• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
ボランティアサポートのご案内 [2022年09月05日(Mon)]
企業従業員×NPO ボランティア活動のマッチング
ボランティアサポートのご案内

日本フィランソロピー協会では独自のボランティアマッチングサイト
「ボランティアウェブ」を運営し、企業従業員とNPOなど、非営利活動団体の皆さまのボランティア活動のマッチングをサポート。
年間延べ1879名(2020年実績)にご利用いただいています。
ひらめき当協会では
企業の従業員の社会参加促進のため、会員企業をはじめとする企業の従業員ボランティアのプログラム企画開発や、受け入れ団体の紹介および調整、事前・事後研修、運営協力等を行っています。

位置情報募集内容

ひらめき企業従業員の方との接点づくりや広報告知の入り口の1つとして
 是非ご活用下さい。

ひらめき「ボランティアウェブ」に登録いただける活動を募集しています。

 屋内・屋外ボランティア 
  ・NPO事務所での学習サポート・寄付物品仕分け作業・子ども食堂運営サポート ほか
  ・里山保全・ビーチのごみ拾い・視覚障がい者と地図づくり・炊き出しサポート ほか

在宅ボランティア
 ・団体ホームページの改修サポート・広報ポスター・動画作成
 ・炊き出し利用者へのお手紙書き・ツールを利用した音声地図づくり ほか

ひらめき上記についての掲載の申し込み
 お電話またはHPからお問合せ下さい。
「日本フィランソロピー協会 ボランティアウェブ」で検索を
 お願いします。 

ひらめき ボランティア導入企業(2022年8月現在/50音順)
アサヒグループジャパン株式会社
アストラゼネカ株式会社
伊藤忠商事株式会社
イオン株式会社
オリンパス株式会社
カルビー株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社ジェーシービー
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
積水ハウス株式会社
第一三共株式会社
パナソニック ホールディングス株式会社
富士通株式会社
株式会社ブリヂストン
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
株式会社LIFULL

位置情報お問合せ
公益社団法人 日本フィランソロピー協会
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
電話1(プッシュホン):03-5205-7580(平日9:30〜18:00)


スタッフのひとり言
富士市でも地域のボランティア・市民活動情報を発信していくことが
企業従業員と地域社会をつなぎ、より多くの社員の社会参加を促進
できるとことだと思います。
ボランテイア募集情報など市民活動でお困りの際には情報発信を致しますので
お気軽にスタッフにお声がけください。



広報ふじ 令和4年9/5 No.1268 [2022年09月05日(Mon)]
広報ふじ 令和4年9/5 No.1268

注目は
「まちあそび人生ゲーム in 富士」と「もしかして認知症?と思ったらご相談を」ですexclamation
コミュニティfでも認知症啓発パネル展を開催中なので是非、見に来てくださいexclamation


コミュニティfにて広報ふじ配架中です位置情報


20220905174746309_0001.jpg



2023年度 日本郵便年賀寄付金配分団体の公募 [2022年09月05日(Mon)]
2023年度
日本郵便年賀寄付金配分団体の公募

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 衣川 和秀)は、2023年度日本郵便 年賀寄付金配分団体の公募を2022年9月12日(月)から開始します。 2023年度日本郵便年賀寄付金の配分においても、東日本大震災などの被災者救助や新型コロナ ウイルス感染症の予防などの特別枠を設定しています。 皆さまからのより多くの申請をお待ちしております。

◆配分事業分野
 ●一般枠
(ア)活動・一般プログラム
(イ)活動・チャレンジプログラム
(ウ)施設改修
(エ)機器購入
(オ)車両購入
● 特別枠
(ア)東日本大震災、令和元年台風19号および令和2年7月豪雨の被災者救助・予防(復興) (イ)新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止  

◆助成金
申請金額(上限) 申請金額の上限は、1件当たり500万円とし、活動・チャレンジプログラムについてのみ 50万円とします。

◆配分対象団体
次のアに掲げる法人であって、イの事業を行う団体を対象とします。
● 一般枠:
 社会福祉法人、更生保護法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、
 公益財団法人または特定非営利活動法人(NPO法人)

●特別枠
 営利を目的としない法人
イ 「お年玉付郵便葉書等に関する法律」(昭和24年法律第224号)に定められた10の事業 (ア)社会福祉の増進を目的とする事業  
(イ)風水害、震災等非常災害による被災者の救助又はこれらの災害の予防を行う事業 (ウ)がん、結核、小児まひその他特殊な疾病の学術的研究、治療又は予防を行う事業 (エ)原子爆弾の被爆者に対する治療その他の援助を行う事業
(オ)交通事故の発生若しくは水難に際しての人命の応急的な救助又は
   交通事故の発生もしくは 水難の防止を行う事業
(カ)文化財の保護を行う事業
(キ)青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業
(ク)健康の保持増進を図るためにするスポーツの振興のための事業
(ケ)開発途上にある海外の地域からの留学生又は研修生の援護を行う事業
(コ)地球環境の保全
   (本邦と本邦以外の地域にまたがって広範かつ大規模に生ずる環境の変化に
               係る環境の保全をいう。)を図るために行う事業 

募集期間
2022年9月12日(月) 〜 11月4日(金)(当日消印有効)

◆申込み
 配分申請要領・申請入力フォーム 配分申請要領は別紙をご覧ください。
入力フォーム
 日本郵便年賀寄付金Webサイト(https://www.post.japanpost.jp/kifu/)

◆申請関係書類の送付先
〒100-8792
東京都千代田区大手町二丁目3番1号 大手町プレイスウエストタワー
日本郵便株式会社 総務室内 年賀寄付金事務局 宛

◆問合せ
日本郵便株式会社 総務室内 年賀寄付金事務局
電話:03-3477-0567
<受付時間> 平日10:00〜12:00、13:00〜17:00

◆日本郵便年賀寄附金助成制度活用事例集を配架しています。
   
20220905171152839_0001.jpg
第27回 静岡健康・長寿学術フォーラム [2022年09月05日(Mon)]
第27回 静岡健康・長寿学術フォーラム

今回のテーマは
「お茶を一服、健康と安全から長寿を考える」です。

参加無料
会場・オンライン同時開催
事前申込み制

令和4年10月21日(金)

会場
静岡県コンペティションアーツセンター「グランシップ」
静岡市駿河区東静岡2丁目3番1号


参加申込み・詳しくはコチラ⇓⇓

お問い合わせ
静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会事務局
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1
電話:054-264-5156 FAX:054-264-5160
E-mail:health_and_longevity@shizuoka-forum.jp
親子リフレッシュ体操 [2022年09月05日(Mon)]
富士発・女と男(人と人)のフォーラム(令和4年度男女共同参画推進事業)

るんるん親子リフレッシュ体操るんるん
    〜体の中から・外からも健康になろう〜

開催日:令和4年9月27日 (火)10時〜12時
会場:教育プラザ(会議室1・2・3)
    (富士市八代町1-1)
定員:親子15組 (参加者多数の場合は抽選)

参加費:500円

申込み:9月19日(月)
※参加者の合否は9月20日以降にメールにてご案内
注意事項:感染状況によりオンラインに切り替わる場合があります。
お申込みはお申込みフォームからお願いします。


20220905163301293_0001.jpg

問合せ先
●HappyはぐHeart 
メールアドレス:happyhugheart@gmail.com
●市民活躍・男女共同参画課 
電話:0545-55-2724(月曜日〜金曜日)

主催:HappyはぐHeart・きらり交流会議・富士市

スタッフのひとり言
親子一緒に体を動かし、子どもとふれあいながらママもエクササイズでき
心身の健康のための食生活の知識が得られるミニ講座付きだそうです。
夏の疲れを感じていませんか?夏の疲れは秋にあらわれます。
ちょっと、親子でリフレッシュしてみましょう
締切は9月19日です。早めのお申込みをお勧めします。
    
公益財団法人 SOMPO環境財団 2022年度 環境保全プロジェクト助成 [2022年09月05日(Mon)]
公益財団法人 SOMPO環境財団
2022年度 環境保全プロジェクト助成

SOMPO環境財団では、環境問題に取組むNPO・NGOや任意団体の環境保全プロジェクトが、より充実したものとなるよう資金助成を行います。

20220905162914794_0001.jpg

1. 対象となるプロジェクト
次の3つの条件を満たすプロジェクトが対象となります。
@ 活動の内容
原則として、国内において「自然保護」「環境教育」「リサイクル」「気候変動対応」など広く環境に関する分野で、実践的活動や普及啓発活動を行うもの
A 原則として2022年度中に開始予定のもの(すでに開始されているプロジェクトも対象)
B 継続性、発展性を持つプロジェクトであり、その成果が公益のために貢献するもの

2. 対象団体
次の2つの条件を満たす団体が対象となります。
@ 2022年12月末時点で公益法人、NPO法人または任意団体としての環境保全活動実績が2年以上あること
A 助成対象となったプロジェクトの実施状況および収支状況について適正に報告できること
(助成実施後、活動報告書等を作成いただきます)

3. 助成金額
1プロジェクトにつき20万円を上限とします。
(10団体程度、総額200万円を予定)

4. 助成金の使途
助成対象となったプロジェクトに関するものであれば、使途は問いません。

5. 応募締切日
2022年10月31日(月)当日消印有効


◆応募方法・詳細はSOMPO環境財団のHPのコチラのページへ
ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)助成公募第11回 [2022年09月05日(Mon)]
助成金情報
ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)助成公募第11回

【募集時期】
2022年9月7日〜2022年9月27日

【内容・対象】
「日本におけるジェンダー平等の実現を目指す取り組み」

※現代のジェンダーに関わる人権問題に、インターセクショナルな視点から解決に向けて取り組む活動を積極的に支援します。
※活動方法は限定しませんが、アドボカシー活動を積極的に支援します。活動現場から吸い上げた意見や思いを尊重する姿勢と、社会の仕組み・政策・制度をよりよく変えていく長期展望があることを期待します。
※未来を担う世代が中心になって取り組む活動を積極的に支援します。

【助成額】
1案件の助成上限を300万円とし、最大8案件への助成を予定しています。   
※自己資金充当、費用項目についての条件はありません(助成金は人件費にも充当可能)。

【助成期間】
2023年1月から1年間以上2年間以下の任意の期間を申請ください。

【応募資格】 ※抜粋
公募テーマに即し、以下の大項目を満たす団体・法人(法人格を問わない)・個人の事業が対象です。
1)「不公正の是正」「市民社会の形成」を目的とした事業であること
2)アドボカシーカフェを共催し、多様な市民との対話ができること
3)「助成発表フォーラム」への参加
4)中間期、助成活動終了後の報告
5) 活動地域について


【関連URL】

むらのおと 2022 夏号 [2022年09月05日(Mon)]
むらのおと 2022 夏号

20220905115824798_0001.jpg


”ふじのくに美しく品格のある邑(むら)”から季節の情報を発信しています!

今号では、沼津市の浮島のひまわり畑、富士市からは船津地区のはるやま21が取り上げられています。

浮島沼と呼ばれた低湿地帯では、水田に水を張った様子が絵のように美しい!
この田園風景を後世に残したいとの思いで「はるやま21」は活動しています。

お米作りを年間を通じて、地域の子どもたちに体験してもらったり、特産品づくりやブランド化を目指すなど、農業を次世代につなぐために、地域一丸となって守り、育んでいます。


★ 美しい写真入りの冊子です。農業体験のスケジュールなども掲載されていて、身近なイベント誌としても見ごたえあります。
ぜひ、コミュニティfでご覧になってくださいわーい(嬉しい顔)
| 次へ