CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
合理的配慮理解促進助成 [2021年11月13日(Sat)]
合理的配慮理解促進助成

本県では、障害のある人への合理的な配慮の提供の促進を図るため、合理的な配慮の理解の促進に関する講演会や研修会などを開催する団体や事業者などへの助成制度を創設しました。
詳細は、下記の公募要領、補助金交付要綱をご覧ください。

ひらめき合理的配慮:障害のある人から、社会の中にあるバリアを取り除くために何らか の対応を必要としているとの意思が伝えられたときに、負担が重すぎ ない範囲で対応すること(事業者に対しては、対応に努めること)。

〆切
令和3年11月30日(火曜日)〆切(郵送の場合は必着)

お問合せ

健康福祉部障害者支援局障害者政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2352

ファックス番号:054-221-3267

メール:shougai-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp


共に生きる社会は共に学ぶ学校から始まる〜「インクルーシブ教育」の普及を目指して〜 [2021年11月13日(Sat)]
共に生きる社会は共に学ぶ学校から始まる
〜「インクルーシブ教育」の普及を目指して〜

「インクルーシブ教育」とは
障害児と健常児が同じ教室で学ぶ教育のことですが、日本も国連の条約に署名し導入を目指していながら、実際には広がっていないのが現状です。

インクルーシブ教育がなぜ普及しないのか?そして、その解決方法とは?2人の障害児を育てる家族とともに「インクルーシブ教育」について考えます。

20211113100019016_0002.jpg

2022年1月23日(日)14:00〜

富士市交流プラザ 2F 会議室1

参加費無料  どなたでも

定員 45人(先着順)

参加方法 チラシQRコードより「お申込みフォーム」からお申込みください

Posted by コミュf at 12:03 | 講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「積水ハウスマッチングプログラム」2022年度助成 [2021年11月13日(Sat)]
「積水ハウスマッチングプログラム」
2022年度助成

“「わが家」を世界一 幸せな場所にする”をグローバルビジョンに掲げ る積水ハウスグループでは、お客様、従業員、社会の「幸せ」を最大化す るため、従業員と会社の共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラ ム」を実施しています。ESG(*1)経営の Social の活動の一環として、 SDGs(*2)の目標達成に向け、グループの役員及び従業員から拠出金 を募り、積水ハウス株式会社から同額のマッチングギフトを実施します。 ついては下記の各基金の支援内容に合致し、地域課題の解決に取り組み、 「地域の幸せづくり(「子どもが幸せに暮らせる社会・環境共生社会」を 実現)」に寄与するとともに、積水ハウスグループとの連携・協働の可能 性のある団体に助成します。

助成の種類
団体助成
「こども基金」「環境基金」に関わる地域・社会の課題に取り組むすべての団体を対象とします。 従業員の紹介・推薦が必要となります。
プロジェクト助成
申請プロジェクトに対して助成。 ※団体助成(団体維持費:管理費、家賃、人件費)ではありません。 従業員の紹介・推薦が必要となります。

対象となる団体
@ 積水ハウスグループのグローバルビジョン及び各基金の目的に適合し、非営利団体であること
A 積水ハウスグループの営業エリア(※沖縄県を除く 46 都道府県)で活動を展開していること(事務所の所在 地は日本国内であること/活動対象が海外であっても良いが活動の拠点が上記にあること)
B 積水ハウスグループの営業所や事業所の推薦があり、助成期間に連携・協働の可能性があること
C 積水ハウスグループ従業員が参加できるボランティア活動を提案できること
D 活動の継続性(2022年4月1日からさかのぼって3年以上の活動実績。つまり2019年4月1日以前 から活動が開始していること。任意団体での活動期間を含む)があること
E 公共性の高い活動であること
F 活動主体の経営の健全性及び透明性が確保されていること
G 団体を構成する会員が5人以上いること

※助成申請には、積水ハウス従業員からの推薦が必須となります
(団体助成、プロジェクト助成ともに)。詳細は募集要項をご確認ください

応募締切
2021年12月3日(金)

募集に関する詳細は、団体ホームページをご覧ください


問合せ先
<協働事務局> 社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:江渕
〒540-0012 大阪市中央区谷町2−2−20−2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
メール:sekisuihouse-matching@osakavol.org
TEL:06-6809-4901(代) FAX:06-6809-4902
食文化と日本平観光のコラボツアー「日本平 芸と食と絶景と」の開催 [2021年11月13日(Sat)]
20211113111556460_0001.jpg20211113111556460_0002.jpg

食文化と日本平観光のコラボツアー
「日本平 芸と食と絶景と」の開催

「日本平 芸と食と絶景と 実行委員会」(FDA、日本平ホテル、JTB、静鉄リテイリング、静鉄バス、静鉄タクシー、SPACなどで構成)は11月下旬に、日本平の地域資源であるSPACの拠点「舞台芸術公園」、食文化、景観を組み合わせた下記イベントを開催し、これを周遊する日本平観光バスツアーを催行します。

日程 
令和3年11/20(土)、21(日)、27(土)、28(日)

会場 
舞台芸術公園野外劇場(静岡県静岡市駿河区平沢100−1)、
日本平山頂 ほか

主催 「日本平 芸と食と絶景と」実行委員会

申込
ステージ観覧、バスツアーは事前の予約が必要です。
(問い合わせ先)日本平 芸と食と絶景と実行委員会
電話:052-446-5099
よしもと芸人伝授!スマホ・デジタル活用術(中級編) [2021年11月13日(Sat)]
よしもと芸人伝授!スマホ・デジタル活用術(中級編)

住みます芸人さこリッチが教えます!
20211113100019016_0001.jpg

◆ 講師
さこリッチ(静岡県住みます芸人)
NSC広島1期生、2003年デビュー。2014年に静岡に移住し、2021年よりピン芸人。
現在、静岡朝日TV「とびっきり!しずおか土曜版」「となりのスターさん」などの県内メディアに多数出演中。


◆ 日時
令和3年12月22日(水) 19:00〜20:45(開場:18:30)

◆ 場所
富士市民活動センター・コミュニティf 

◆ 対象
どなたでも(富士市民限定 15名まで) ぴかぴか(新しい)受講無料

◆ 持ち物
スマートフォン

◆ 申し込み方法
電話 57-1221  fax to 57-1091  mail to info@com-f.net
コミュニティf窓口でも受け付けています。


| 次へ