CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 県内情報 | Main | 助成金情報»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
多賀城 Susainable Relationship 2020 [2020年12月21日(Mon)]
多賀城 Sustainable Relationship 2020

「誰一人取り残さない」地域を目指して・・・
多賀城発の地域課題、多様化する社会、その先にある可能性は無限大!
障害者、外国人労働者、貧困、孤立、LGBT・・・
共生社会とユニバーサルな地域をつくるべく、地域課題解決に向けて、新たな関係性を築き、イノベーションの創出を目指すスタートアップ会議!

20201221102339555_0001.jpg


2021年1月22日(金) 13:30〜16:30 
            ひらめきオンライン開催(Zoom)

● ゲストトーク
 筧 裕介 氏 「持続可能な地域の作り方」
(NPOissue+design 代表/慶應義塾大学大学院特任教授)

● 6つの地域課題を考える
@ ユニバーサルなまち
A 貧困・孤立・フードロス
B 発達障害
C 外国人労働者
D 化学物質過敏症
E LGBT・ジェンダーレス
市民活動の主催者と、ボランティア希望者をマッチングするサービス『AVS』 [2020年10月13日(Tue)]
市民活動の主催者と、ボランティア希望者をマッチングするサービス『AVS』

20200930 静岡県東部にてラインにて実証実験中
コロナの影響により、例年よりも、開催される市民活動が少ない状況です。それでも、AVS実証実験を通して、皆さんに、人間味溢れるアナログ体験を、少しでも提供していきたいです。
『色々な地域情報を知り、お得感を感じながら、ボランティア活動も出来る』という、新しい価値観を味わってみませんか?
現時点では、一部の機能を搭載した試作品を利用しています。年明けに、改良したAVSシステムをお披露目する為に、来月から開発に着手しますので、御期待下さい。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
>静岡県東部にお住いの方
完成までの間は、現システムを試してみて下さい!
【登録方法】https://lin.ee/xXozdUa をクリックして、
LINE友だち追加して下さい。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
詳細Facebook

20201013113214086_0001.jpg
妖怪道怨博(ようかいどうおんぱく) 怪談 in 清水 [2020年08月11日(Tue)]
yokaidoonpaku2020_01.jpg

妖怪道怨博(ようかいどうおんぱく)
怪談 in 清水

SPACの役者による、本物の怪談。本格的な雰囲気で身の毛もよだつ怪奇な世界へ是非おいでください。

モバQ日時 8/1(土)〜29(土)

モバQ会場 一乗寺、guesthouse Tessen、旧五十嵐邸、旧醤油醸造蔵、旧岩邊邸

モバQ演題/耳なし芳一、牡丹灯籠、死神 他(上演時間約20分、お土産付)

モバQ出演/SPAC(佐藤ゆず、関根淳子、武石守正、館野百代、山本実幸)

※スケジュールおよび予約状況等、詳細は妖怪道怨博ウェブサイトをご確認ください

妖怪道怨博予約サイトhttps://reserva.be/youkaidoonpaku/reserve
小さな組織のための三つ折りパンフレット講座【オンライン受講限定セミナー】 [2020年06月21日(Sun)]

97484019_2987240838030535_5859636354517827584_o.jpg【オンライン限定講座】小さな組織のための「三つ折りパンフレット講座」

【日時】7月15日(水)14:00-16:00

【講師】林田全弘(小さなNPOを応援するグラフィックデザイナー)

【受講料】1,500円

【概要】

・三つ折りパンフレットづくりの3つステップ

  1. 整理 : 課題、目的、作戦、内容
  2. 発想 : 手で考えるラフスケッチ発想法
  3. 表現 : レイアウト、他者の声と写真で伝える

・事例解説 : 目的で考えるNPOの三つ折りパンフレット

  1. 活動説明
  2. サービス・施設誘導
  3. 寄付促進

申込・受講方法等、詳細はNPOサポートセンターHPをご覧ください

シトラスリボン運動 [2020年04月27日(Mon)]

シトラスリボン運動

新型コロナウイルスの感染者・家族・医療従事者の誹謗中傷や偏見に対して偏見や誹謗中傷をやめ、感染から回復した人を地域で受け入れる雰囲気作りの取組みを愛媛県松山大学の研究者らが「シトラスリボン運動」を提唱しました
NHK でニュースにも取り上げられました。
ご紹介します。

リボン運動で偏見解消を

リボン運動で偏見解消を

新型コロナウイルスをめぐる誹謗中傷や偏見をなくそうと、松山大学の研究者らは、感染から回復した人などを地域で受け入れる雰囲気づくりを「シトラスリボン運動」として提唱し、普及に取り組みたいとしています。
愛媛県内でも新型コロナウイルス感染者などに対する誹謗中傷や偏見が指摘されているほか、感染拡大地域を仕事で訪れた運送会社の従業員の子どもが学校側から自宅で待機するよう求められるといった事態も起きています。
こうした中、松山大学の研究者らのグループは感染したあとに治った人や、医療従事者などが、地域で受け入れられやすい雰囲気づくりを模索しようと15日、松山市で会合を開きました。
会合では、「“ただいま”“おかえり”を言い合える地域」というコンセプトを掲げ、その象徴として「シトラスリボン運動」を提唱することになりました。
リボンは、柑橘王国・愛媛にちなんだシトラスカラー・黄緑色で、地域と家庭、職場または学校の3つの場所を輪で結ぶもので、軒先や店先にリボンを付けてもらう活動を普及させたいとしています。
松山大学法学部の甲斐朋香准教授は、「感染した人や医療従事者の方などが地域に帰って来た時に、普段通りの生活に戻れないのは残念なことだ。幅広く、ムードを共有してほしい」と話しています。

※シトラスリボン運動のサイト

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/coronavirus/news/200416-1.html



留守番の子ども守ろう NPOが防犯シート、HPで公開 [2020年04月25日(Sat)]

〜岐阜新聞 4/25掲載情報〜

留守番の子ども守ろう NPOが防犯シート、HPで公開

新型コロナウイルスの感染拡大で学校の休校が続く中、自宅で1人で留守番をしていた子どもが、侵入した泥棒と遭遇する事件が愛知県で起きた。留守番をする子どもたちの安全を守ろうと、女性の起業支援などに取り組む岐阜市のNPO法人「クローバ!」は、家庭での防犯対策をまとめた「子どもの留守番!お約束チェックシート」をホームページで公開し、利用を呼び掛けている。

 チェックシートは、同NPO法人が2013年に岐阜市や県警などの監修で作成した。「(電話に)出ない」「(玄関を)開けない」「(コンロやストーブなど)火を使わない」の三つの約束を挙げて、具体的に子どもが注意するべき項目をイラストを添えて紹介している。

 ダウンロードして印刷でき、災害時や家族とはぐれたときの集合場所や、保護者の携帯電話番号などを書き込める欄も設けた。

 島田貴子代表(47)は「大切な家族を守るために、ぜひ使ってほしい」と話している。


団体HPはこちら


20200425084531-190e5195.jpg

「ゴールドマン・サックス 緊急子ども支援基金」 [2020年04月15日(Wed)]
助成金のお知らせ

助成制度名:ゴールドマン・サックス緊急子ども支援基金


実施団体:パブリックリソース財団
  関連URL
   https://www.info.public.or.jp/gs-kodomo/

◆お問い合わせ先
  公益財団法人 パブリックリソース財団
 「ゴールドマン・サックス 緊急子ども支援基金」 事務局(担当:黒木、岸本)
  E-mail:gs.kodomo@public.or.jp / URL:http://www.public.or.jp

※ 個人情報の取り扱い・問い合わせ先についてはパブリックリソース財団 個人情報保護方針(http://www.public.or.jp/PRF/privacy/)をご覧ください。

◆募集ステータス:募集中

◆募集時期
  2020年4月13日〜2020年4月21日

◆対象分野

保健・医療・福祉、社会教育、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、災害救援、地域安全、子どもの健全育成、情報化社会、経済活動、職業能力開発・雇用拡充、消費者保護、NPO支援、農山漁村・中山間地、その他

◆対象事業:事業プロジェクト、組織運営支援、その他
 内容/対象
 新型コロナウィルス流行による蔓延防止対策によって、経済活動が停滞し、離職や収入の大幅減に見舞われたり、長期間に渡る休校措置によって、経済的に困難な環境にある子どもやその家庭が厳しい状況に追い込まれています。こうした非常事態下において、もともと脆弱な生活困窮家庭では、衣・食・住を伴う生活面、教育面、精神面等において、時には生命にかかわる甚大な影響を及ぼします。
 本プログラムでは、こうした緊急事態に追い込まれている経済的に困難な状況下の子どもやその家庭に支援を届ける活動を行う非営利団体に対して、スピーディーな支援を届けるために緊急助成を行います。

※詳細についてはホームページをご覧ください
あざれあナビに「LGBT」ページが増設 [2020年03月19日(Thu)]
★あざれあナビに「LGBT」ページが増設されました!

只今掲載準備中ですが、順次「LGBT」に関する情報をアップしていきますので、
今しばらくお待ちください。

また、皆様からの「LGBT」に関する情報(活動団体、イベント、講座などなど)も
お待ちしております。

あざれあの下記連絡先まで是非お寄せください。

ページはこちら→ https://www.azarea-navi.jp/link/kenkou/lgbt/

連絡先
特定非営利活動法人静岡県男女共同参画センター交流会議 あざれあ事業課
TEL:054−250−8147(平日9:00〜18:00)
Mail:infoアットマークazarea-navi.jp
※お手数ですが、アットマークを@に変更して送信してください。
コミュニティ・フォーラム2020「変わる世の中変わらないコミュニティの役割」 [2020年01月07日(Tue)]

静岡県コミュニティづくり推進協議会設立40周年記念事業

コミュニティ・フォーラム2020「変わる世の中変わらないコミュニティの役割」

0001 (14).jpg


★パネルディスカッション
「変わる世の中、変わらないコミュニティの役割」

〈パネリスト〉
伊藤光造 氏 NPO法人くらしまち継承機構理事長

平田 厚 氏 静岡福祉文化実践研究所長

望月誠一郎 氏 地域デザイン研究所長

飯倉清太 氏 NPOサプライズ代表


<コーディネーター>
川口良子 氏
合同会社デザインアープ代表

0002 (5).jpg

★40周年記念トークセッション
「森を元気に人を元気に〜ある里山にある動物園のコミュニティづくり〜」

木下直之 氏 静岡県立美術館館長、東京大学名誉教授

山本茂行 氏 富山市ファミリーパーク名誉園長

〇日時:令和2年2月18日(火)10:00〜15:00

〇会場:静岡市 グランシップ ホール風

※参加には入場整理券が必要です。

※昼食を希望される方は700円で斡旋します。

〇申込:郵便番号、住所、氏名、電話番号、弁当有無をお知らせください。

お問い合わせフォームまたは、電話、FAXで申込ください。


静岡県コミュニティづくり推進協議会

電話:054-251-3585  Fax:054-250-8681





ファンドレイジング2019 課題「解決」先進国をめざして [2019年04月29日(Mon)]
ファンドレイジング・日本2019 
課題「解決」先進国をめざして


20190429115138458_0002.jpg
20190429115303326_0001.jpg

開催日時 2019年9月14日(土)セッション9:10−18:30
               親睦会19:00−21:00
          15日(日)セッション9:00−16:10
参加費  個人申込 早割 会員16,000円 一般25,000円
          通常 会員21,000円 一般30,000円
          当日 会員33,000円 一般42,000円
     みんなで 早割 会員14,000円 一般23,000円
          通常 会員19,000円 一般28,000円
申 込  詳細・参加申し込みはWEBサイトから

     FRJ2019

     Mail frg@jfra.jp
| 次へ