CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高齢マンション | Main | 問題解決もそう遠い話ではないかもしれない»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
植樹実行委員会 [2008年01月21日(Mon)]
年末年始にかけて体調をこわしたりしたが、ようやく元気になり、ブログを久しぶりに書きます。

昨晩は、私の住んでいる地域の拡大役員会が行われた。
平成19年度総会で承認された行事計画(案)の一つである「柳丸緑道緑化推進運動・桜並木造成」について検討するため、地域の主だった役員・班長らが集まっている。
行事計画(案)の説明では、地域内にある緑道に桜並木を実現するための資金として「宮崎市みどり推進会議」の「緑の募金緑化事業」に申請し、市からの補助金を活用しようという提案であった。
ようやく、その補助金を獲得するめどがついたので、2月に植樹祭を実施することについて話し合いが行われたのだが。

開始早々から思わぬ出来事もあったが、桜の植樹は地域の小学生の家族にお願いし、数年後に立派な桜並木の緑道になれば、子供たちの思い出となるのではないかと計画されている。
その小学生のご家族にお願いするために、地域内の子供に関わる団体の協力を得ようと働きかけたが、スムーズに事が進まないので班長さんが手分けして呼びかけることとなった。

計画の立案から具体的に進めるため準備作業、地域の役員らの協力を得るための根回し、市役所との交渉ごとまで、実務に携わった人の苦労が資料を見てよくわかる。
このような人が地域内のコミュニケーション形成づくりに貢献している。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ブログが更新していないのでとても心配していました。お元気そうでほっとしました。

今日ちょうどテレビで別の町の植樹のこと見ました。
今の子ども達は結果しかしらない。
過程を知らないから何でも大事にしないという話しで、
桜の植樹をなんでするのか?を伝えている内容でした。

こがちゃんは・・
小学生の親子にしてもらうのは過程を知るいいチャンスだと思いました。

子どもを安心して生み、育てられる町
地域の方の協力なしでは出来ません。
柳丸は街灯を青色にしたり、頑張っている町ですよね。
植樹した木が大きくなった時、
その町がやってきた成果が素敵な形で出てくるような気がします。

地域を考える町づくり
ぬーの様の力が発揮される時ですね。
頑張ってください力こぶ
Posted by: こがちゃん  at 2008年01月21日(Mon) 23:36