CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«雑用に追われる | Main | 選定基準»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
課題は見えてこない [2009年03月14日(Sat)]
宮崎市から車で40分程かかる場所で開催された
NPO講座に参加してきた。

今回の講座は、2月から3月にかけて連続して
3回行われるもので、今回が2回目となる。

1回目の高鍋町からお隣の新富町に場所を移し
会場も公民館からゴージャスなイベントホールである
新富町文化会館で開催された。

曜日と時間と内容も違ってくるので
いちがいに比較は出来ないと思うが
今回はちょっと満たされないものを感じる。

コーディネーターやパネリストに名を連ねている人らは
行政のトップやNPOの第一線で活躍した人たち。

パネルディスカッションでの論議も良かったと思う。

ただし、今までと違う不自然さを感じるのはなぜかと
そのことを考えながら宮崎市へ戻ってきた。

まず思い浮かべたのは、会場の大きさ。

それと児湯郡で活動しているNPO法人が
何故、パネリストに参加していないとの疑問。

せっかく児湯郡内で開催するNPO講座だから
適当な人がいなかったら、主催者の代表者でも参加すると
地域の課題や問題点もテーマになり参加者も増えたのではないか。

さらに、気になったことがもう一つある。

パンプレットを配布しても地元からの参加者が少ない原因を
地域住民の関心の薄さとか、行政のトップが参加したからと
責任転嫁しているようでは・・・

これを教訓として、次に生かさないと
いつまでたっても課題は見えてこない。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

» 新富町でのNPO講座 from 宮崎発「街が元気だネット!」
【投稿 レポーターS】

 NPO・協働講座の感想ブログを紹介します。
宮崎のNPOの方が、熱心に受講され... [ReadMore]
Tracked on

コメントする
コメント