CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
起業と連携し地域活性!農村再生デザインセミナー オンライン配信 [2021年02月21日(Sun)]



seminergaiyou.jpg

【2月24日】「地域と連携し地域活性!農村再生デザインセミナー」をオンライン開催します

  • 日時:令和3年2月24日(水曜日)13時30分〜16時30分
  • 方法:オンライン配信(YouTubeライブ)
  • 内容:基調講演、事例紹介、事例発表(地域・企業等連携型農村再生デザイン事業)、パネルディスカッション

参加方法

「申込書」に(1)氏名、(2)電話番号、(3)メールアドレスを記載の上、農地保全課へご送付ください。

後日、メールアドレスへセミナーのURLを送付します。

申込は2月12日(金)までひらめき

申込書(兼チラシ)(PDF:907KB)


【送付先】静岡県農地保全課(FAX、またはメール)

FAX:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp


20210221110447822_0001.jpg20210221110447822_0002.jpg

静岡県の食文化シンポジウム [2021年02月21日(Sun)]
20210221105415428_0001.jpg

《2月23日(火・祝)オンライン配信》静岡県の食文化シンポジウムの開催

2月23日(火・祝)の富士山の日に、県内の有名ホテル・旅館の料理人が考案した県産食材を使った「おうちで食べたいレシピ」の紹介や、料理人が思う静岡県の食の魅力を語るシンポジウムをYoutubeにてオンライン配信します。

1・日時

令和3年2月23日(火・祝)14時00分-15時30分【オンライン配信】

URL:https://shizuoka-shokubunka.jp/(外部サイトへリンク)

2・対象

どなたでも閲覧可能です。

3内容

(1)考案レシピ紹介

料理名

主な使用県産食材

1.うなぎとトマトの白味噌チーズグラタン

浜名湖うなぎ、トマト、セルリー、新玉ねぎ

2.富士の鶏と美黄卵の2色丼

富士の鶏、美黄卵

3.三島馬鈴薯まんじゅう

三島馬鈴薯、にんじん

4.金目鯛の棒寿司

稲取金目鯛、きぬさやえんどう

(2)パネルディスカッション

〜テーマ〜富士山の日に家庭で食べる静岡県の食材と郷土料理

進行:アナウンサー鬼頭里枝氏

パネリスト(上記レシピの考案者)


旅館・ホテル名

地域

役職・氏名

1.オークラアクトシティホテル浜松「和食堂山里」

西部

調理長坪井俊寿氏
2.グランヒルズ静岡「日本料理花凜」

中部

料理長保科祐司氏
3.みしまプラザホテル「割烹菱屋」

東部

調理長川口功二氏

4.稲取銀水荘

伊豆

調理長冨田勝氏

(3)質問コーナー

事前にホームページに寄せられた質問に対して、料理人がプロの目線からお答えします。

ご質問される方は、上記のホームページの「レシピ考案者への質問」から記載・送信してださい。

詳細は静岡県公式ホームページをご覧ください


消費者トラブル(NPO法人しずおか消費者ユニオン) [2021年02月21日(Sun)]
ひらめき消費者トラブル2月23日電話相談会ひらめき

静岡市葵区のNPO法人しずおか消費者ユニオン
消費者トラブルの電話相談会を開催します。
弁護士、司法書士、消費生活相談員が相談に応じます。
新型コロナウイルスの影響で生活が苦しくなった人からの
相談にも対応します。

■開催日:2021年2月23日 10:00〜16:00

■ 054-266-5310(NPO法人しずおか消費者ユニオン)

 NPO法人ホームページ

■静岡県で消費者被害にあったときは・・・・
消費者トラブル.png
契約時や解約字のトラブルがあった場合は、まずはお住まいの地域の
消費生活センター相談窓口へご連絡ください。
消費者ホットライン(電話番号:188)

しずおか消費者ユニオンへの情報提供
TEL. 054-266-5310(火曜日と金曜日の午後1時から3時まで)    FAX. 054-266-5311(24時間受け付け)


いのちとこころを守るSOS基金 [2021年02月21日(Sun)]
20210221.png

いのちとこころを守るSOS基金

本基金では、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化により負担を抱える人々への社会的支援に取り組む、各団体・事業者・医療機関などに対して、下記のような活動費用を助成します。

短期・直接的な支援にかかる費用
オンライン相談やイベントなど、精神的疲弊に寄り添いケアする活動に関わる費用
医療・介護従事者や感染経験者、その家族などへの差別解消啓発活動に関わる費用
住まいを失った人々への一時宿泊用施設・シェルターの提供などに関わる運営費用
電話相談・ホットライン対応、こども一時預かり保育所など増大する対応に関わる人件費
弁当配布、こども食堂の実施など、食糧支援に関わる費用

長期的・継続的支援にかかる費用を行うための費用
オンライン相談窓口の開設など、医療機関、介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育などにおける、オンラインツールの導入・開発に関わる費用
医療ケア児など、配慮を必要とする当事者を受け入れるための物品購入・施設の改修費用
withコロナ、アフターコロナを見据えた、長期的な居場所づくりに関わる費用
こども食堂実施時の飲食店許可取得など、社会的支援の実施・継続に関わる許可申請・事務などにかかる事業費用
その他、仕組みづくりなど、各団体・事業者・医療機関などが新型コロナウイルス感染症対応を実施する上で発生する費用

<基金の募集及び助成時期>
基金の募集期間:
2021年1月6日(水)〜2021年3月26日(金)23時まで (79日間)

基金の助成申請期間:

2021年2月3日(水)〜2021年2月26日(金)午後6時まで(24日間)

助成決定時期:

2021年4月7日(水)頃を予定

助成対象期間:

※本助成の対象は申請事業において下記の期間内に発生する費用とします。

2021年1月〜2021年12月末日まで


ひらめき助成に関する詳細は団体HPをご覧ください


本基金の運営に関するお問い合わせ
新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金運営事務局(READYFOR株式会社):grant_covid_sos@readyfor.jp


| 次へ