CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
天使を想う お話会 [2021年01月15日(Fri)]
天使想う お話会

小さな命を失ってしまった、天使ママ・パパさんのためのお話会です哀しい気持ちや苦しい気持ち、我が子への想いを、たったひとりで抱え込まず、この場でお話ししてください。

少人数制でスタッフも同じ経験者なので、ゆったりとした気持ちでお話しできます。


開催日
1月22日(金)

場所

参加費
お話会500円

申込み
ハハコグサ



Posted by コミュf at 17:32 | 講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「課題解決プロジェクト募金」〜使いみちを選べる赤い羽根共同募金〜 [2021年01月15日(Fri)]
「課題解決プロジェクト募金」
      〜使いみちを選べる赤い羽根共同募金〜

20210115133442012_0001.jpg



【主催】社会福祉法人静岡県共同募金会

【実施期間】令和3年1月1日(金)〜3月31日(水)

【参加団体】13団体

【目標額】総額6,157,000円

【使いみち】(例) 生活困窮者の自立支援事業
    高齢者や障がい者、ひきこもり当事者の孤立防止
    子ども食堂事業
    若者への自殺防止のための「いのちの電話カード」配布など

■4つの特徴
  • @ 寄付金の使いみちを選べます。
  • A 税制上の優遇措置が受けられます。
  • B 法律に基づいた募金活動です。
  • C 団体自ら募金活動を行います。

かわいい要項及び払い込み用紙はコミュfにあります!

ひらめき詳しくはこちらをご覧ください→→
令和3年度版「富士市子育てガイド」及び「富士市子育て支援情報誌」官民協働発行事業者の公募について [2021年01月15日(Fri)]

令和3年度版「富士市子育てガイド」及び「富士市子育て支援情報誌」     官民協働発行事業者の公募について

令和3年度版「富士市子育てガイド」及び「富士市子育て支援情報誌」の発行に係る
官民協働発行事業者を募集します。

「富士市子育てガイド」及び「富士市子育て支援情報誌」の概要

富士市子育てガイド】
富士市の子育て支援に関する制度・サービスについて、子育て中の市民に分かりやすく提供するため、子育てに関する情報を一冊にまとめた「富士市子育てガイド(以下、「子育てガイド」)」を作成します。
妊娠された方や、富士市へ転入する子育て世帯の方を中心に配布するほか、各地区のまちづくりセンターや児童館等に配架しています。

【富士市子育て支援情報誌】
市全体で子育てを応援する機運を醸成するため、市内の子育てに関する情報を小冊子にまとめ、

季節ごと(年に4回)全戸に配布しています。


協働発行事業者の公募について


上記冊子の発行は、市民サービスの向上及び地域経済の活性化を図ることを目的として、

官民(市と民間事業者)の協働により行います。
協働発行する民間事業者をプロポーザルにより選定しますので、プロポーザルへの参加を希望する

事業者は、下記実施要領に沿ってご応募ください。





公募参加受付期間令和3年1月15日(金曜日)から1月25日(月曜日)まで
企画提案書提出期間令和3年1月29日(金曜日)から2月15日(月曜日)まで
選定・協定の締結令和3年2月下旬
冊子の発行【富士市子育てガイド】
令和3年5月
【富士市子育て支援情報誌】
令和3年5月、7月、11月、令和4年2月(予定)


その他詳細はリンク先から

Posted by コミュf at 12:21 | 募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【オンライン開催】「未来へつなぐ富士市の自然といきもの」 [2021年01月15日(Fri)]

生物多様性シンポジウム

未来へつなぐ富士市の自然といきもの」

 生物多様性を健全な状態で将来の世代に引き継いでいくため、
2020年3月に生物多様性ふじ戦略を公表しました。
本シンポジウムでは、富士山と生物多様性をテーマにした基調講演のほか、
現在市や事業者にて行っている、生物多様性保全へ向けた取組などをご紹介します。
なぜ今、生物多様性が重要なのか、富士市の自然といきものを守るために今日から
私たちにできることは何なのか、本シンポジウムを通して一緒に考えてまいりましょう。

rn2ola000002sqgs_page-0001.jpg

日時:

令和3年2月21日(日曜日) 14時00分〜16時20分


聴講方法:

オンラインにて配信いたします。スマートフォン等タブレット、

またはパソコンからご覧ください。

参加用URLや詳細な参加方法は、後日参加者にメールにてお送りいたします。


参加費:無料


定員:80名


基調講演:山田辰美氏 命の山・富士と生物多様性」

生物多様性保全への取組:

(1)富士自然観察の会 会長 小澤緑氏

(2)旭化成株式会社 富士支社長 加藤 仁一郎氏

その他詳細はリンク先から


rn2ola000002sqgs_page-0002.jpg
| 次へ