CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年11月 | Main | 2013年01月»
第216回ランチタイムコンサート [2012年12月26日(Wed)]

「ニューイヤーコンサート」
0109.jpg
【日時】

2013年1月9日(水)12:10〜12:50
(入場無料)

【出演者】

向山 加菜(むかいやま・かな) / ピアノ
<出演者からのメッセージ>

【曲目】

♪ ハイドン:ピアノソナタNo.62 Hob.52
♪ ドビュッシー:
アラベスク第1番 前奏曲集第1巻より「帆」
前奏曲集第2巻より「花火」
♪ ショパン ノクターン第20番 「遺作」

【プロフィール】

向山 加菜(むかいやま・かな)ピアノ
東京都出身。3歳よりピアノを始める。6歳より現在まで藤井ゆり氏に師事。洗足学園高等学校音楽科を経て、洗足学園音楽大学ピアノコース・同大学専攻科を首席で卒業。独奏、伴奏、コンチェルト等で数々の演奏会に出演。第4回 洗足学園ジュニア音楽コンクール 第2位。第5回 洗足学園ジュニア音楽コンクール 第3位。学びの森音楽祭2009室内楽アカデミーデュオ部門にて優秀賞を受賞。NHK交響楽団コンサートマスター篠崎史紀氏と共演する。大学在学中、安永徹氏、市野あゆみ氏特別選抜生に選ばれて、演奏会に出演。
これまでに、ピアノを 河村茜氏、藤井ゆり氏、曲尾雅子氏に、室内楽を 磯恒男氏、安永徹氏、市野あゆみ氏、篠崎史紀氏に師事。田崎悦子ピアノマスターコース受講。
横浜シティ・オペラ会員〔ピアニスト〕現在は独奏ピアニスト、伴奏ピアニストとして活動する一方、後進の指導にもあたっています。




• 入場無料・予約不要・途中入退場可能です(なお、お席には限りがございます)。
• 演奏時間・演奏曲目等 変更になる可能性があります。予めご了承下さい。
• お車でのご来場はご遠慮下さい。

【今後のコンサート予定】


ピアノとフルートで奏でる優美な調べ
2013年1月23日(水) Wed 23 Jan 12:10〜12:50
<出演者>
北村 沙織 /  ピアノ
柴山 ゆうか / フルート

(仮)ピアノソロコンサート
2013年2月13日(水) Wed 13 Feb 12:10〜12:50
<出演者>
調整中

(仮)音楽コンサート
2013年2月27日(水) Wed 27 Feb 12:10〜12:50
<出演者>
調整中

(仮)音楽コンサート
2013年3月13日(水) Wed 13 Mar 12:10〜12:50
<出演者>
調整中


<お問い合わせ先>
日本財団 ランチタイムコンサート係
住所: 〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2
電話番号: 03-6229-5111
メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp
1月9日コンサート出演者メッセージ [2012年12月26日(Wed)]

向 山 加 菜(むかいやま・かな)/ ピアノ

0109.jpg


はじめまして。 向山 加菜と申します。

今回、このような演奏の場をいただくことが出来、 大変嬉しく思っております。

2013年が 希望の年 と なりますよう願いをこめて、 精一杯 演奏をさせていただきます。

 皆様のお越しをお待ちしております。

<演奏曲>

※ハイドン   ソナタ第62番 変ホ長調 作品82  Hob.52

ハイドンのピアノソナタの中で最後期に書かれた作品。1794年作曲。
この時期は、長年仕えたエステルハージ家を離れた後、ロンドン公演を大成功におさめるなど、傑作が多く生まれた。 全3楽章から成り、とても華やかな作品である。

※ドビュッシー   アラベスク第1番

ドビュッシーの初期の作品で、最も有名な曲の中のひとつ。1888年作曲。
ロマン派の影響が残っている。曲名のアラベスクは、アラビア風や唐草模様という意味。
とても美しく繊細な作品である。

※ドビュッシー   前奏曲集第1巻より「帆」・第2巻より「花火」

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」や ショパンの「24の前奏曲」などと同様に、24曲からなる前奏曲集。(ただし、これらとは異なり24の調に1曲ずつ作曲したわけではない。
ドビュッシー後期の作品集。第1巻は、1910年、第2巻は1913年に完成。
作曲法の様々な新しい試みや、その美しさで、ドビュッシーのピアノ作品の集大成ともいえる作品集である。

「帆」は、ドビュッシー自身が、その曲名の解釈に二説与えている。一つは、小舟の<帆>を表すという説。 もう一つは、女性の身にまとう<ヴェール>を表すという説。
「花火」は前奏曲集最後の曲であり、フランス独立祭の、打ち上がる花火の様子を描いた作品。
色彩感にあふれ、曲の最後には、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」も聞こえてくる。

※ショパン ノクターン第20番 「遺作」

ノクターンの中でも特に有名な曲のひとつ。1830年(ショパンが20歳の時)に作曲され、ショパンの死後、1875年に出版された。 姉のルドヴィカに捧げた曲であり、ショパンがそれ以前に作曲していた代表曲「ピアノ協奏曲第2番」を彼女が練習する為に書かれた曲とも言われている。 それゆえ、この曲の随所に「ピアノ協奏曲第2番」と、非常によく似たパッセージが出てくる。
心に訴えかけるくるような切々としたメロディーが印象的である。
日本財団Facebook・共コンクール【共コン】にランチタイムコンサートの様子が投稿されました! [2012年12月18日(Tue)]

12月12日のランチタイムコンサート(ピアノ:江沢茂敏さん)の様子が現在開催中の日本財団Facebook・共コンクール【共コン】にモデル映像として投稿されています。



日本財団Facebook・共コンクール【共コン】とは〜!

共コン.jpg


テーマは「情 熱」!

全力、夢中、必死になっている、情熱溢れる姿を撮影したショート動画を、日本財団の
公式Facebook上で募集します。ジャンル・内容は自由。映像から伝わる“情熱”をシェアして、日本中を元気に!! 

主催: 日本財団
募集期間: 2012年12月11日(火)〜2013年1月31日(木)
募集作品:全力、夢中、必死になっている姿・様子を撮影した59秒以内の動画。
      ★試しにつくってみました→http://bit.ly/VxAhsW
賞:(1)日本財団賞=1点 賞金15万円
  (2)熱い情熱、伝わってきました(〃゜o ゜〃) 賞=1点 賞金11万円
詳細:日本財団公式Facebook ページ
http://www.facebook.com/NipponZaidan
日本財団ホームページ
   http://www.nippon-foundation.or.jp/news/articles/2012/27.html
第215回ランチタイムコンサート [2012年12月12日(Wed)]

「弦楽四重奏によるランチタイムコンサート」

【日時】
1226.jpg
2012年12月26日(水)12:10〜12:50
(入場無料)

【出演者】
Reve Quartett(レーヴ・カルテット)
松澤 舞(まつざわ まい):1stヴァイオリン
安藤 美陽(あんどう みはる):2ndヴァイオリン
寺田 さくら(てらだ さくら):ヴィオラ
安喰 千尋(あじき ちひろ):チェロ

<出演者からのメッセージ>

【曲目】

♪ ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
  弦楽四重奏曲第19番〈不協和音〉より第4楽章
♪ ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
  アイネ・クライネ・ナハトムジークより第1楽章
♪ クリスマスメドレー
♪ アントニン・ドヴォルザーク作曲 
  弦楽四重奏曲 第12番ヘ長調 作品96,B.179『アメリカ』


【プロフィール】

松澤 舞(まつざわ・まい):1stヴァイオリン
6歳よりヴァイオリンを始める。これまで、平波華映、佐藤良彦、中村静香、各氏に師事。2011年東京音楽大学アンサンブル・エンドレスのメンバーとして弦楽アンサンブル演奏会に出演。2012年、小林研一郎指揮にて東京音楽大学シンフォニーオーケストラ欧州公演に参加。現在、東京音楽大学4年在学中。

安藤 美陽(あんどう みはる):2ndヴァイオリン
ヴァイオリンを西浦弘美、石原崇子、福崎至佐子の各氏に師事。現在、海野義雄、大谷康子、嶋田慶子の各氏に師事。室内楽を横山俊朗、堀了介、百武由紀、百武恵子 に師事。第49回・第50回全四国音楽コンクール弦楽器部門高等学校の部本選第2位。2012年、小林研一郎指揮にて東京音楽大学シンフォニーオーケストラ欧州公演に参加。現在、東京音楽大学4年在学中。

寺田 さくら(てらだ・さくら):ヴィオラ
静岡県出身。
静岡県立清水南高等学校卒業。
ヴァイオリンを浅岡幸男、樽井直美、玉置勝彦の各氏に師事。
ヴィオラを兎束俊之氏に師事。
現在大野かおる氏に師事。
第29回静岡県学生音楽コンクール 弦楽部門中高生の部第3位。
2012年、小林研一郎指揮にて東京音楽大学シンフォニーオーケストラにて欧州公演に参加。
現在東京音楽大学4年在学中。

安喰 千尋(あじき ちひろ):チェロ
山形県出身。7歳よりチェロを始める。山形県立山形北高等学校音楽科卒業。
2011年、2012年東京音楽大学アンサンブル・エンドレスのメンバーとして弦楽アンサンブル演奏会に出演。2012年、小林研一郎指揮にて東京音楽大学シンフォニーオーケストラヨーロッパ公演に参加。
これまでにチェロをシン広京、茂木明人、堀了介の各氏に師事。
室内楽を荒井英治、景山誠治、水島愛子、店村眞積、百武由紀の各氏に師事。
現在、東京音楽大学3年在学中。




• 入場無料・予約不要・途中入退場可能です(なお、お席には限りがございます)。
• 演奏時間・演奏曲目等 変更になる可能性があります。予めご了承下さい。
• お車でのご来場はご遠慮下さい。

【今後のコンサート予定】


ニューイヤーコンサート
2013年1月9日(水) Wed 9 Jan 12:10〜12:50
<出演者>
向山 加菜 / ピアノ

ピアノとフルートで奏でる優美な調べ
2013年1月23日(水) Wed 23 Jan 12:10〜12:50
<出演者>
北村 沙織 /  ピアノ
柴山 ゆうか / フルート

(仮)ソロピアノコンサート
2013年2月13日(水) Wed 13 Feb 12:10〜12:50
<出演者>
調整中

(仮)音楽コンサート
2013年2月27日(水) Wed 27 Feb 12:10〜12:50
<出演者>
調整中



<お問い合わせ先>
日本財団 ランチタイムコンサート係
住所: 〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2
電話番号: 03-6229-5111
メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp
12月26日コンサート出演者メッセージ [2012年12月12日(Wed)]

Reve Quartett(レーヴ・カルテット) / 弦楽四重奏

1226.jpg
こんにちは。Reve Quartettです。
このような場所で演奏させて頂けることにメンバー一同感謝しております。

今回はドヴォルザーク作曲「アメリカ」とクリスマスにちなんだメドレーなどを演奏させて頂きます。
「アメリカ」はドヴォルザークが作曲した弦楽四重奏曲の中で最も有名な作品です。
弦楽四重奏の良さを皆様に味わって頂けるように精一杯演奏したいと思います。

〈タイトル解説〉
今回の演奏会は「弦楽四重奏によるランチタイムコンサート」ということで、2本のヴァイオリン、1本のヴィオラ、チェロといった弦楽器によって構成されるカルテットの曲を演奏させていただきます。ランチタイムにふさわしい、気持ちが爽やかになるような曲、またクリスマス直後ということもあり季節に合わせた曲目を選ばせて頂きました。


〈曲目紹介〉
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
弦楽四重奏曲第19番〈不協和音〉より第4楽章
モーツァルトが2年余りを費やした力作であり、古今の弦楽四重奏曲の中でも傑作とされる『ハイドン・セット』の最終曲。本日は第4楽章を演奏する。

アイネ・クライネ・ナハトムジークより第1楽章
13番目に書かれたセレナーデであり、モーツァルトの作品の中でも非常に有名な曲の1つ。日本語では『小夜曲』と訳される。

*クリスマスメドレー
「ジングルベル」等、お馴染みのクリスマス曲をメドレーにしてお贈り致します。

*アントニン・ドヴォルザーク作曲 
弦楽四重奏曲 第12番ヘ長調 作品96,B.179『アメリカ』
この曲は1893年、ドヴォルザークがニューヨーク・ナショナル音楽院の院長として招かれ渡米した翌年に書かれた作品である。「アメリカ」とは作曲者自身による命名ではなく、第2楽章の主部などに取り入れられた黒人霊歌やインディアンの歌を思わせる「アメリカ的」な楽想による呼び名である。そして至るところに顔を出す「チェコ的」な楽想が見事なバランスをもって作品に投影されている。