CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«着いた日は都心で雪 | Main | 一人旅»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
真骨頂が発揮された講演 [2009年03月02日(Mon)]
東京滞在2日目の土曜日(2月28日)は、
午前中は新宿駅周辺を散策することにした。



新宿サザンテラス内ある「新宿みやざき館KONEE」や
東急ハンズを見て回る。



そして、先月と同じように「東京おもちゃ美術館」に行ってみたら
ひな祭り人形が展示してあった。



午後からは、銀座にある歌舞伎座近くの会場で
「南信州ふるさと暮らしセミナー」に参加した。



長野県のNPO法人信州養命の里プロジェクトが主催する
このセミナーで田中尚輝氏が講演すると知ってやってきた。

主催者が企画したセミナーの狙いは、
長野県上伊那郡中川村へ都会からの移住者を呼び込もうとするもの。

その中での田中尚輝氏の講演題目は「都市と農村を結ぶ」。



田中さんの第一声は、
シルバー世代を想定に講演しようと思ってきたが・・・

それが、実際の参加者の顔ぶれを見ると
それよりも若い世代の多数来ていたので
ちょっと肩透かしを食らったと話していた。

そして、退職した会社人間は地域とのつながりもなく
自宅でゴロゴロしているので奥さんから疎まれることが多い。

ユーモアを交えながらの核心をつく話題提供は
田中尚輝氏の真骨頂が発揮された講演と思える。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント