揮するのを
間近な観客席にいる私たちも充分に堪能し
贅沢なひとときを過ごすことができました。

こんな良質な音楽とステージに触れ合うのも滅多にない機会。

それも料金が、一人2千円なんて信じられない低価格。

関係者一同に感謝を申し上げます。

今日のステージで特に印象に残ったこととして
ハーモニカ演奏者は、やっぱり「只者ではない」こと。

これは、私だけではなく妻も実感している。
期待はずれ [2008年11月24日(Mon)]
昨日の朝の天気予報では、
夕方から雨になると聞いていたので
何とか日中はお天気が持ってくれると思っていた。

それが午前中から降り出した雨で、
期待はずれとなっている。

そんなあいにくの天気の中、
マンション管理セミナーとNPO宮管連の通常総会へ
足を運んでいただいた方々に感謝申し上げます。

ただし、予想はして覚悟していたのだが、
思ったより参加者が少なかったのは残念。

これも3連休の間の日曜日のせいなのか、
それとも他に原因があるのか、
これからの検討課題となる。

しかし、総会では審議された5つの議案
すべてが無事承認されました。

今後も会員及び関係者のご理解とご協力を得ながら
より一層、地域社会に貢献できるNPOを目標にして
活動に取り組む所存です。