• もっと見る
« 2022年09月 | Main | 2022年11月»
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
10月は「個別労働紛争処理制度」周知月間 [2022年10月03日(Mon)]
10月は「個別労働紛争処理制度」周知月間
労働個別.jpg

実施期間
令和4年10月1日(土)から31日(月)までの1か月間

ひらめき職場のトラブルでお悩みの方へ
10月は「個別労働紛争処理制度」周知月間です。
労働条件の一方的な変更や解雇などでお困りな方は、
まずはお近くの県民生活センターにご相談ください。(秘密厳守)
また、職場トラブルの解決手段として、県労働委員会のあっせん制度もご利用いただけます。

ひらめき相談お申込み電話1(プッシュホン) 0120-9-39610(固定電話のみ)
相談受付センター(静岡県)
東部県民生活センター(沼津市) 電話1(プッシュホン)055-951-9144
中部県民生活センター(静岡市駿河区) 電話1(プッシュホン)054-286-3208
西部県民生活センター(浜松市中区)  電話1(プッシュホン)053-452-0144

問合せ
県労働委員会事務局
 電話1(プッシュホン) 054-221-2286 FAX054-221-2860

Posted by コミュf at 17:46 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第20回 日本語スピーチコンテスト 発表者募集! [2022年10月03日(Mon)]
第20回 日本語スピーチコンテスト 
発表者募集exclamation

応募用紙もコミュニティfにて配架中ですひらめき

2023年3月12日(日) 13:30〜15:30

場所
富士川ふれあいホール
富士市岩淵855-39

20221003174552626_0001.jpg



応募資格
●富士市に在住、在勤、在学の外国籍の方又は、外国籍だった方で、いずれも日本語を母語としない方。
●過去の本スピーチコンテストで、最優秀賞・優秀賞・特別賞を受賞していない方
応募期間
2022年10月3日(月)〜12月23日(金)
応募方法
スピーチ原稿と応募用紙を直接、郵送またはFAXで提出してください。
応募先
富士市国際交流協会事務局

<お問い合わせ・お申込み>
富士市国際交流協会事務局
〒417−8601
富士市永田町1丁目100番地 富士市役所3階市民活躍・男女共同参画課内
TEL:0545-55-2704 FAX:0545-55-2864 
Mail:fujicityair@gmail.com URL:https://fujiair.net/




静岡市番町市民活動センター情報誌 ばんたび 2022年10月1日  [2022年10月03日(Mon)]
静岡市番町市民活動センター情報誌 
ばんたび 2022年10月1日 No.52 

イベントの様子や防災ワークショップ講座の様子が特集されていますぴかぴか(新しい)


コミュニティfにて配架中です位置情報

20221003172410673_0001.jpg


20221003172442666_0001.jpg
2022年10月11日国際ガールズディ [2022年10月03日(Mon)]
2022年10月11日「国際ガールズ・ディ」
毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

途上国では多くの女の子が経済的、文化的な理由から学校に通えず、同年代の男の子と
比べて長時間を家事労働に費やし、10代前半で結婚を余儀なくされる状態にあります。
また、先進国でも女の子には社会的制約が存在します。この状況に対し、女の子の権利や
エンパワーメントの促進を広く国際社会に呼びかける日として、国際ガールズ・デーが
国連総会で採択され正式な記念日となってから今年で10周年を迎えます。

今年の国際ガールズ・デーは、気候変動をジェンダーの視点から捉える「女の子たちと
気候変動」をテーマとしています。気候変動は人類共通の重要課題ですが、気候変動に
より経済的困難な状況に陥ったことの影響を最も大きく受けるのが女の子で、彼女たちが
直面する問題は深刻化しています。

国際ガールズ・デーに合わせて、世界各地で女の子自らが声をあげたり、彼女たちを応援
したりするイベントが開催されます。国内でも以下のようなイベントがありますので、
参加してみてはいかがでしょうか。

■たかまつななさんと考える、女の子たちと気候変動
https://www.plan-international.jp/news/event/20220912_33606/

時事YouTuberのたかまつななさんとプランのアドボカシーグループ長島職員が、気候変動が女の子に及ぼす影響や課題をテーマに対談します。
気候変動に起因するさまざまなジェンダー課題について広く知っていただくことで、私たちができることは何かを一緒に考えてみませんか。
多くの皆さまのご参加をお待ちしています。


日時:2022年10月7日(金)20:00〜21:15
●場所:Zoomウェビナー
  定員:最大500人(先着順)
  参加費:無料
●参加申し込み 締切日:10月7日(金)17:00 申し込み終了


世代を超えて考えよう、少女たちの未来を!
https://danjo.osaka.jp/user/news/264/oxpzfqvequgbgg_9icbzyzg_10vs-x68.pdf
 kokusai.png

国連ウィメン日本協会が始めた世界の女性とともにジェンダー平等の社会を目指す「#ともに社会を変えよう」キャンペーンの一環として講演会を開催いたします。

講師は、若年女性のエンパワーメントを推進し、若者の声を政治や行政に届けている櫻井彩乃氏。彼女のエネルギー溢れる活動から、ジェンダー平等な未来を創造するための世代を超えた連帯を訴えていただきます。

プログラム

1.講演 櫻井彩乃氏  # 男女共同参画ってなんですか 代表
   「ジェンダー平等に向け、今こそ世代を超えた連帯を」


2、UN Womenのユース啓発・支援活動について


  日時:2022年10月10日(月・祝) 午前10:30〜12:00


  参加方法:オンライン開催 Zoomウェビナー

  参加費:無料

  定員:300名



ひらめき参加申込は下記WEBページのチケットを申込むからお申込み下さい



「国際ガールズ・デイ」のオンラインイベントをご紹介いたしました。
年に1度女の子の権利やエンパワーメントの促進を広く国際社会に呼びかける日として、また、世界の経済的困難な状況に陥ったことで、彼女たちが直面する問題を知る機会として
イベントに是非ご参加ください。。(スタッフより)


こどもたちの食の未来を考えよう [2022年10月03日(Mon)]
こどもたちのの未来を考えよう 
オーガニック給食の種まきプロジェクト in浜松
※ZOOM参加有り

20221003130545766_0001.jpg20221003130545766_0002.jpg

第1部 基調講演・「種と農とこどもたちの食の未来を考える」(印鑰智哉さん)
第2部 「学校給食の改革が始まった〜浜松・静岡県の学校給食の試み〜」
第3部 「実現かに向けてのディスカッション」

日時:
2022年10月23日(日)
13:00〜17:00

会場:
浜松市民協働センター 第1、第2研修室
(浜松市中区中央一丁目13-3)

定員:
会場60名 ZOOM参加100名

参加費:
@会場参加・500円(資料代)
AZOOM参加・1000円(Web資料代、1家族)

申込締切:
10月20日

主催:
はままつ種ねっとわーく・NPO法人しずおかオーガニックウェブ(SOW)

お問合せ:
はままつ種ねっとわーく
TEL:080-2625-2463(担当:川田忍) 

子ども達の食、学校給食のオーガニック化について考えるイベントが
浜松市民協働センターで行われます。ZOOMでも参加可能です!
食の問題について詳しい印鑰智哉さんの基調講演や、静岡県内で行われている
事例の紹介など、食の問題と改善について考えるきっかけになりそうですね。
夢見る小学校 上映会&お話会 [2022年10月03日(Mon)]
おとなも子どもも、こんな学校に行きたかった!
夢見る小学校

20221002094804561_0001.jpg20221002094804561_0002.jpg

ありのままな自分でいられる、子どもファーストな学校とは?

日時:
10月23日(日)
午前の部:10:00〜12:15(上映) 11:45〜12:15(クロストーク) 
午後の部:13:30〜15:45(上映) 15:15〜15:45(クロストーク) 

会場:
富士川ふれあいホール多目的室

参加費:
1500円(前売り)
※当日1600円

主催:夢見るプロジェクト富士
後援:富士市・富士市教育委員会

教育ドキュメンタリー映画「夢みる小学校」の市内初上映会を、富士・富士宮の”子どもの未来を考える”有志が企画されたそうです。学校に行っていて学んだことがたくさんありましたが、時には比較されて自信をなくしたり、これをやっていて本当に意味があるのだろうか?と疑問に思うことも多々ありました。上映会は、それぞれの大人たちが今一度教育について考える良い機会になると思います晴れ



| 次へ