CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域 | Main | 旅先»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
雑用に追われる [2009年03月13日(Fri)]
年度末になると、何かと雑用に追われる。

今日は所得税確定申告の締切日も迫ってきたので
カリーノ宮崎の7階に開設している「確定申告センター」で
無事に申告手続きも済ませた。

NPO法人も有給職員を雇用していれば
社会保険事務所とか税務署などへ
期限内に必要となる書類提出もしなければならないので
この時期は何かとせわしくなる。

振り返ってみればNPOの認証がおりてからは、
法務局への登記手続きに始まってから
社会保険事務所での年金と保険の手続き
さらに宮崎税務署へ事業開始の申し立てまで
関係部署への手続きはほぼ一人でやってきた。

そのような経験を積み重ねてきているから
それなりに知識も学習して身についてきた。

会社経営したこともない人間が突然NPO法人の代表となり
専従職員として事務職長も兼任するには知識が必要となる。

また、人材もお金もないなかでNPOを経営し続けることの
つらさや大変さは経験した者だけしかわからないと思う。

その経験が、これからNPO法人を立ち上げようと人らに
お役に立てればと思いNPOマネジメントアドバイザーにも参加した。

私自身もNPO関係者によって支えられ、
ここまで引き上げてくれ成長できた経緯がある。

NPO活動のすそ野が広がるお手伝いだったら
これからも貢献していきたい。
一日たりとも [2009年03月11日(Wed)]
時間の過ぎるのが早いと感じだしたので
一日たりとも無駄な時間を過ごしたくないと
うちの奥さんが最近そんなことを言っている。

妙にはりきっている姿を毎日そばで見ていると
こちらも負けじとばかりに気合が入る。

何事も一生懸命にと取り組みだしての
ここ数年の変貌ぶりには目を見張るものがある。

積極派に転身してからは、いろいろなことにチャレンジもしている。

そしてチャレンジすることにより友人も増えてきており、
そのせいか、家を留守がちな亭主に対して文句ひとつ言わない。

お互い熱中するものに没頭する環境があるから
我が家の平和は保たれている。
アマリリスが開花 [2009年03月05日(Thu)]


今年1月から部屋に置いていたアマリリスが昨日開花しました。





一人旅 [2009年03月03日(Tue)]
たまに東京のような大都会へ行くことがあると
地方から出掛ける者にとっては驚くことが多い。

まず、人の波と各駅での乗換えに戸惑うことから始まる。

とにかく移動するだけでも大変なので
たいていの人は億劫に思う。

私自身も億劫に思う人間だった。

それが、転職してNPOの仕事に専念してからは
会議等で全国各地へ出掛ける機会が多くなった。

一人旅が苦手で、おまけに方向音痴な私でも
代表として会議に参加しなければならない。

それを克服するために活用したのがネット検索。

事前に場所さえ確認しておけばネット検索で
低料金で人気のあるホテルを予約もできるし
利用しやすい交通手段も選択できる。

その検索の要領さえ理解すれば、
自分の行ってみたい場所や目的地へ到達するようになる。

今回の東京の旅にしても滞在した3日間
事前に行きたいと計画を立てた所にはちゃんと行けた。

以前の性格を知り尽くしている私の妻や母親からは
よく一人で道にも迷わず行けるようになったと感心している。
熱中人間 [2009年02月22日(Sun)]
先日、新聞社からの取材申し込みがあった。

県内外は問わずに分譲マンションの問題について
その実態を知りたくて連絡してくるのだが・・・・・

しかし、問題がある。

マンション問題を取り上げてくれるのは大歓迎のだが
問い合わせてくる人がマンション管理についての知識がなければ
対応を変えざるを得ない場合が出てくる。

まず、マンション管理についての問題は多岐にわたる。

そこで何を知りたいのか事前に聞いとかないと
次から次へと話題が広がってしまう。

また、好きなテーマの話となると、
私自身が熱中するタイプなので、その性格が災いして、
ついつい長時間になってしまうときがある。

今回も新聞記者には大変申し訳なく
取材時間が2時間を越えてしまった。
イチロー見たさに [2009年02月18日(Wed)]
宮崎市内の国道220号線は朝から渋滞が続いている。

その原因は、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
日本代表候補が宮崎入りしてからである。

合宿している県総合運動公園内にあるサンマリンスタジアム宮崎には
大勢のファンが押し寄せている。

そのあおりを食って、通勤時間帯は中心市街地を車で走っていても
なかなか前に進まないことが起きている。

そんな中、昨日妻は母親を連れてイチロー見たさに
スタジアムに出掛けてきたと報告を受けた。

妻にスタジアムへ行った感想を聞いてみると。

大渋滞を予想して国道220号線を避けて、
一ツ葉有料道路を利用したら混雑は避けられたとの話。

ただし、車がスイスイ走行できたのは国道合流地点の途中まで。

妻いわく、国道の合流地点までは難なく走行できたのだが
そこからが大変、車の長蛇の列ができていて渋滞に巻き込まれたそう。

しかし、よーく見ると県総合運動公園内駐車場へ侵入するために
ほとんどの車が左側に寄っていたので渋滞は左側車線に偏っていた。

そこで、空いている右側の車線を走行し続けて
公園南側駐車場まで辿りついたそうだ。

そこからスタジアムまで徒歩で行く覚悟をしていたら
なんとそこには、無料シャトルバスの運行を始めたていた。

シャトルバスについては、乗降場所はJR青島駅前と
青島パームビーチホテル前の2カ所。

運行は午前9時から午後4時までで、
12分から15分間隔となっている。

スタンド観戦についても、たまたま一番前の2席が空いていたので
ネット越しにイチローやその他の選手を間近で見れて大満足のご様子。
高橋まゆみ創作人形展 [2009年02月12日(Thu)]


昨日、宮崎県総合博物館で開催されている「高橋まゆみ創作人形展」へ行き
懐かしい日本の原風景とそれに感動している大勢の人たちを見てきた。

私の感動したその一人だが、人形とは思えないほどの、
豊かな表情や、温かさがとてもリアルに映しだされていた。

忘れてはならない「日本人のこころ」がよみがえる。

宮崎日日新聞ホームページより

創作人形作家高橋まゆみさん=長野県飯山市在住=の巡回展「故郷からのおくりものふたたび」(同実行委主催、宮崎日日新聞社後援)は7日から、宮崎市の県総合博物館で始まった。3月29日まで。人間味あふれる表情を一目見ようと、初日から大勢の来場者でにぎわった。
農村や日本家屋の何げない四季の風景に老夫婦がたたずむ姿や、子どもたちの遊ぶ様子が約180体の人形で表現されている。つえを突く年老いた女性のひざや腰の曲がり具合、優しい表情を見て、「ばあちゃんだ」と思わず声を上げる家族連れや、寄り添う老夫婦の人形に両親を重ねて涙を流す来場者もいた
そう簡単にはいかない [2009年02月09日(Mon)]
土曜日(7日)に開催された「マンション管理基礎セミナー」には
延岡市や都城市のマンション管理組合の方々も参加していた。

また、NPO宮管連の会員以外のマンションからの参加者も
例年になく多数いた。

昨年に続き、今年も90名の参加者がいたことは
開催に携わっている一人として大変喜ばしいと思う。

ただし、開催に伴う費用は予算がないという理由から
毎年、無報酬で講演するところに依頼をしている。

お金がない中で、やりくりしていくのも限界があるので
予算をつけて欲しいと願うのだが、そう簡単にはいかない。

マンション管理の専門家に講演依頼をお願いしようにも
地方自治体の財政が厳しい状況では、講演料の予算もつかない。

それに引き換えNPOマネジメント講座には
全国的にも名前が知れ渡っている講師を呼んでいる。

そこには企画力、人脈、行動力に優れている人物の存在があるから
講演が実現できている。
たわわに実る「だいだい」 [2009年02月04日(Wed)]


先日実家の母親から庭先にやってくるメジロのために
餌として輪切りにしたミカンを置いていたら
何とそれをヒヨドリが横取りしていたそうだ。

さらに、庭にあるキンカンの実まで食べられ
ほとほと困っていると話していた。

今朝、妻の実家にある「だいだい」が、たわわに実っているので
その実をちぎってきた。



さすがに、そばにいた食欲旺盛なヒヨドリも「だいだい」の
皮は厚いので手の出しようがない。
新月の日 [2009年01月27日(Tue)]
我が家には月カレンダーがあり
新月の日がわかるようになっている。

「新月の日に願いをこめて祈ると夢が実現するのよ」と
妻は常々言っており、その日になると必ず願い事をしている。

さらに何か新しいことを始めるなら
新月の日に願い事を祈ってスタートしなさいと
私にもするよう言われたこともある。

しかしながら信心深くない私は、
そんなことには関心も興味も示さなかった。

私たち夫婦は50歳を過ぎてから
やりたいことを見つけて好きなことを
熱心に取り組んでいる。

妻は実現したい夢があるせいか
いろいろなことに挑戦し、
一歩一歩前進している

それもこれも新月の日に
願い事をしているおかげで
叶えているようにみえてきた。

そこで信心深くない私も考え方を改め
新月の日だった昨日(26日)
夜空に向かってお願い事をしてみた。
| 次へ