CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«コミュニティビジネスへの道(7) | Main | 毎日温泉通い»
プロフィール

ぬーのさんの画像
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
せとぽん
気の緩み (01/10)
せとぽん
一方通行で終わるかもしれない (11/17)
こがちゃんさまへ
美味しいお団子 (11/11)
こがちゃん
美味しいお団子 (11/10)
こがちゃん
存在が大きく影響している (10/26)
ぬーの
感謝申し上げる (10/25)
せとぽん
感謝申し上げる (10/23)
鹿児島管理組合員
成果が実を結ぶ (10/11)
大京労働組合
全国マンション問題研究会 (09/18)
ぬーの
初デビュー (09/14)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/core2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/core2/index2_0.xml
その人次第 [2008年04月28日(Mon)]
人が替われば組織も活性化するのだと、改めて再認識した一日となった。
昨日の説明会には、実に多数のマンション住民が集会室に集まった。
理事長にお聞きすると、過去の総会でもこんなに人が集まったことがないそうだ。
では来月開催する総会では、もっと多くの人が出席する可能性があるので、別会場を探さないといけませんねと、嬉しい悲鳴をあげている。

マンション管理組合の運営の基本は、「運営の透明化」と「情報の開示」につきる。
昨日伺ったマンション管理組合は、その基本を積極的に実践しているから、住民も関心を示し多くの人が集まっている。

このマンションは管理組合理事長が替わってから、大きな変貌を遂げている。
そして理事長の考え方に賛同した役員の面々が、理事長をサポートするために、それぞれが役割を分担し合い、管理組合運営を支えている。
だから毎回行く度に、理事長以下管理組合役員の熱心さが伝わってくる。

今までいろんなマンション管理組合をサポートしているが、こんなに変貌を遂げたマンションも珍しい。
変貌を遂げた背景は、第一に理事長の人柄と熱心さ、第二に管理組合運営の実務が出来る人材が豊富だったのかと思われる。

実は最初から管理組合運営に関心を持つ人が、多かったわけでもない。
やはり管理会社任せで十数年過ごしてきたわけだが、その反省が今生きている。

現在の理事長が就任してからは、管理会社の変更も実現した。
それによって数百万の管理業務委託費の削減、そしてなによりも管理の質も向上している。
管理費削減して浮いたお金は修繕積立金会計に計上しているので、管理組合会計にも貢献したことになる。
いろいろな意味で良い影響を与えている。

以上のことを思うと、次のことが挙げられる。


人が替われば組織も変わる。

それはNPOも当てはまる。

それが良いほうに変わるか、悪いほうに変わるかは、その人次第。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント