CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
高原環境財団  子供たちの環境学習活動に対する助成事業 [2020年03月28日(Sat)]
header.jpg

公益財団法人 高原環境財団
子供たちの環境学習活動に対する助成事業

1 目的
緑化や自然体験などの環境学習活動の実践を通じて、自然環境の保全と改善について、地域の子供たちの意識向上を図ることを目的として、次の二つの事業を行う。

(イ)都会の子供たちの環境学習活動に対する助成事業
(ロ)全国都市緑化フェア会場周辺の子供たちの環境学習活動に対する助成事業
(ロ)の募集は2019年11月29日で終了しております。

2 事業内容
(1) 助成対象者
(イ)日本国内の保育園、幼稚園、小学校、およびNPO法人等の地域活動団体。

(2) 助成対象事業
申請者が小学生以下の子供を対象に行う、緑化や自然体験などの環境保全に関する体験・学習活動。
事業は2020年7月1日から2021年3月15日までの間に実施・完了するものであること。ただし、事業が概ね2020年度を通じて実施されるものである場合には、2020年4月1日以降に開始することを妨げない。
事業に対し同様の助成を他から受けていないこと、あるいは受ける予定がないこと。

(3) 助成対象活動

(イ)活動参加者が、おおむね日本国内の都市部またはその周辺地域居住者であること。
(4) 助成対象費用
助成対象事業を行うために必要と認められる費用。ただし、費用内訳書を申請書に添付し提出すること。

(5) 助成事業の表示
事業者は、土地を使用する活動の場合には用地内の見やすい場所に「高原環境財団助成事業」であることを示す表示板等を設置し、それ以外の場合には活動に使用する教材や募集チラシ等の見やすい場所に同様の表示を行うこと。
ただし、全国都市緑化フェア会場については、この限りではない。

(6) 助成金の額
(イ)助成対象費用の額、または50万円のいずれか少ない額。(1件当たり)
予算額 500万円
ただし、緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業の採択額が1,000万円を下回る場合、同事業との合計額1,500万円の範囲内で増額することがある。

5 応募締め切り
(イ)都会の子供たちの環境学習活動に対する助成事業
2020年5月8日(金)まで(必着)

詳細は財団HPをご覧ください

6 申請書提出先および問合せ先等 
(イ)都会の子供たちの環境学習活動に対する助成事業
公益財団法人 高原環境財団
〒108-007 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル11階
Tel:03-3449-8684 Fax:03-5420-3418 ※Fax は、業務委託先 (株)ユービーエス宛
E-mail:mail@takahara-env.or.jp
URL:http://www.takahara-env.or.jp/
高原環境財団 緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業 [2020年03月28日(Sat)]
header.jpg

公益財団法人 高原環境財団 
緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業


1 目的
自然環境(緑・水・大気)の破壊が急速に進んでいる現代、環境の悪化防止と再生を目指して緑化を推進することにより、ヒートアイランド対策の一環となることを目的とする。

1. 助成対象者
日本国内に所在する法人、地域活動団体。

2. 助成対象事業
@屋上、A建物の外壁面、B駐車場、C空地、Dプランター等で行う新たな緑化事業。

3. 助成対象地
日本国内の都市部またはその周辺地。

4. 助成対象規模
新たに緑化を行う面積が30u以上、ただし、プランター等については15u以上。

5. 助成対象費用
新たな緑化を行うのに必要な、工事費用。

6. 助成金の額(予算額 1,000万円)
助成対象費用の額、または250万円のいずれか少ない額

募集期間
2020年5月8日(金)まで(必着)

募集要項等、詳細はHPをご覧下さい

申請書提出先および問合せ先等
公益財団法人 高原環境財団
〒108-007 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル11階
Tel:03-3449-8684 Fax:03-5420-3418 ※Fax は、業務委託先 (株)ユービーエス宛
E-mail:mail@takahara-env.or.jp
URL:http://www.takahara-env.or.jp/
申請書類は郵送とし、締切日必着とする。
第一生命 第72回 保健文化賞 [2020年03月28日(Sat)]
hoken_main.jpg

第72回 第一生命 第72回 保健文化賞

戦後の衛生環境が悪化していた中、わが国の保健衛生の向上に取り組む団体・個人に感謝と敬意を捧げる賞として1950年に創設されました。厚生労働省などの後援を得て毎年実施しており、2019年で71回を迎えた、当社において最も長い歴史をもつ社会貢献活動です。生活習慣病対策・高齢者や障がい者への福祉・海外での医療や疾病対策など、その時代におけるさまざまな課題に継続的に取り組んでこられた団体・個人を顕彰しています。2019年度は10団体・個人5名の受賞が決定し、これまでの受賞者総数は、693団体、個人357名、合わせて1,050件にのぼります。


表賞対象
1.保健衛生(関連する福祉等を含む)を実際に著しく向上させた団体あるいは個人

2.保健衛生(関連する福祉等を含む)の向上に著しく寄与する研究または発見をした団体あるいは個人


詳細、応募用紙ダウンロードは→こちら

応募用紙は規定の用紙をご使用ください。
記入後の応募用紙(現物)は郵送、ワードデータはEメールで送信ください。

郵送先:〒100-8411 東京都千代田区有楽町1-13-1
第一生命保険株式会社 DSR推進室 保健文化賞担当(TEL 050-3780-6950)
メールhobun1950@dl.dai-ichi-life.co.jp

主催
第一生命保険株式会社

後援
厚生労働省・朝日新聞厚生文化事業団・NHK厚生文化事業団

募集締切
2020年4月17日(金)当日消印有効
| 次へ