CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年10月 | Main | 2017年12月»
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
障がい者スポーツ指導者交流会のお知らせ [2017年11月21日(Tue)]
障がい者スポーツ指導者交流会のお知らせ

201711201606_0001.jpg


【1部】 障がい者のスポーツに取り組んで

 発表者: 日置 至誠 氏(障がい者・健常者のテニス指導
                 総合型地域スポーツクラブ フジテニックス代表)

【2部】 富士市障がい者スポーツ指導者の紹介

 水泳・陸上・フライングディスク・スポーツ吹き矢などの指導で活動

【体験会】 ボッチャの体験ができます


●日時 2017年12月9日(土)13:30〜15:00

●場所 富士市民活動センター コミュニティf

●お問合せ 特定非営利活動法人 F-SPO(エフスポ)
              携帯電話090-3581-8611(杉山) 




2017年度 経済的困難を抱える子どもたちの学び支援活動助成 (第4回) [2017年11月21日(Tue)]
2017年度 経済的困難を抱える子どもたちの学び支援活動助成 (第4回)

ベネッセこども基金


経済的な困難により学びに課題を抱える子どもたちを、その支援活動に取り組む団体への助成を通して、支援します。
(今回は、次年度4月〜3月の活動期間を対象とした第4回目の募集となります)

詳細はこちらへ
http://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/learningopp_1.html
ユニセフシンポジウム2017 『子どもの命を守るために』 [2017年11月21日(Tue)]
12月15日(金)ユニセフシンポジウム2017 『子どもの命を守るために』

canpan掲載情報

「すべての人々が、支払い可能な費用で必要な保健医療サービスを享受できる世界」の実現を目指す国際社会の取り組み=ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(Universal Health Coverage - UHC)をテーマにした国際会議「UHCフォーラム2017」が、間もなく東京で開催されます。

日本ユニセフ協会とUNICEF東京事務所は、各国の首脳、国際機関や企業、市民団体の代表らが参加するこの会議のため来日するユニセフの専門家と国内の専門家を招き、71年前の創設以来、ユニセフの最優先課題であり続ける「子どもの命を守る」取り組みをテーマにしたシンポジウムを、12月15日(金)午後、東京・港区のユニセフハウスで開催いたします。

シンポジウムでは、ユニセフ本部で保健分野を統括する専門家の他、日本の地域医療を主導し、国際保健医療分野でも活躍されている方々をパネリストにお迎えし、世界の幼い命を守るために必要な取り組みや課題、将来への展望について議論いただきます。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

開催日/開催期間 2017年12月15日(金) 15:00−17:00

開催場所 東京都港区高輪4-6-12

施設名 ユニセフハウス

締切日 2017年12月15日

参加費無料

定員100名 ※事前申し込み優先

ご参加をご希望される方は、下記WEBフォームよりお申込下さい。
https://www.unicef.or.jp/event/20171215/

主催団体
(公財)日本ユニセフ協会
住所
東京都港区高輪4-6-12

電話番号 03-5789-2016

FAX番号 03-5789-2036

メールアドレス event@unicef.or.jp

団体ホームページ https://www.unicef.or.jp/

イベントホームページ https://www.unicef.or.jp/event/20171215/
妊産婦及び母子支援ネットワーク・こども虐待予防週間 [2017年11月21日(Tue)]
妊産婦及び母子支援ネットワーク・こども虐待予防週間

静岡県公式ホームページ掲載情報

1.要旨

全国的にこどもの虐待死が問題となっており、特に望まない妊娠により、実母が生まれたばかりの子を虐待してしまうケースが目立っています。

このような状況を受け、富士圏域では、産前・産後に渡る切れ目のない支援体制を構築するため、医療機関と行政とのネットワークの整備を進めており、平成27年度から管内産婦人科医療機関及び助産所と市保健センターとの間で、気になる母子についての情報提供を開始しました。

産婦人科でのフォローが終了となることの多い生後1か月健診後も、切れ目なく支援を行うためには、母子との接触が多い小児科との連携が必要であること、情報提供の内容で多かった母親の精神疾患に対応するためには、精神科とも連携する必要があることから、平成28年度からは、ネットワーク協力医療機関を小児科、精神科へ拡大しています。

新たに協力機関として加わった小児科医師、精神科医師にも妊娠中からの子育て支援についての理解を深めていただき、本ネットワークの拡大と更なる連携強化を図るため、研修会を開催します。



2.開催日時

平成29年12月1日(金曜日)午後7時から9時まで



3.開催場所

富士市フィランセ(富士市本市場432-1)4階大ホール



4.内容

(1)行政説明

富士圏域妊産婦及び母子支援ネットワークについて

(2)講演「児童虐待、虐待予防〜小児科の現場から〜」

講師:こどもクリニック中山医院院長中山豊明氏

(3)講演「メンタルヘルスの視点からみた『虐待予防』『妊娠中からの子育て支援』」

講師:岡山大学大学院保健学研究科教授中塚幹也氏



5.対象者

管内医療機関の医師及び医療関係者、助産所職員

管内教育関係者、市母子保健・児童福祉・学校教育担当職員等



6.主催

富士保健所福祉課

お問い合わせ
静岡県富士健康福祉センター 
〒416-0906 富士市本市場441-1
電話番号:0545-65-2639
ファックス番号:0545-65-2288
メール:kffuji@mail.wbs.ne.jp
| 次へ