CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鹿児島市に専門家が終結 | Main | どう備える? マンションの老朽化»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
ひとごとでは済まされない [2008年09月26日(Fri)]
い詰められている仕事を片付けるために
久しぶりに遅くまで事務所に居残りしている。

明日開催予定の「マンション管理講座」のために
翌朝は事務所へ早く来ないといけないので、
そろそろ自宅へ帰らないと疲れが残ってしまう。

もうすぐ午後11時を回りそうだなので帰宅しようと思っていたら
突然、今日ブログを更新していないことを思い出し
またまたパソコンに向かいキーボードを打っている。

昨日と今日、難しい相談事が持ち込まれている。

ひとつは認知症がかなり進んでいる一人暮らしの高齢者について。

もうひとつは、お隣さんの迷惑行為で困っていることについて。

私一人では手に負えないので、
NPO関係者など各方面に連絡を取り合い
情報を集めたうえで、相談者へ返答している。

特にこれから増えてくる認知症住民への対応は
ひとごとでは済まされない問題。

認知症患者は、どのような症状があらわれるか
しっかりと理解していないと間違った対応をするときがある。

そうしたことにより、症状を悪化させたりするケースもあると聞く。

認知症患者やその家族を支援しているNPO関係者の
お話や施設を見学することにより
高齢者の親を抱えている私も考えが変わるきっかけとなった。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント