CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
15周年企画【足跡No.100】 [2020年07月09日(Thu)]
15周年企画【足跡No.100】
オリジナルだるまコンテスト
     (富士市まちの駅吉原エリア主催)
だるまを通じて地域活性に取り組む「富士市まちの駅吉原エリア」
はオリジナルだるまコンテストの審査会を市民活動センターで
開いた。
作品は1月25日〜2月9日まで市民活センターの交流スペースで
展示する。

富士市特産の「鈴川だるま」に絵付けやデザインを施し工夫を凝らしただるまが97点集まった。審査員は全日本だるま研究会の中村浩訳会長
ら3人が務め、独創性やメッセージ性などを審査した。
このコンテストは富士市で毎年開かれる日本最大規模のだるま市
「毘沙門天大祭」を盛り上げ、富士市を「日本一のだるま市のまち」としてPRする取組みの一環

 大人部門大賞:堀野さん  子ども部門大賞:佐藤さんが
 選ばれました。  静岡新聞2020/01/25掲載記事
20200709174517061_0002.jpg



15周年企画【足跡No.99】 [2020年07月09日(Thu)]
15周年企画【足跡No.99】

ぴかぴか(新しい)FUJI 未来塾の公開プレゼンテーションぴかぴか(新しい)

2020年1月11日、富士市は市民活動の担い手の育成や人材発掘を目的
とした「FUJI未来塾」の公開プレゼンテーションを富士市民活動センター「コミュニティf」で行った。
今回で5年目となる「FUJI未来塾」は高校生から60代までの25人
が計5回の講座を受講した。
テーマは「まちのためにできること」とし、各グループが設定した
課題や取組みを研究して発表に臨んだ。
受講生が多彩なアイデアを市職員や地元住民に披露した中で目立った
研究成果があった内容は以下のもの
●20年10月に供用開始する新ごみ処理施設内にできる環境啓発
 施設のPRのため「自転車キャラバン隊」を実施し市民の活用や
 ボランティア募集の目的を説明
●同市のリノベーションビル「沢田ビル」で年数回映画上映を開催し
 映画館再開を模索を説明
              静岡新聞記事 2020/01/12
20200709174517061_0001.jpg


2020年度B&G海洋クラブ登録団体募集(舟艇器材等配備助成事業) [2020年07月09日(Thu)]
助成金情報

2020年度B&G海洋クラブ登録団体募集
       (舟艇器材等配備助成事業)

募集期間:2020年7月10日〜8月31日

対象分野:社会教育、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、
     環境保全、地域安全、子どもの健全育成、
       NPO支援、観光
実施団体
  公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
       https://www.bgf.or.jp/club/
お問合せ
   公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
        海洋センター・クラブ課
        電話:03-6402-5314
         Mail:center@bgf.or.jp
●求める団体
・マリンスポーツや水辺の活動を通じて、地域の活性化を行いたい団体
・地域の水辺の環境を活用して、子供たちに水辺の楽しさを伝えていきたい団体
・地域の自然環境を次世代の子供たちに継承していきたい団体 など
●B&G海洋クラブとは
マリンスポーツの実践活動や水辺の安全教育を通じて、青少年の心と身体を鍛え、自然に親しむ活動を楽しむとともに、海に対する理解を深め、地域の活性化など社会に貢献できる組織づくりを支援する制度です。
●制度の目的
マリンスポーツや水生生物観察、水辺の環境保全活動などを通じて、青少年の心と身体を鍛え、海に対する理解を深め、社会に貢献していくため、NPO法人や地域で活動する非営利団体へ舟艇器材等の配備を実施し、その実現を図るものです。
●対象団体
・NPOや自治体、公益法人、一般社団法人、一般財団法人など非営利組織
※任意団体や個人による申請も可
●応募方法
  郵送による申請をお願いいたします。(一部データでの提出も可)
 ※ 詳細については、財団HPクラブ登録ページにてご案内しております。

ふじのくに女性活躍応援会議 〜法人・団体の参加を募集しています〜 [2020年07月09日(Thu)]

ふじのくに女性活躍応援会議 

〜法人・団体の参加を募集しています〜

20200709134841107_0001.jpg

★ふじのくに女性活躍応援会議とは…
静岡県内の産業界における女性の活躍を、
より一層加速化させるための官民一体のネットワーク(組織)です。
女性活躍の推進に取り組む企業、団体、個人等が構成員となり、女性活躍に関する情報交換や情報発信を行うとともに、県との共催で事業を行うなど、連携・協働して県内の女性活躍の推進に取り組んでいます。

●女性の活躍を考え始められた皆様へ
女性活躍の推進について応援会議と共に考え歩んでいきませんか

●女性の活躍推進に取り組まれている皆様へ
貴事業所・貴団体の女性活躍に向けた取組を、応援会議の活動を通して県内の取組に広げ、女性がもっと活躍できる静岡県づくりに参画しませんか

★ふじのくに応援会議参加のメリット
1.貴事業所・貴団体における女性活躍の取組内容を、応援会議公式サイトで紹介
2.名刺、HP等で自由に使用できる「ふじのくに女性活躍応援会議」のロゴマークを提供
3.県内のイベント・セミナー情報の提供

★応援会議の活動内容
・参加者同士のネットワークの構築(情報共有・情報交換)
・女性活躍情報を一元的に掲載したホームページによる発信
・ふじのくにさくや姫サミット企画・運営への参画
・県が実施する女性活躍関連施策への提言等


【お問い合わせ】
静岡県くらし・環境部県民生活局男女共同参画課(応援会議事務局)
〒420-8601静岡県静岡市葵区追手町9-6
TEL:054-221-3363

Posted by コミュf at 13:44 | 募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
15周年企画〜足跡〜NO.98 [2020年07月09日(Thu)]
15周年企画〜足跡〜NO.98
11月2日静岡新聞/・富士ニュース掲載


10月30日
当センター主催
「プレリリースおしゃべりカフェ」の講座が開催しました。

登壇者はラジオ局・地元新聞記者と市のシティプロモーション課から5名が参加。実際プレスリリースを見ているからこそわかりやすくコツなどを話していただきました。

参加者にはスマホのを使い匿名で質疑応答ができるウェブサービス「Hands UP!」を取り入れながら行いました。

アドバイス
・正確な情報を伝えるために口頭ではなく書面で
・何をすれか、何をしてほしいかを明確に
・タイトルに事業や活動のポイントとなる部分を盛り込む
・5w1hの基礎をまもること
・取材依頼は見出しを読んだだけで内容が分かるよう工夫する
などなど
教えていただきましたわーい(嬉しい顔)


地元新聞記者とラジオ、市シティプロモーション5名が一同に登壇して頂き、各社がそれぞれ報道提供の書き方の特徴などもお話していただきました。また、当日はお菓子と飲み物を用意しカフェにいる気持ちで参加していただきました。最後には参加者と記者の繋がり時間を設けそのときは参加者同士も繋がりをつくっていましたよわーい(嬉しい顔)



20200709122514822_0001.jpg20200709122520191_0001.jpg
| 次へ