CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 県外情報 | Main | 募集»
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs 国内助成 [2021年05月13日(Thu)]
Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs 国内助成

■実施団体
  特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
■公募期間
  2021年7月16日〜2021年7月30日
■対象分野
保健・医療・福祉、災害救援、人権・平和、男女共同参画、子どもの健全育成、職業能力開発・雇用拡充、その他
■内容
本ファンドは、社会において重要な役割を果たすNPOが持続発展的に社会変革に
取り組めるよう、SDGsの大きな目標である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO
の組織診断または組織基盤強化を応援します。

【助成概要】地域または社会全体の貧困解消力を高めたいNPOを対象に、
      組織課題を明らかにするための組織診断や、組織課題の解決や組織運営
      を改善するための組織基盤強化の取り組みを助成します。
【助成期間】組織診断:2022年1月〜8月(8ヶ月間)
      組織基盤強化:2022年1月〜12月(1年間)
【助成金額】組織診断:1団体あたりの上限100万円
      組織基盤強化:1団体あたりの上限200万円(毎年)
【応募締切】2021年7月30日(金)必着

※詳しくは、ホームページを参照してください。
      https://www.panasonic.com/jp/pnsf/npo_summary/2021_recruit.html

【問合せ先】特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
      Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs 国内助成 担当:坂本・霜田
      〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3日本橋MIビル1階
      TEL:03-5623-5055 E-mail:support-f@civilfund.org

2021年度つなぐ助成(公益財団法人つなぐいのち基金助成金 ) [2021年05月11日(Tue)]
2021年 つなぐ助成(公益財団法人つなぐいのち基金助成金 )
■目的
本事業は、社会的ハンディキャップを抱える子どもたちを支援する団体、活動や事業プロジェクトに助成を行うことにより児童の心身の健全な育成に貢献することを目的として、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するため

■公募期間
  2021年5月8日〜2021年6月27日
■実施団体
   公益財団法人つなぐいのち基金

ホームページ

(1) 2021年度対象事業の助成金の概要
児童福祉目的の社会的ハンデを抱える子どもたちを対象とした支援事業、支援活動、支援プロジェクト等に対して
助成金 (助成予算総額は 240万円です。)を支給します。

(2) 募集数
 助成先 4〜10団体 を予定しています
(3) 助成の対象となる時期
 2021年10月から2023年3月に至る期間に実施されるもの
(4) 事業実施場所
主催者や参加者等の国籍等は問わないが、実施場所は日本国内を中心とするものに限る
(5) 応募方法
 @最下段の「助成金 仮申込書 フォーム」への入力
   ( 仮申込エントリーは 6月25日(金)  23:59まで
 A「正式申請書」のEメール送信 の方法のみ

2021年5月8日(土)〜2021年6月27日(日) 17:00まで

仮申請書の後に正式申請書のメール提出で応募の完了となります。

お申込みの詳細につてはホームページでご確認ください。

お問合せ

■助成に関するお問い合わせ、申請書の送り先は下記までお願いします。

公益財団法人 つなぐいのち基金 事務局
<お問合せフォーム> http://tsunagu-inochi.org/contactus/

【申請に関する連絡先】
助成金の使途の制限、PCやブラウザ環境によりWEBエントリーができないなどの場合は、下記のメールアドレス宛にご相談ください。右矢印1 entry@tusnagu-inochi.org



日本山岳遺産基金 [2021年05月11日(Tue)]
日本山岳遺産基金
2021年度候補地の募集

日本山岳遺産基金では、次世代に伝えたい「豊かな自然環境」や「人と自然の関わり」があり、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを「日本山岳遺産」として認定し、その地域で山岳環境保全・安全登山啓発などの活動を行う団体に一定額を助成しています

支援対象となる団体
  • 特定の山もしくは山岳エリアにおいて、山岳環境保全・安全活動啓発など、当基金の目的に沿った活動を3年以上行っている団体
  • 支援対象事業の実施状況および予算・決算などの財政状況について、当基金の求めに応じ適正な報告ができる団体
  • 法人格を有する団体。または、これと同程度に社会的な信頼を得ている任意団体

対象となる活動の期間
2022年4月1日〜2023年3月31日

対象となる活動費の用途
2022年度の活動に使用するもの
  • 資材・物品の購入など。またはこれらの修繕などの経費
  • 専門家への謝金等
  • 旅費・交通費、宿泊費、食費、通信連絡費、現地事務所の光熱費等の経費
  • 資料の翻訳、印刷、出版等に係る経費

申請方法
 応募フォームに必要事項を記入し、当基金事務局までご連絡ください。折り返し申請書類(Wordファイル)をお送りします。

申請期間 2021年8月31日(火)まで

ひらめき募集に関する詳細は団体ホームページをご覧ください

日本山岳遺産基金
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
日本山岳遺産基金事務局(山と溪谷社内)
TEL 03-6744-1900(代表) FAX 03-6744-1928

NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」 [2021年05月05日(Wed)]
公益財団法人 SOMPO福祉財団

NPO基盤強化資金助成
「住民参加型福祉活動資金助成」

公益財団法人SOMPO福祉財団では、福祉および文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動するNPOの支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。

「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成します。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、本年度も様々な取り組みによりコロナ禍での活動、事業の継続・拡大しようとする団体を応援します。応援策として、募集地域を昨年に引き続き「全国」に拡大し、助成金の総額をさらに「増額」いたしました。

募集期間 2021年6月1日(火)〜6月15日(火)17時まで

募集地域 日本全国に所在する団体

助成対象者

5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません。)

ただし、社会福祉法人は除きます。(インターネット申請が可能な団体)

助成対象の活動

地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動

ひらめき募集に関する詳細は、財団ホームページをご覧ください


公益財団法人SOMPO福祉財団

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1

ホームページ https://www.sompo-wf.org/

電話:03-3349-9570 FAX:03-5322-5257


令和3年度 地域創生起業支援金 [2021年05月05日(Wed)]

令和3年度 地域創生起業支援金

募集期間
  令和3年5月1日(土) 〜 令和3年6月10日(木) 

◆実施団体
   公益財団法人 静岡県産業振興財団
     〒420−0853 
     静岡市葵区追手町44−1 静岡県産業経済会館4F 
     公益財団法人 静岡県産業振興財団 
            企画・創業支援チーム宛
     電話1(プッシュホン)  054-254-4511
     FAX 054-251-3024

    ホームページ


補助対象者
 (1)から(5)の要件をすべて満たす者です。
(1)起業する者であること
(2)
静岡県内に居住している者、又は、本事業の補助事業期間完了日までに静岡県内に居住する者であること
(3)法人の登記又は個人事業の開業の届出を静岡県内で行う者であること
(4)法令順守上の問題を抱えていない者であること
(5)申請を行う者又は設立される法人の役員が暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力との関係を有していない者であること

補助対象事業
(1)地域課題の解決を目的とした新たな社会的事業であること
(2)静岡県内で実施する事業であること
(3)本事業の公募開始日以降、本事業の補助事業期間完了日までに新たに起業する事業であること
(4)許認可が必要な事業については、令和4年2月15日(火)までに許認可を受けたことを示す書類を提出できること。
(5)公序良俗に反する事業でないこと
(6)公的な資金の使途として社会通念上、不適切であると判断される事業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第121号)第2条において規定する風俗営業等)でないこと


ぴかぴか(新しい)応募書類・添付書類・詳細についてはホームページより確認
 して下さい 書類についてはダウンロードできますぴかぴか(新しい)

お問合せ先
   公益財団法人静岡県産業振興財団 企画・創業支援チーム
    〒420-0853 静岡市葵区追手町44−1 静岡県産業経済会館4階
     TEL:054-254-4511  FAX:054-251-3024  
      E-mail:sougyou@ric-shizuoka.or.jp

第15回よみうり子育て応援団大賞 [2021年05月04日(Tue)]

第15回よみうり子育て応援団大賞

優れた子育て支援に取り組む団体を表彰し、発足したばかりのグループも応援します。

【対象】
子供や親を対象にした支援活動を行う国内の民間のグループや団体。「子育てサークル」「男性の育児参加」「女性の就労支援」「子どもの福祉」のほか、そのようなテーマの活動でもかまいません。活動年数やメンバー数を問わず、幅広い団体の応募をお待ちしています。
賞には「大賞」「奨励賞」があります。どちらかを選んで応募して下さい。
・大賞:これまでの取り組みを顕彰する賞で、数年以上の活動歴とその間の実績を基に選考します。
・奨励賞:歴史が浅くても、活動がユニークで専門家の助言によりステップアップできるなど、将来性を評価の対象とします。

【主催】読売新聞社

【表彰】
・大賞(賞金200万円)1団体
・奨励賞(同100万円)2団体
※別に応募団体の中から選考委員特別賞(同20万円)を贈ります。

【応募】
応募用紙に必要事項を記入し、別紙(A4用紙3枚まで)に、
@活動の特徴、アピールしたい点
A活動を始めたきっかけや目的、具体的な内容
B大賞希望団体は、受賞したらどのような企画をしたいか、奨励賞希望団体は、選考委員から欲しい助言や現在困っている点

などを書いて、応募用紙と共にお送りください。活動を具体的に紹介するパンフレットや会報、DVDなどがあれば、必ず添えてください(返却はしません)。

【締切】
2021年6月9日(水)必着
※受賞団体は読売新聞で発表します。

【申し込み・問い合わせ】
〒530−8551 大阪市北区野崎町5−9
読売新聞大阪本社「よみうり子育て応援団大賞」事務局

TEL:06−6881−7228(平日午前9時〜午後5時)
FAX:06−6881−7229
mail:taisyo@yomiuri.com

★募集要項・応募用紙のダウンロード、ほか詳細は読売新聞のホームページまで(外部リンク)

panasonicサポートファンドforSDGs国内助成 [2021年05月03日(Mon)]
panasonic NPO/NGOサポートファンドforSDGs国内助成

公募期間
2021年7月16日(金)〜2021年7月30日(金) 必着

「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」は、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、その組織基盤強化に助成します。2018年度より、プログラム名を「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」と改め、SDGsが掲げている貧困のない社会づくりに向けて、「国内助成」プログラムでNPO/NGOの組織基盤強化を応援しています。
国内助成
日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り  組むNPOの組織基盤強化に助成します。

■助成対象団体
  • 民間非営利組織であること
  • 団体設立から3年以上であること
  • 日本国内に事務所があること
  • 有給常勤スタッフが1名以上であること

※法人格の有無や種類は問いません。一般社団法人・一般財団法人の場合は

非営利型のみ。
※財政規模1,000万円以上の団体を想定していますが、要件ではありません。


■助成対象事業
  • 組織診断からはじめるコース
    1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決の方向性を明らかにした上で組織基盤強化計画を立案し、2年目以降に組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース
  • 組織基盤強化コース
    既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に基づいて、1年目から具体的な組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース

■助成金額
  • 「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円(1年目)
  • 「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円(毎年)

※助成総額は、2020年度新規募集・継続募集を合わせて、海外助成1,500万円、国内助成1,500万円。合計3,000万円


■お申込み・お問い合わせ

国内助成 協働事務局
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3
日本橋MIビル1階
TEL:03-5623-5055 FAX: 03-5623-5057
担当:坂本・霜田
E-mail:support-f@civilfund.org

詳細・申請書は下記ホームページからダウンロードしてください。

https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2021_recruit.html




特定活動助成2021【ユニベール財団】 [2021年05月03日(Mon)]
公益財団法人 ユニベール財団
特定活動助成2021

近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。
また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める「傾聴ボランティア」が、ますます求められています。
全国で心のケアのための傾聴ボランティア活動をしている団体に助成致します。

対象
心のケアのための傾聴ボランティアとして活動をしている団体
(自然災害の被災者をはじめコロナ禍で困難な状況にある人等を傾聴)

上記の団体のうち次の二つの条件を満たす団体を対象とします。
 i) 応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。   
 ii) 団体として、既に一年以上の活動実績があること。 

応募締切
2021年7月30日(金)午後5時必着

募集に関する詳細は、財団ホームページをご覧ください

<お問い合わせ・申請書送付先>

公益財団法人ユニベール財団
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階
Tel. 03-3350-9002  Fax. 03-3350-9008


続きを読む・・・
子ども文庫助成プログラム 【伊藤忠記念財団】 [2021年05月02日(Sun)]
公益財団法人 伊藤忠記念財団

子ども文庫助成プログラム

本募集時期
2021年4月1日(木)〜2021年6月20日(日)当日消印有効

本対象
@子どもの本購入費助成
子ども文庫、読み聞かせ団体、子ども文庫連絡会、非営利団体等で、子どもたちへの読書支援活動歴が3年以上ある団体、及び個人。

A病院・施設子ども読書活動費助成
病院内で療養中の子どもたち、障害児施設、養護施設、その他読書にハンディキャップのある子どもたちに対し読書啓発活動を行う、3年以上の活動歴がある読書ボランティア団体や公立を含む施設及び非営利団体等。

B 子どもの本100冊助成
子ども文庫、読み聞かせ団体、子ども文庫連絡会、非営利団体等で、既に読書啓発活動を行っている団体。

C 子ども文庫功労賞
読書啓発活動に長年(20年以上)関わられてきた個人で、子どもの読書活動に貢献されてきた方〈他薦に限ります〉

ひらめき応募に関する詳細は団体HPをご覧ください

こどもオポチュニティーズクラブ基金 [2021年04月30日(Fri)]
助成金情報
こどもオポチュニティーズクラブ基金

【募集時期】2021年4月1日〜2021年6月1日

【内容】
こどもオポチュニティーズクラブからの寄付を生かし、こどもの心と体の健やかな成長を願い、こども社会に格差ない「平等の機会」を支援することを目的に設立しました。
ものに溢れ情報に溢れた豊かな先進国である我が国にある「こどもの貧困」という現実。
そのような子どもたちに食事の提供や学習支援をしている団体に対して本基金では活動の支援を行います。

【応募制限】
・東京都・神奈川県・静岡県内で活動する団体
・今までこどもオポチュニティーズクラブ基金からの助成を受けていない団体
・オンラインまたは現地取材が可能で、活動状況に関する写真の掲載に協力できる団体
・助成金受け取り後、一年以上継続して活動できる団体

【関連URL】https://kosuikyo.com/

| 次へ