CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年06月 | Main | 2012年08月»
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
我が子に捧げる二人展 [2012年07月31日(Tue)]
ぴかぴか(新しい)我が子に捧げる二人展ぴかぴか(新しい)


20120731165343778_0003.jpg


○展示期間○
平成24年7月30日(月)〜9月7日(金)
10:00〜17:00
※平日のみ
※8月4日は土曜日ですが開場します

○会場○
フレッツひかりパーク富士ショールーム
TEL:0545-54-2196

○展示作品○
パステルアートなど120展を展示

○作者○
内籐恵子氏・和田悦子氏
2012 平和のための富士戦争展 [2012年07月31日(Tue)]
2012 平和のための富士戦争展


20120731170707260_0001.jpg

20120731170718605_0001.jpg

○日時○
平成24年8月10日(金)〜15日(水)
9:00〜17:00

○会場○
ロゼシアター展示場

○費用○
無料

○お問合せ○
富士市職員組合事務局
TEL:0545-55-2893
村山登山道巡礼体験ツアー募集! [2012年07月31日(Tue)]
平成25年度に富士山の世界遺産登録が見込まれていますが、富士市には構成遺産がないためか、地元の盛り上がりは今ひとつ。ですが、地元吉原宿を拠点とした登山道が富士市にもあったのです。
その名は村山登山道。室町時代は、吉原湊から当時の富士山信仰の中心地・興法寺(現:村山浅間神社)への最短経路として表口登山道の主役でした。江戸時代には登山者は減ったものの、秋に村山の法印さんが峰入り修行し、麓の村々を回ることで、地域の民衆と富士山信仰をつなぐ重要な道でした。しかし、明治時代に修験道が衰退し、大宮新道が通ることで登山道としての使命も終えたことで、人々の記憶の中から忘れ去られてしまいました。
昨年よりこの峰入り修行を、村山修験を統括していた京都修験道本山派聖護院門跡のご協力で、復活させることができました。そこで、富士市まちの駅では、地元にも富士山信仰に関連した行事、慣習があったことを多くの市民に紹介したいと考え、峰入り修験者に同行し、古の巡礼者として村山古道を歩く体験ツアーを計画しました。詳細は以下のとおりです。ご自身の目で富士山信仰の実際をみつめ、その足で村山登山道の真髄を体験してみてください。

実施日・・・平成24年8月19日(日) 午前8時 毘沙門天前集合

行 程
8:00 出発式 富士市今井毘沙門天前“門前の宿(立場)”に集合 鈴川海岸にて水垢離見学
9:00 鈴川海岸出発 吉原駅でトイレ休憩
10:30 依田橋地区 左富士神社にて休憩
11:30 今泉・日吉浅間神社にて昼食休憩
12:20 今泉・日吉浅間神社出発
12:30 “鯛屋旅館「吉原本宿」”にて地区民にお加持
13:30 “吉原宿・西木戸”これより村山登山道
17:30 村山着(予定)※帰りは→吉原中央駅→JR富士駅まで送迎バスを出します。

〔事前説明会〕 講師:聖護院門跡 草分俊顕氏
体験ツアー参加者は前日の説明会に参加ください。 
日   時  8月18日(土)16:30〜17:30
場   所  陽徳寺(岳南鉄道吉原本町駅東隣)※車の方は斜め向いの松栄堂薬局まで
内   容  修験道の紹介 富士山信仰とのかかわり 不動真言を覚えてみよう!

募集人数  最大25名まで
参加費用  1,000円 (ウォーキング保険代込、記念の金剛杖付)
募集期間  8月1日(水)より8月15日(水)まで 
申込方法  東海道表富士 西川まで 0545(55)0333
主   催  富士市まちの駅ネットワーク

20120731165343778_0002.jpg
源平合戦&岳南鉄道 コロコロ沿線クイズラリー [2012年07月31日(Tue)]
源平合戦&岳南鉄道 コロコロ沿線クイズラリー

平時の乱で伊豆に流された源頼朝が平家への反撃の旗揚げをして今年で832年。折しも大河ドラマ「平清盛」の影響で源平争乱の時代に注目が集まっていますね。
富士市で行われた「富士川の合戦」は、倶利伽羅峠の戦い、一の谷の合戦、壇の浦の合戦と続く、源平が総力を挙げて戦った決戦地の最初の場所です。翌年、亡くなる平清盛にとっては、人生最後の決戦ともいえる戦いでした、
日本史的にも重要な戦いであった富士川の合戦は、水鳥におどろいて平家は戦わずして逃げだしたという有名なエピソードだけでなく、地元に様々な伝説を残しています。特に岳南鉄道沿線には、見どころが盛りだくさん!
岳鉄コロコロペンを片手に、クイズラリーに出発!
まちの駅ではクイズを解いたり、源平の合戦場所などを駅長さんにたずねてみましょう。

○準備してもらうこと○
@お近くの富士市まちの駅(市内60か所)でコロコロクイズラリーマップを入手
A岳鉄コロコロペンをお手持ちの方はそのペンで、お手持ちでない方は以下のまちの駅で入手してください。
・須津・酒と肴の語らい
・かぐや姫の里ロッキー
・吉原宿・東木戸のくすりやさん
・日本一の駅
・鯛屋旅館「吉原本宿」
・富士市民活動センターコミュニティf
B岳南鉄道に乗ってスタートの駅へGO!

○クイズラリーの楽しみ方○
@富士川の合戦の史跡の場所やそれにまつわるお話を駅長さんに聞いてみよう
A駅や富士川の合戦にちなんだクイズを解こう!
Bゴールしたら、マップの応募用紙に必要事項を書いて、解答箱に投函してください。

20120730205341978_0001.jpg

20120731165343778_0004.jpg

20120731165343778_0005.jpg
| 次へ