CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«文句を言ったらバチが当たりそう | Main | 大きなプラスとなった一日»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
見直す機会 [2008年07月10日(Thu)]
宮崎市では家庭ごみ「燃やせるゴミ」と「燃やせないゴミ」は、
宮崎市指定ごみ袋に入れて出さないと回収してくれない。

いわゆる家庭ごみは有料化になっているのが当然だと考えていたので、
先月、岡山市に行ったとき岡山市では有料でないと聞いて意外に思った。

その翌日の地元新聞には、岡山市議会の委員会では、
家庭ごみ処理を有料化するための条例改正案を
継続審査になっているとの記事が掲載されていた。

どこの自治体も増え続ける家庭ごみと、それを処理するための費用増大に
頭を抱えていたので、家庭ごみの有料化に踏み切っていると思う。

家庭ごみの有料化を進める目的は、以下のことが考えられる。

@家庭ごみの減量化
Aごみ処理費用の削減
Bリサイクルによる循環型社会の促進
Cごみ焼却施設や最終処分場の建設が困難

インターネットで家庭ごみの有料化を検索していたら
仙台市で2008年10月、ごみの有料化が始まることを知った。

今までは宮崎市で行われていることは、
他の県庁所在地でも同様に実施されていると思い込んでいた。

当然だと思っていたことが、地域によって事情が違うのだと、
よそへ行ってみて、気がつかされた。

また、家庭ごみにあまり関心を示していなかった私が
急に関心を持つようになったのも、ごみの「分別大使」になってから。

県外に出掛けてみること、その土地の人と親しくなること、
いろいろなことに挑戦し体験すること、
それぞれが自分自身を見直す機会となっている。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント