• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
第39回吉原本宿寄席はじまりました [2022年09月11日(Sun)]
寄席202201.jfif

タウンマネージメント吉原主催の「吉原本宿寄席」が行われています!高座の前にはコロナ対策用飛沫防止のシートを設置し、講談、手品、三味線など4つの演目が行われ、拍手と笑い声が絶えず聞こえますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
第39回吉原本宿寄席 in コミュニティf [2022年09月11日(Sun)]
2022091101.jfif

こんにちは晴れ

本日は秋晴れexclamation今日はコミュニティfにて
第39回吉原本宿寄席 が行われます!(14時開場、14時半開演)
3年ぶりの開催で、笑いの会場が復活しますわーい(嬉しい顔)
2022年年度助成【ホース未来福祉財団】 [2022年09月11日(Sun)]
20220911120011822_0001.jpg

公益財団法人ホース未来財団
2022年度助成

ホース未来福祉財団は、「障害者の自立及び社会参加に関する各種活動に対し援助を行 い、障害者が健康的で明るい社会生活を営める環境づくりに貢献し、もって幅広く障害 者の福祉向上に資すること」を目的としています。 弊財団は、障害をお持ちの方々が健康的で明るい社会生活を営むために、周辺環境の障 害を取り除く必要があると考えています。ソフト面はもちろんですが、実際に生活をし ていく中でのハード面での障害が、まだ多く存在しています。様々な形でそう言った環 境を整えるためにご努力頂いている方々に対して広く支援を行っていきたいと考えて います。

募集内容
(1) 助成総額 1,600千円を予定 1件あたり最大 400千円
(2) 助成対象事業・活動
 ➀ 障害者の自立及び社会参加に関する活動
 ➁ 障害者による又は障害者を対象とする文化事業 (スポーツ・研究・出版等)  
➂ 障害者を対象とするボランティア活動

応募要件
(1) 2022年4月から2023年3月末までに完了する事業・活動に限ります。
  (助成事業初年度となる為、今年度に限り応募期間と重なっています)
(2 助成対象事業・活動は東京都で行われているものとします。
(3)「障害者の機能維持並びに機能改善に資する活動」の双方を対象とし、健常者と障害者が溶け込み、且つ共同している事業・活動を優先します。
(4) 中でも、障害者3〜7級の方々に焦点を当てた事業・活動を優先します。

応募〆切
2022年9月30日(金) (当日消印有効)

ひらめき応募方法、その他募集に関する詳細は団体ホームページをご覧ください

提出・問い合せ
〒145−0066 東京都大田区南雪谷2−17−8
公益財団法人 ホース未来福祉財団 事務局宛
TEL 03−3720−5800 E-mail info@horse-fw.or.jp

学生ボランティア団体活動体験レポート [2022年09月11日(Sun)]
20220911114424037_0001.jpg

一般財団法人学生サポートセンター
第20 回「学生ボランティア団体助成事業」
学生ボランティア団体活動体験レポート募集

目的
ボランティア団体活動の体験レポートを募集することを通じて、活動の意義や必要性を情報発信し新たなボランティア団体活動へとつなげていくことを期待するとともに、自由な発想と行動力によって社会貢献活動を行っている学生ボランティア団体を経済的に支援します。

資格
日本の大学、大学院、短期大学又は専門学校に在籍する学生を主たる構成員とする学生ボランティア団体で、原則として過去2年以上の活動実績がある団体の構成員(学生に限る)とします。ただし、令和3年度のこの事業において採択・助成された団体の構成員は除きます

応募方法
所定の申込書(様式1)に、「学生ボランティア団体活動体験レポート」の作成要領に沿って作成したレポートを添付し、必ず大学(学校)事務担当部局に応募する旨連絡した上で、「所属学生ボランティア団体の概要」(様式2)及び「推薦書」(様式3)とともに郵送により提出してください。(※申込書等は、当財団のホームページからダウンロードできます。)
なお、応募書類一式については、返却しませんのでご了承ください。

募集要項
申込書等(様式1、2及び3)レポートの作成要領

募集締切
令和4年10月14日(金)


ひらめきその他募集に関する詳細は、財団ホームページをご覧ください

お問合せ
一般財団法人 学生サポートセンター
163-0823
 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号
 新宿NSビル23階(株)学生情報センター内
 TEL 03-5539-8203 FAX 03-5539-8233
2023年度 防災教育チャレンジプラン 募集 [2022年09月11日(Sun)]
2023年度 防災教育チャレンジプラン 募集


●防災教育チャレンジプランとは
いつやってくるかわからない災害に備え、大切な命を守り、できるだけ被害を減らし、万が一被害にあったときすぐに立ち直る力を一人一人が身に付けるため、全国の地域や学校で防災教育を推進する為のプランです。

●募集の概要
防災教育チャレンジプランでは、全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。
そのプランの準備・実践に当たって発生する経費を支援し、実現に向けた防災教育チャレンジプランアドバイザーによる対面・オンラインでのアドバイスなどの支援を行います。

応募の中から選ばれたプランは、活動計画について前年度の活動報告会で発表、さらに実践した内容について、交流フォーラム(中間報告会)と活動報告会で発表していただきます。
活動報告会においては、優秀な実践活動に対して防災教育大賞・防災教育優秀賞・防災教育特別賞を授与いたします。

これからの時代の防災教育として、オンラインやオンデマンドを活用した活動など、様々なチャレンジをサポートし、その成果はホームページなどで幅広く公開します。

●サポートの内容
・プランの実践にかかる経費の提供/ 上限 30 万円(査定による)
※活動・予算計画書の提出及び団体名義の口座が必要となります。
・交流フォーラム(中間報告会)・活動報告会発表者への交通・宿泊費の支給。(1名分×3回分)
・プランの実現に向けて、下記サポート主体が対面・オンライン問わず助言や現地指導等の支援を行います。
・防災活動の手法・事例の収集と活動情報の発信ができる各種webツールを提供します。

●応募資格
防災教育を一層充実させたいと考えている教育・社会福祉施設(保育施設・幼稚園・学校等)、教育委員会、NPO、民間企業、個人、地域団体(民間事業所、各種団体、行政機関)
・採用された場合は、現地開催・オンライン開催問わず実践団体決定会、中間報告会、活動報告会の計3回の会合に出席できること。
・オンライン開催となった場合、参加可能なインターネット環境(通信回線、機材、アプリケーション等)を用意できること。

●応募締切り
2022年11月18日(金)15:00までに応募企画書をホームページにアップロード

●お問い合わせ・詳細
防災教育チャレンジプラン実行委員会事務局

応募に関する詳細は募集団体WEBサイトよりご確認をお願いします。
Posted by コミュf at 11:37 | 募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ